【科学の検査データ】

≪情報や本舗≫≪NeriumAD=ネリウムAD≫≪科学の証明≫

Neriumadforskin
LogoLogo_2Logo_3Logo_4
≪よくある質問≫≪体感レポート≫≪試してみます≫≪使い方≫ 


02

≪Nerium SkinCare=ネリウム・スキンケア≫

ネリウムスキンケア株式会社はネリウムバイオテクノロジー社の子会社で、策定し、テストを開発し、消費者のために製造し、 "その種の最初の"局所使用のための自然なスキンケア製品。

404_2

キョウチクトウのスキンケアの製品は技術、コア·サイエンス、キョウチクトウバイオ社の継続的な研究の上に成り立ってキョウチクトウのスキンケアを発表することに興奮している製品の流通が間に新たな独占的ライセンス提携契約を通じて提供されたというキョウチクトウスキンケア株式会社とキョウチクトウインターナショナルLLCと最初の製品!「NeriumAD」を発表しました


≪研究開発≫

キョウチクトウバイオ株式会社(キョウチクトウ)は、実績のある科学に基づいたソリューションを提供することに専念する国際研究開発会社です。

キョウチクトウの研究と製品開発は、抗癌、抗ウイルス、免疫刺激、大手医療研究機関と連携して有効利用するための天然植物化合物の皮膚特性に焦点を当てている。

この研究から、キョウチクトウは、再発見された識別され、より明確に定義されたキョウチクトウエキスを開発しましたキョウチクトウのオレアンダー植物。


独自の抽出技術を活用し、キョウチクトウは、この植物の固有のコンポーネントとの有益な特性を維持するような方法で有効成分を抽出することができました。したがって、キョウチクトウが増加し続けるパイプライン開発できるように、 "その種の最初の" キョウチクトウキョウチクトウベースの製品を。- 続きを読む


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪フォーブス≫【2020年の未来を予測】≪データ・予測・真実・科学的想像力≫【予想的中!】≪世界の人口≫

Banerch04
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


経済誌フォーブスのインターネット版Forbes.comが10年後の2020年の未来を予測する

100ages

経済誌フォーブスのインターネット「Forbes.com」が2010年9月9日≪News From The Future≫というタイトルで予測可能なニュースを、2011年から2020年まで 年度別に特集記事を掲載していた

その予測可能なニュースについては、「厳格な基準で、近い未来を予測する実験であって、そこには実際の データーや予測、真実を使い、その間を埋めるために“科学的想像力”を取り入れた」と説明!

Book

【政治】・【科学技術】・【医療】・【経済】・【社会と環境】とカテゴリー別に大胆予測をしています


45020101031214415114426

何と驚くことに【政治】に”2011年―29歳の金正銀(キム・ジョンウン)が北朝鮮の政権を握り・・・・”とあることが現実となったのです!それと私にも予測の出来た⇒2011年―70億人目の赤ちゃんが誕生

  ≪予想的中≫

今後注目していきたい「未来予想」ですねシンガポール華字紙・聯合早報が伝えたこの情報を”Record China”というサイトに紹介されていました
Agesfobusu


【政治】

2011年―29歳の金正銀(キム・ジョンウン)が北朝鮮の政権を握り、米国など西洋諸国と大規模な貿易を展開
2016年―クリントン夫妻の1人娘、チェルシーが初の妊婦の上院議員に

【科学技術】

2011年―陸空両用の空飛ぶ自動車が登場、20万ドル(約1600万円)で販売
2014年―米軍が軍用パワードスーツを着用した数万の兵をアフガンに送る
2018年―世界最速の高速列車が北京~パリを時速480kmで結ぶ
2020年―初の自家用宇宙船が月を目指す

【医療】

2012年―薬への耐性と伝染性が極めて強い「スーパー結核」が発生
2013年―米国で遺伝子コードの解読が一般人も手軽に受けられるように
2016年―女性の幹細胞から精子が作れるように、女性同性愛者に朗報

【経済】

2014年―インドの実業家、アンバーニーがフォーブス誌の長者番付で世界一に
2017年―ハーバード大学が優秀な中国人学生を学費免除にして必死に抱え込み

【社会と環境】

2011年―70億人目の赤ちゃんが誕生
2015年―アジアの一部で水資源の争奪をめぐる戦争が勃発
2020年―中国の男女比の不均衡が深刻化し、結婚できない男性が3000万人に達する(翻訳・編集/NN)

923042_80261442


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪マクロファージ≫≪免疫応答で要!不要!≫≪京都大学医学研究科≫

02


免疫細胞が会話をしている【免疫応答】の貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               

Photo_66【画面をクリックで拡大】


この画像の解説】・・・・日経サイエンスの本には(写真の左に見えていない)もう一個の【細胞】があって右の細胞【B細胞】が左端にわずかに見えてりる【細胞】を攻撃して破壊しようとしている中央の殺し屋細胞【ナチュラル・キラー細胞】に、【その細胞】は⇒健康で正常細胞だから破壊すべきではないことを知らせているという画像です!   

