【認知症・アルツハイマー】

≪情報や本舗≫≪認知症、2050年に1億人以上・・・WHOが予測≫≪認知症・認知力が被災地で深刻化≫

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

2012年7月14日の認知症のニュースなんですが!認知症とは、物事を記憶する、考える、判断するなど認知機能が低下する病気とある

東日本大震災の被災地で認知症高齢者の症状が悪化したり、新たに症状が出たりするケースが目立っているそうだ

Asaina

65歳以上の347人のアンケート調査の結果!13%の老齢者に、初期の認知症に見られる傾向が・・・また
東北大の調査では、被災した認知症患者の症状が、311の大震災以後、なんと3カ月で3~4年分も、悪化したという検査結果が発表された

・・・・・≪中には今の季節が答えられ無いといった深刻な話も!≫

現在、日本では生活様式の変化や高齢化によって、認知症が増える傾向にあるといわれるなか、4月11日のWHOの認知症の患者が2050年には一億人以上に!・・・・・と予測していた


News1

 ■【認知症、2050年に世界で1億人以上 WHO予測 】■

Awhous

世界保健機関(WHO)は11日、認知症の患者が2050年までに今の3倍の1億1540万人に達するとする報告書を発表した。先進国だけでなく途上国でも高齢化が進み、患者が増えるという。

世界の認知症患者は10年時点で3560万人。30年に6570万人と1.8倍になり、50年には3.2倍になるという。患者のうち新興国や途上国に住む人の割合は10年の58%が50年には70%にまで拡大するといい、ケアがいっそう難しくなりそうだ。


Book

報告書は、医療や介護、働けなくなることに伴う所得の損失を含めて認知症がらみのコストは10年時点で年6040億ドル(48兆3千億円)にのぼると分析。認知症対策で国レベルの戦略や計画があるのは日本やフランス、韓国など8カ国に限られるとも指摘した。日本が00年に始めた介護保険を「長期的に認知症をケアする保険の仕組み」として紹介したものの、財政の問題については触れていない。


Photo


WHOのマーガレット・チャン事務局長は報告書で「世界は老い始めた。認知症は世界の保険制度にも大きな負担となる。患者を抱える家族を貧困ライン以下に押しやりかねない。社会全体で対応策を考える必要がある」と訴えた。     (ジュネーブ)

Ae631c3f
≪アルツハイマー病にかかった画家が、自分を失っていく様相の5年間を6枚に描いた自画像≫


News2

【2012年1月7日 AFP】これまで60歳あたりからと考えられてきた認知能力の低下は、45歳から始まる可能性があると 英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に論文発表されていた 【そのニュース】

F3cdd0c9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ボケ防止!≫≪野菜をたくさん食べる・・≫  

1964928_786527048037663_1899917080_                                    
Side_ttl_3【最新ニュース】一日わずかテーブルスプーン一杯の糖鎖の栄養素で認知力【視覚認識】&記憶【作用記憶】を高めるという発表が、既に今年4月にあったのです・・・・・

まさに「驚き!の凄い!⇒クリック【ニュース                


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


21340

アメリカ神経学会誌の24日付号に米シカゴのラッシュ大の研究グループが調査発表したところに依れば、

野菜を多く食べている高齢者ほど「認知力」が衰えにくいことが、とくにホウレンソウやキャベツ類などの葉野菜を多く食べている場合に顕著だったという!

朝日新聞の記事がNOT FOUND【http://www.asahi.com/health】⇒【こちらから】年をとると記憶力が衰えたり、思い出すのに時間がかかったりするようになる、こうした「認知力」の衰えぶりが野菜や果物を食べることとの関連があるのではと?

グループ65歳以上の約3700人を対象に、1日に食べる野菜、果物の種類や回数を答えてもらったうえで認知力を調べる試験を実施しました【3年後と6年後にも同様の試験をして比較 】


その結果、野菜を多く食べる人たち(1日2.8回程度)は、最も少ない人たち(同0.9回)より、認知力低下の度合いが40%も低く、年齢にして、6歳分、若返ったことになるという。 asahi.com 健康 健康・生活 2006/10/28
Seiyoukarasina04


野菜と言えば、糖鎖の補完栄養素の開発会社がミネラルを全て天然の植物からだけ抽出してのマルチビタミンを開発したのです!

水耕栽培という技法(特許を持つ会社から10年契約にて進行中)でインドネシアの植物「西洋からし菜(ブラシカ・ジンセア)」の「芽」が磁石のように水中からミネラル特に重要なミネラル―セレン・クロム・亜鉛・鉄・マンガン・を採りれられる!

驚きの天然ビタミン&ミネラル複合体というテキサスの糖質補完栄養素の研究開発会社で生化学研究に従事している科学者たちの長年の夢の実現なのですね

New_2
このハイチュウ形態の食べるビタミン!アメリカのCBSテレビで全米ニュースとして報じられ大好評をえられ、一時品切れ状況となったそうです!またコメンテーターが薬剤師さんと言うことも、あったのでしょうね

10534

食材も植物ならミネラルも植物!一昨年出版された「植物ってえらい!植物ってすごい!」という本に植物の働きの詳細が書かれています。糖質補完栄養の中に「ファイトケミカル」豊富な完熟した野菜果物から第7の栄養素といわれているファイトケミカルを主体とした食べる野菜を加えて、今年9月頃にハイチュウ形態で食べるビタミン剤

B21f75783a2c35da30b9fc33d3045f10

| | Comments (0) | TrackBack (1)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【ASEA・・・アスリート】