【細胞間コミュニケーションの伝達が誤った為の!危機一髪のところでしたね、どちらかの細胞のアンテナ=糖鎖が活性化していないと、このようなことが起きてしまいます・・・・情報や本舗】

Mv_01_2

■■■マクロファージ【免疫細胞リンパ球】が異物(ココでは食胞)を食べている映像ですが、バクテリアや細菌もちろんがん細胞も食べます 【動画のスタート】                                                                                                                                                    


Cover_nature12

前記事の「免疫応答の・・・・と免疫細胞の動画!」の最後の「動画で■B細胞が病原体を発見すると食べて、ヘルパーT細胞に報告→「抗体」を作りだし、病原体を直接攻撃して、その残骸をマクロファージが食べつくす【マクロファージが大食細胞といわれる所以です】と!このメカニズムを京都大学の医学研究科のチームが解明・・・

体内の”大食細胞”“掃除屋”細胞と言われる「マクロファージ」が不要になった細胞を取り除くさい、アレルギーなど免疫にかかわるたんぱく質がセンサーのように要!不要!を見分けていることを、京都大医学研究科の長田教授らが突き止めた


4

【体内の重要なタンパク質すべてに「糖鎖」が付いているのですから、細胞のアンテナ「糖鎖」の働きでは?】

Naturegorira

ぜんそくやアレルギー、アトピーなど自己免疫疾患の解明や治療法の開発に役立つ成果という。25日付の英科学誌ネイチャーに発表しました

                                                                                                                  Photo

【このことも2001年の読売新聞の記事≪ガン・アトピー・じん不全・・・・発病に関与≫それ以来多くのマスメディアで掲載されています!】


Photo

古くなり不要になった細胞が死ぬと、有害な物質が放たれて周囲に炎症が起きないように、マクロファージが細胞を丸ごと取り込んで分解する。死んだ細胞の表面にリン脂質の物質が現れるが、マクロファージがどのように目印を見分けるかは未解明の部分が多かった【菌を食べるマクロファージ!】 ⇒【動画】

【この目印=糖タンパク質の先にも糖脂質の先にも糖鎖がついていてこの目印で病原体(細菌・バクテリア・ウィルスなど)血液中を追い掛け回す「マクロファージ」の画像⇒≪コレだつ↓≫

まるで鬼ごっこ?=動画

Photo_2

マクロファージの表面にあり、この目印と結合するたんぱく質を探したところ、免疫にかかわる「Tim1」と「Tim4」が当てはまると判明。これらを抗体で働けなくすると、マクロファージは細胞を取り込めなくなり、Timたんぱく質が死細胞を取り除くために必要だと分かった。

研究グループの大阪大医学系研究科、内山安男教授は「マクロファージがうまく掃除できないことと、自己免疫疾患など免疫の病気が関係すると分かった。治療法を考えるうえで重要な発見だ」と話している。

Agesburogu2011年、理化学研究所(野依良治理事長)は、がんの死細胞を貪食し、がん免疫を活性化する新しいマクロファージを発見し、このマクロファージを効率的に活性化することによって、がん免疫を誘導する新しい免疫治療への応用に期待がもたれている【記事をもっと読む!】


■【 】での書き込みは、すべて情報や本舗でニュースソースとは違います

[毎日新聞 / 2007年10月25日] http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000008-mai-soci

004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪免疫応答のメカニズム≫≪理化学研究所の発表≫≪免疫細胞の動画≫

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

免疫細胞が応答反応の会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)

Saibou_denntatu_1⇒【この画像の解説】クリック!・・・日経サイエンスの本には(写真の左に見えていない)もう一個の【細胞】があって、その細胞と応答しているのです!≪これらの細胞は免疫細胞です≫


日本のノーベル賞受賞者で話題騒然の中、先んじてノーベル化学賞を受賞している野依良治プロフェッサーが理事長を務める「理化学研究所」が10月10日【以前は体育の日でしたよね】免疫細胞が体内に侵入した異物を察知して、生体を守る働き

Photo


を免疫応答【免疫細胞が会話をして自己と非自己を認識】して、その免疫細胞(T細胞)が活性化を始める時、維持を制御していく際にある受容体【糖鎖では?】が免疫応答の強弱を決定する分子メカニズムを解明したと発表!≪T細胞補助刺激受容体CD28のミクロクラスターを発見 -≫

Aseadamagedcells1


免疫応答とはウイルスや花粉などの異物(抗原)が体内に侵入したのを察知して、生体を守る働きをします。T細胞は、異物を感知して興奮し、自らが増殖したり、外敵を攻撃したり、ほかの細胞に情報を伝える分子(サイトカインやケモカイン)を放出したりします。


抗原は、まず抗原提示細胞により取り込まれて処理された後、T細胞に情報として与えられます≪理化学研究所プレスニュースより


【こちらは東京大学の免疫応答の研究内容】

Aaaaa●内容 免疫応答の調節には、抗原提示細胞が大きな役割を果たしている。接触過敏症の発症や、リンパ節転移の抑制に、糖鎖認識分子を表面に発現している細胞が調節的な役割を担っていることが明らかになっている≪糖鎖認識を行う抗原提示細胞の研究・・・・続きを詳しく読む!=東京大学産学連携プロポーザル≫

     【免疫応答の【You Tube】をご覧下さい!】

免疫細胞の体内での働きがよく分かりますよ!

Carvxh02

■正常な細胞がアレルギー抗原(異物)によって攻撃を受けている=【動画】

■侵入してきた病原体(ウイルスや細菌)をすぐに食べ分解して→病原体の情報を糖鎖で会話をしてヘルパーT細胞に報告(抗原提示)します、病原体の情報を受けとったヘルパーT細胞は「サイトカイン」という物質を放出し、キラーT細胞に刺激を与え、その病原体と闘うよう指令を出します。

ヘルパーT細胞が出した「サイトカイン」の刺激を受けて目覚めたキラーT細胞はそこでウイルス感染細胞を殺す【キラーT細胞はウイルス自体を殺せない】という流れの動画配信です!


Photo_2

■B細胞が病原体を発見すると捕まえて食べて分解→病原体の情報をヘルパーT細胞に報告(抗原提示)→ヘルパーT細胞の指令があると「抗体」を作りだし、病原体を直接攻撃します!

その残骸をマクロファージが食べつくすのです【マクロファージが大食細胞といわれる所以です】=【動画】

Aaigtrmages_3


                                                                                                                                                   

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪NSF≫≪ヤムイモ≫≪糖質栄養素≫≪ORAC 検査≫≪ORACo 検査≫

Images_19


Photo

6月に「糖質栄養」がANSI(米国規格協会)、SCC(カナダ規格評議会)から、試験、規格開発、認証プログラムについて認定を受けている「NSFインターナショナル」【民間で非営利の第三者認証 ・試験・規格開発の1944年設立の独立機関機関】認定されていました

10月に【ヤムイモ主成分の製品】と【糖質栄養の抗酸化剤AO】が認定されました!

Photo_2

今回追加で認定された【ヤムイモ主成分の製品】にも【糖質栄養の抗酸化剤AO】」にも6月に認定された「糖質栄養の粉」が含まれています【ヤムイモ主成分の製品】は1994年にテキサスにある糖質栄養を研究開発した会社が最初に発売した製品

オリンピック100メートル金メダリストの”ボルト選手”が食べているヤムイモの主成分=ディオスゲニンを多く含むメキシカンヤムイモを成分としています!ディオスゲニンを化学的に分析すると、人体で作り出されるDHEAとほとんど同じ形状ですから、体内で自然に有効に働きます


Photo_12

DHEAとは:DHEA(dehydroepiandrosterome)は主にステロイドホルモンを作るプレホルモンです。これが各個人の体内で不足しているホルモンを作り補うので、マザーホルモンと呼ばれています。≫


Ao

【糖質栄養入りの抗酸化剤AO】は市場に出回っている”抗酸化”と謳っている全ての製品が同様の働きを持っているわけではないと、糖質栄養の開発会社の科学者たちが世界中から天然のありとあらゆる抗酸化の食材を集めに集めて、

その中から4種類の抗酸化剤を見出してテキサス大学の学生らと同社の研究室で組み合わせた最強の抗酸化ブレンドを発明し、特許を出願!

「Mtech AOブレンド」と銘々”ぶどう皮””緑茶””ケルセチン””ワイルドプラム”の4種類にビタミンEを加えそれら相互の作用によって他に類を見ない高水準の抗酸化力を提供供するために2004年に開発発売されました!


Orac_pc

≪最強の抗酸化剤と自負するには訳がありました!食品とその他化学物質の抗酸化力を測定する化学分析法の”ORAC”そして水溶性&脂溶性両方の抗酸化力を測定できるという世界最強の抗酸化剤の開発会社の独自開発の”ORACo"で100種類近くの抗酸化製品の比較試験において格段の違いの測定値を獲得したからなのですね!≫

【”ORAC ”検査】【“ ORACo ”検査】

ORACは、水溶性の抗酸化力のみを対象とする測定法で、アメリカ農務省と国立老化研究所で開発された測定法です。“ ORACo ”は、さらに水溶性と脂溶性両方の抗酸化力を検査するという、画期的な検査方法です!

この検査が果物、野菜、ハーブの果実、ジュース、粉末ブレンドの抗酸化力を測定するための新しい基準となるもの


話を「NSFインターナショナル」の認定製品に戻してこちらに認定された証明をコチラのサイトから見ることが出来ます

証明・証拠のサイト ←クリック!

If you would like to create a new search, please click here. These listings
were last updated on Wednesday, October 01, 2008 at 4:15 AM Eastern Time.
____________________________

Photo

サプリメントに関するNSF認定の項目

■ラベルに表記されている通りの成分と量を含有しているかどうか

■ラベルに表記されていない成分が存在するかどうか

■許容レベル以上のコンタミネーション(混入物)があるかどうか

936cd6ddcbc7ec3565ef82ba88ec6342

「ラベルに書いてある通りの内容物が混じりけなく入っている」ことが
認められたという証明でもあります

Photo

スクリプス研究所のナチュラルサプリメントのカンファレンスで第一位
と免疫促進と言うことで第二位を受賞したことが背景にあるのかも?


このニュースソースは「Market Watch」「RTT NEWS」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪スクリプス研究所≫≪凄い!ニュース≫

Baner_2
     知って!ガッテン糖鎖情報や本舗

世界で初めて人間の皮膚から新型万能細胞(iPS細胞)を作り出した山中伸弥(京都大教授)の話題もマスメディアから少々遠のいた?感のある

Ips

その5月にアメリカの民間であって国家の予算を研究に組み込んでいる「凄い!研究所」=「スクリプス研究所」のシェン・ディン准教授らの研究でわかった「凄いニュース!」とは・・・

472pxbeckmannight_2

■さまざまな細胞に変化できるiPS細胞を、四つの遺伝子のうち、がん遺伝子を含む二つを使わず、代わりに「スクリプス研究所」が持つ数万種類の化学物質の中から、体細胞にiPS細胞のような万能性を持たせることができる物質を探し、

その結果、2個の遺伝子と化学物質の組み合わせで、マウスのiPS細胞を作ることができた上に、作製に成功する割合も、4個の遺伝子を使う場合よりも高かったという・・・・【もっと詳しいブログサイト!】←クリック

Photo

【凄いのは!あらゆる臓器の細胞にすることができ、再生医療への応用が期待されるiPS細胞なのですが、ウイルスの使用が安全性の課題となっていて!

組み込みにウイルスが必要な遺伝子を、研究所が持つ数万種類の化学物質の中から特化した化合物で代替し、予想外の副作用やがん化のリスクを避けることをめざしている。ということではないでしょうか?】山中教授は、がん遺伝子をのぞく三つの遺伝子で作製する方法も開発したが、ウイルスは使っている。


Ips_cell_without_sox2_3クリック!【この研究の差は左の図を拡大して


スクリプス研究所のディン准教授は、06年の京大の発表直後からマウスと人の細胞で研究を始めたのですが、なんとこの発表が京大のお膝元、京都市で開かれた国際シンポジウムで明らかにしたことも驚きでよね?発表後、読売新聞の取材に対し、これ以外の組み合わせでもマウスや人のiPS細胞作製に成功していることを明らかにして、

004


これまで必要と考えられてきた「Oct3/4」と「Sox2」も必須ではなく、「近い将来、遺伝子を使わず化学物質だけでより安全な方法を確立することで、iPS細胞を作ることができることを目指す」また「化学物質の名前は、戦略上明らかにできない」語り、成果を発表したのは、今回が初めてだそうです!                   

―■以上一部読売新聞オンラインニュースより■―

Photo_2


補足スクリプス研究所の研究者の基礎理念は例えば、ある疾患の治療法開発のために,分子生物学者,薬理学者,コンピュータ化学者,構造生物学者からなるグループをつくり多様な分野の研究者が協力することで,多角的に病態プロセスを分子レベルで解明することを目指すことが思想背景にあり、このことが成功を収めている理由なのでしょう】

Ecsegar09

こんなに凄い研究所=≪スクリプス研究所≫だと言うのに検索サイトで日本語で入力検索しみると3,500程度のヒットですよ?英文で入れると480,000からのヒットが見られます?この差をどう見られますか?⇒人口でも国土面積の差でも、比類できない差ですよね?


2010年検索では日本語入力6.500件英文入力631.000件

Photo_4

円周率を「3」で教えている国ですから!ノーベル賞受賞者12名!アメリカのマサチューセッツ工科大学一校だけで63名の受賞者そして民間の研究所スクリプス研究所」で数人の受賞者を輩出!考えさせられませんか?
グーグル検索【スクリプス研究所】←クリック!

グーグル検索【The Scripps Research Institute 】←クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪インスリンの調整≫≪線虫(センチュウ)≫≪抗加齢!)≪抗酸化!≫

Barner
C13


20070719hja7j001_19

血糖値の調整に重要な役割を果たすインスリンが、アンチエイジング(抗加齢)治療の土台となる可能性のあることが!線虫(センチュウ)でのインスリンレベルを調整することによる研究で通常2週間の線虫(センチュウ)の寿命が約1週間延長することが判明。


ヒトに換算すれば相当大きなものと、研究者の米ハーバード大学医学部ジョスリン糖尿病センター(ボストン)のケイス・バックウェル博士は述べている。    ―医学誌「CELL=セル」に掲載―

2010

インスリン】よく知られているのは、健康なヒトの血糖値を調節する・糖尿病患者のさまざまな障害に関連するホルモンである

バックウェル博士によると、インスリンはこれ以外にも、細胞によるエネルギー産生を調節するはたらき・細胞に指示を送りブドウ糖の処理を促す作用・腫瘍の成長を抑える作用など働きがあると


130pxsts107_launch

今回の研究に使われた線虫(センチュウ)は最先端の遺伝子研究に長年利用されているもので、2003年のスペースシャトル事故から生還したことでも知られるている!


というヘルスデイニュースからですが、ここでバックウェル博士が「ヒトの体は、生きているだけで自らの細胞に傷害を引き起こすフリーラジカル(活性酸素)を作り出している。

Photo_2

身体には傷害から身を守るための独自の抗酸化システムが備わっており、われわれは、このシステムの活性を高めることにより動物の寿命を延ばすことができた」と言及しています!

「CELL(セル)=細胞!その細胞内で活性酸素がDNAを攻撃して障害を引き起こしてしまう、年とともに体内で細胞分裂の機能が低下しこのことが老化の原因ともなっているのです!

インスリンレベルの調整も然りですが、バックウェル博士が言う「・・・・身体には傷害から身を守るための独自の抗酸化システムが備わっており・・・」これは、体内にも細胞内にも在る抗酸化物質「グルタチオン」のことではないでしょうか?

Images_6


抗酸化物質「グルタチオン」は体内・細胞内でつくるのですが!近年の地球環境汚による風土公害?≪肥沃土の減少・ダイオキシンなどによる風害?≫で正しい食の文化は崩壊され、食生活は勿論日常生活も危機となっては

ストレスの増大=活性酸素も増大!グルタチオンは無論ビタミン・ミネラル≪人はストレスを受けると血中にビタミン・ミネラル等々を身を守るために大量に放出する=これも独自の抗酸化システム)同様つくられることが出来にくくなっているに違いありません?


Images_8

抗酸化剤と!して一番優れているのは、体内で生産されるグルタチオンとよばれる物質であるといわれていてグルタチオンが少なくなると糖尿病のような変性疾患や早期老化にかかりやすくなると!


Rola Barhoumi博士とその研究チームの最近のレポートによると、糖鎖の栄養素=糖質栄養素はグルタチオン濃度を50%高め、有毒な化学物質を解毒する肝臓細胞内のグルタチオンの減少を抑える。


Photo_4

動画②の最後に出てくるサプリメントのボトルは?果たしてなんでしょうね!どうやら世界最強の「抗酸化剤」と云うことは最後のほうに云っていますね!ORACOテストとかGMP'Sとか、すごい結果を出しているのですね!
”AO"がヒントですか?

【”ORAC ”検査】【“ ORACo ”検査】

ORACは、水溶性の抗酸化力のみを対象とする測定法で、アメリカ農務省と国立老化研究所で開発された測定法です・・・【“ ORACo ”は、さらに水溶性と脂溶性両方の抗酸化力を検査するという、画期的な検査方法です!】

この検査が果物、野菜、ハーブの果実、ジュース、粉末ブレンドの抗酸化力を測定するための新しい基準となるものとこの測定を装置を開発した

Continue reading "≪情報や本舗≫≪インスリンの調整≫≪線虫(センチュウ)≫≪抗加齢!)≪抗酸化!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪国立衛生研究所(NIH)とは?≫

Nih
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

NIH【国立衛生研究所】の年間予算140億ドル(1兆7千億円)はかなり古いデータでしたので改正しますスクリプス研究所とNIH【国立衛生研究所】で書き込みをしたのですが≪日本の厚生労働省に相当する・・・・かなりのスケール違いは兎も角?≫


Dsc00001


2008 年度では、294 億5,700 万ドルである。1ドル=109 円で換算すると約3 兆2,100 億円となる。我が国の科学技術予算は2008 年度の要求ベースで約3 兆5,7000 億円(そのうちライフサイエンス関係は約3,300 億円)であり

Money100_bills

NIH一機関のみの予算額が我が国全体の科学技術予算の約9 割に匹敵することになるのですから、とんでもない数字なのです ≪2012年3月更新しましたが⇒1ドル現在 77円!≫

■2010年度の予算額が【NEDO海外レポート】にありました

Download_pdf国立衛生研究所 NIH2010会計年度予算(米国)

Booknih

ところでこの化け物のような【失礼!】アメリカのNIH(国立衛生研究所とは?今から百年ほど前、アメリカにはナショナルと名のつく国営の医学研究所というものが一つもなく【ヨーロッパには国が支援して医学生命研究所等が沢山あった!世界的に大問題の感染症など成果をもたらしていた】

      【2012年にロゴをリニューアル!それがコレだッ・・・】
200pxnih_master_logo_vertical_2colo


1930年代にある実業家がアメリカ政府に5万4千坪という広大な土地を寄付したのです(スケールが違うのですね?)政府は研究所がないことに気付き8棟の研究所を建てて、研究者に好きな研究に没頭してよいと!

Nih

それが今日、36万坪のキャンパスに60棟のビルが並ぶ国立医学衛生研究所なのです!従業員1万9千人で医師、研究職員が5.000人、所外異国からの留学生3,000人で日本から留学生研究者だけでもは400人はいるそうです

Bibbia06

右上の「アメリカNIHの生命科学戦略」著者は掛札堅氏で、1967年にNIHの主任研究員となられ、長年にわたって米国の医学・バイオ研究の中心に位置する国立衛生研究所(NIH)で研究を続けられていました。その歴史、特殊な機能、学術成果など、世界最大の医学生物学研究機関になった経緯を解説しています

Nih2■広大なNIHの敷地内

NIHは、非常にユニークな機関で、それは研究の質の高さについてだけではない同研究所は、米国内外の研究者に対して国の研究費を配分する役割を担っているのですね【NIHの年間予算は270億ドル(約3兆円)】そのうちNIHの所内で使われるのは10%から15%!75%は多くの研究所のために支出されている

Photo_19

NIHの職員のほとんどが博士号を持っているという。事務方といえども研究者の視点を強く持った人たちが国の研究費を配分して世界中の医学・生命科学の研究をサポートしている!米国立衛生研究所が次々に送り出すノーベル賞級の発明・発見があるからこそ、アメリカNIHは、この半世紀になんと”112人のノーベル賞学者”を輩出しているのです       ≪是非、本の購読をお勧めします≫


Photo_15■【米国国立衛生研究所=(NIH)】の役割がとっても分かりやすい≪ウェッブサイト


所内活動はNIH以外の大学などでおこなわれている研究活動とほとんど変わりがなく、違いは、NIH研究者はNIHグラントの申請ができないということ?すなわち、各研究部・各課・各個人に与えられた予算で研究活動が支えられているので所内活動で得られた、新発見、新開発されたものはすべてNIHの財産となります。

Moneybss

特許も発見者の名前も形式的なものにとどまり、業績から得られた収益は研究費、旅費などの追加予算に使われて、発見者の手に多額の現金が手渡されることは全くないそうです!

Usa

日本では文科省が大学・研究所を厚労省が国立病院などの機関を通じて医学、生命科学の研究・教育・医療を独自に行っている【いわゆる縦割り制度ーこの仕組みを変えることは難しいでしょう?】


これに対してアメリカでは厚生労働省に相当する「HHS」に3つの国立総合機関があり、新薬・食品・新治療法の検定、認可などを行う「FDA」!

9784166600700

流行病などが起ると対策にあたる重要な機関である「CDC」!そして第三の最も大きな機関が「NIH」名のです、医学・生命医学の基礎的研究と、米国内外で行われている研究・教育に連邦政府からの研究資金支援をを行っているのが「国立衛生研究所の実態です

     
【一部・・ガン遺伝子を追いつめるから抜粋】


Aaaaa右の書籍=「ガン遺伝子を追いつめる」(著者掛札 堅の免疫細胞の働きが、いかにがん細胞を攻撃してヒトの身体を守りきっているのかが!とても理解しやすくかかれてあります⇒是非、本の購読をお勧めします=文藝春秋より出版=

Ages

スクリプス研究所である栄養素の研究発表が基礎科学部門で最優秀賞!そしてアロエベラの研究では免疫促進性ということは免疫を高めるという研究では準最優秀賞といずれはこのNIHでの研究発表も待たれることですね!忠臣蔵ではないですが、「明日、待たれるその宝船!」(宝井其角と、大高源吾の連歌)の心境です

1004


| | Comments (0) | TrackBack (0)

スポーツ補完栄養剤が”国家データベース”&”Pub Med ”に!

Twitter168⇒■■■ @tenboss ■■■


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1_tousa


Moviecamera_3【細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・日本テレビ】

観るここをクリック!≪この糖質栄養素↓≫

0_news


Photo_2

資料・製品・購入のウェッブサイト!】 ↑クリック!

    【日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Logo_2


スポーツ補完栄養(エ・・パ・・クト)の研究が医学およびヘルスケアプロによって使われる国家データベースの一部であると発表されました!ランダムに偽薬対照調査で、エ・・パ・・クトを摂っているスポーツマンが統計学的に心肺フィットネスの有意の増加をを測るのに用いられ、アスリート【スポーツマン】たちは有意の価値を感じていることが明らかになったと!この研究は、検索エンジンPubMedパブリック・メディカル】のウェッブサイトを通して観ることが可能です。論評は、パブメド(日本語サイトです!)本部によってリストされました

_newsスポーツ補完栄養ドリンク
運動前のスポーツドリンク「エ・・パ・・クト」は、身体にに必要なエネルギー源またバイオケミカルを供給し、特に身体のエネルギー生産量を最大限に高める働きをサポートする。また、エネルギー生産中に作り出され筋肉に有害とされる乳酸の除去を助けるよう、糖質栄養と多種のバイオケミカルが含まれている・・・・・情報や本舗】


Photo_4

2006年のこれに関しての研究では「有酸素トレーニング」の前にスポーツ栄養補完(エ・・パ・・クト)を摂ることはコーチ&アスリートにとって実用かつ有用性で意義のあることと結論付けた申請が(スポーツ栄養補完食品)Sports Nutritionのインターナショナル協会ジャーナルで発表されています(バイアーズA.、et.al.、3つの(1):56-59(2006))

Photo

12人の男性と12人の女性からなる計24人のボランティアの人々が、この研究に参加しました。参加者は、motor-driven treadmills【辞書検索になくランニングマシーンのこと?】そこでで1時間~2時間の酸素の消費テストを行い、20分毎に運動の前に、参加者は偽薬(風味をつけた水)か【エ・・パ・・クト(E・Pact)】を摂ってもらいました
その結果、参加者全員?は、この研究にに関する限り【エ・・パ・・クト(E・Pact)】を摂った後に身体能力の増大と運動の間15.5パーセント、酸素を使う代謝のために酸素を使うということが判ったのです

Photo_2

スポーツ栄養補完ドリンクそれは栄養的な製品のMannatechのパフォーマンス栄養ラインのパートです)シトラス風味で(柑橘系の味)運動前にとるスポーツ補完食品で多くのスポーツアスリートたちが【含む!アメリカオリンピック選手72人がテイクしている!そしてマ・・・クが選出の世界のチームマナテックのメンバーが現在130人!その内日本は16人】とって酸素取り込み能力(capacity.)を高めるというバイオケミカル(生物化学)を供給し、その供給を助けるためにフルクトースが栄養補足することはで明確です!

Photo_11


*あるスポーツドリンクとは違い、この製品はショ糖(蔗糖)を含みません。そして、インシュリンの放出を誘発ということもするのですね!糖質栄養の開発研究会社の製品は、World Anti-Doping Codeリストされる禁止された物質【450品を越えている】のどれ一つも含んでいないということ!


S_data1
(* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません。)

上記の原文≫⇒【コチラ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪スクリプス研究所≫≪NIH【国立衛生研究所】≫≪ノーベル賞受賞者≫

_news333スクリプス研究所の凄いニュース(iPS細胞の・・・!)


0123

                 


スクリプス研究所というのは世界で最も成功を収めた研究所です!1989年に化学科が出来て13年目にノーベル化学賞受賞者を2 年連続で輩出していること!

Photo_21

シャープレス教授が2001年度のノーベル化学賞受賞、翌02年度も化学科教授のビュートリッヒ博士が、同賞を受賞しています、


また世界で最も多くの論文が引用されている化学者上位15 人のうち3 人が在籍している【ノーベル賞受賞者がずらりの教授陣というビックリ仰天の研究所なんです?】

Logo_news3332011年!スクリプス研究所は、免疫のボイトラー博士がToll-like receptorの研究でノーベル賞を受賞し、これで計4人のノーベル賞学者を輩出するという名門研究所の名を高めています

私立の研究所ということにも驚きを!国立の「NIH」は別格として私立としては世界最大の総合研究所であろう、教授陣が288人・ポスドク【ポストドクター】が755人・大学院生230人・そして職員の数1,500人!

Aascripps_la_jolla【スクリプス研究所の前が最終18番ロングホール】


スクリプス研究所の近辺にはUSDAやソーク研究所もあり、医学生物学の世界的な研究拠点ともいえる、またゴルフファンにはよく知られる「トーレイパインズ・ゴルフクラブ」が隣接と言うよりスクリプスの庭のようなもの!あのタイガーウッズが相性一番のコースとしても有名である・・・・・


Banner_nimh_3

【国立のNIHはスクリプス研究所の年間運営費3億ドル(330億円)の半分を拠出しているのです!】

Money100_bills

ちなみにNIH【国立衛生研究所の年間予算140億ドル(1兆7千億円)従業員19.000名の内4.500名は学位を持った研究者と管理職員と世界でも比類ない研究所なんです
【日本からも留学生が400人を超えて在籍しています】


Photo_5

スクリプス研究所に話は戻して、この研究所の基礎理念は例えば、ある疾患の治療法開発のために,分子生物学者,薬理学者,コンピュータ化学者,構造生物学者からなるグループをつくった.多様な分野の研究者が協力することで,多角的に病態プロセスを分子レベルで解明することを目指したことが思想背景にあり、こうしたことが成功を収めた理由なのでしょう
Img20070123


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

アクスフォード博士のネット検索で遭遇したのが、今年一月にカリフォルニア州サンディエゴで開催されたスクリプス第5回年次ナチュラル・サプリメント・カンファレンス【Scripps 5th Annual Natural Supplements AnEvidence-Based Update】のプログラム!そのプログラムのメディカル・ボードにはアクスフォード博士が掲載されていました【3ページ目の7番目!】

このような驚くべき研究所の2004年から始まった年次会議において、8つの糖が摂り入れられる(多糖類=アンブロトース・コンプレックスを腸内細菌が分解する能力を持っているという研究に対して第一位そして腸内フローラ【お花畑に例えられる腸内細菌群】の中でもアロエベラ・ジェルに含まれる高分子成分を利用する能力に大きな差があるという研究に対して第二位を受賞したことは本当に素晴らしい研究だったわけです!


Photo_2



| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | ≪講演会・・・アンビット主催≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA-自己治癒力】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【グーグルの凄さ】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【レドックスシグナル】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本の領土・・古事記】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【水・・・電子レンジ】 | 【法王を決めるコンクラーベ】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【美術館めぐり】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自然界の神秘】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【黒猫マウキー】 | 【ASEA・・・アスリート】