【偶然が生み出す発明&発見】

≪情報や本舗≫≪偶然が生み出す発明・発見≫パート④


≪発見!とか発明!は、偶然が生み出した産物なのでしょうか?≫

Images

Images_1_2

コカ・コーラは、二重の間違いが引き起こしたことで、生まれた産物なのです、ジョン・ペンバートン(薬剤師?)は、痛み止めのシロップをつくろうとしていました、けれどその研究は、はかばかしい成果を挙げられなかったのです

ところが、何度となく失敗した実験成果のひとつが、口に含んだ時に、その味が非常に良かったのです、そこで助手に冷たい水を加えるように指示ました

C_cocacola_spec2_3

助手は間違って、炭酸水を加えてしまったのですね(二重の間違い!)これによって、世界で最も普及した炭酸飲料水が誕生したという偶然の偶然なのです


Images_1_2

また、ニュートンは林檎が木から落ちるのを偶然見ていて万有引力を発見したという説もある。 しかし私は偶然が発生することが世界の大発見になっていると素直に考えていない。

4

少なくとも木の実が偶然地面に落ちる瞬間を世界で一番最初に見た人は、ニュートンではなかったはずである

2

島津製作所の田中耕一氏は、たまたま間違えて配合した物質を捨てるのがもったいなくて、それを実験に使用した。それで出てきた一見平凡に見えるデータをさらにしつこく分析した結果として、偶然にもたんぱく質を解析する手法を発見。これがノーベル賞につながったそうだ。


Images_1_2


グリシンというアミノ酸をたまたま飲んで寝た会社社員が、これを飲んだときに偶然にもぐっすり眠れたことに翌朝気がついたそうです


Images_20

アレクサンダー・フレミングによる世界初の抗生物質であるペニシリンの発見も、偶然の産物であったといわれています、細菌を培養したシャーレを冷蔵庫にしまい忘れたがために、カビが発生してしまったというのです


Images_21


そのとき、細菌のコロニーがカビの周囲だけ生育が阻止されていることを見つけ出したことによってカビに抗菌作用があることが偶然発見されたというこです、そこから抗生物質が作られて世界中の人命を救ったのである。

例えば細菌の実験をしていて培養地にカビが生えてしまった人は、本当にフレミングが最初だったのだろうか。おそらくフレミングの前にも同じ失敗をした人はいただろう。

Images_19

また凡人ならば間違えた配合物質で実験などしないだろうし、そのデータを詳しく分析などもしないであろう。。

偶然が発生したことが世界の大発見になったのではなくて、偶然が発生したことに気がつく人がいたことが世界の大発見につながったのだと。そしてその偶然に気がつく能力があるかどうかこそが、ノーベル賞をとるような才人と凡人を分けていると。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪偶然が生み出す発明・発見≫パート④"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪理化学研究所≫【STAP細胞】≪スクリプス研究所≫【万能細胞】

2

何にでも変わるトランプのジョーカーのような「万能細胞」は、再生医療の開発に役立つとして、これまでも「ES細胞」や「iPS細胞」が開発されてきましたが

ES細胞は受精卵を壊して作るため倫理的な問題があり、iPS細胞は遺伝子を入れて作ることなどから、がんになるおそれがあるのではないかと指摘されてきていました

Images_3_2

ところが今回のノーベル賞クラス!と世界を震撼させるニュースが!・・・、STAP細胞【画像】という、まさに生物学を根底からひっくり返すような、世紀の大発見かも知れないという万能細胞⇒

名づけてSTAP細胞!名づけたのは発見者でもある、理化学研究所「小保方(おぼかた)晴子・研究員

【補足】STAPというのは「Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency」の略。日本語では刺激惹起性多能性獲得細胞、

とても簡単な表現での書き込みがあった⇒細胞に刺激をあたえたら、身体を構成するあらゆる種類の細胞になる能力を身につけちゃった」と・・・万能細胞の由縁である

Photo_2_2

ヒトを含む動物は、受精卵という1つの細胞から出発して、60~100兆個、体内でさまざまな役割をはたす250種類程度の「体細胞」へと分裂・分化していく。

そして、いったん分化しきってしまえばそれっきりで、後戻りはできないというのが常識になっていた!その常識を覆したのが今回のSTAP細胞であり、最近は見かけない、割ぽう着を着て研究を重ねてきた小保方晴子さん

Images_4_3

【小保方晴子さんが研究発表した理化学研究所とは!】

理化学研究所は、1917年に創設された,日本で唯一の自然科学の総合研究所です!湯川秀樹博士・朝永振一郎博士らのノーベル賞受賞者のほか本来ならノーベル賞間違いなしであったろう?

世界初のビタミンであるアベリ酸(ビタミンB1)を発見した鈴木梅太郎博士!なんと残念なことか!このときの論文が「これは新しい栄養素である」という一行が訳出されなかったためだけで、世界的な注目を受けることにはならなかった!【すごい発見だったと言うのに】

他にも有数の多くの優秀な科学者を輩出しているのですが2003年には文部科学省所管の独立行政法人「独立行政法人理化学研究所」として今日に至っています。初代の理事長は2001年にノーベル化学賞を受賞した野依 良治博士が歴任しています

今回の小保方晴子さんのSTAP細胞の発見はハーバード大学と共同で特許申請済みであり、ノーベル賞も手の届く範囲とさえ言われている

【特許出願書に小保方さんの名前が!】

Photo ←≪クリック!拡大≫→  Photo_2

この「理化学研究所」はスケールの違いはあれ、以前書き込みのアメリカの「スクリプス研究所」と同類でしょうかね?

06年の京大の発表直後からIPS細胞を使って、マウスと人の細胞で研究を始めた、スクリプス研究所のディン准教授は「近い将来、遺伝子を使わず化学物質だけでより安全な方法を確立することで、iPS細胞を作ることができることを目指す」

IPS細胞ではなっかたにせよ今回のSTAP細胞の予見のようなことを述べられていたことにも私的な驚きが!

Ips

その5月にアメリカの民間であって国家の予算を研究に組み込んでいる「凄い!研究所」=「スクリプス研究所」のシェン・ディン准教授らの研究でわかった「凄いニュース!」とは・・・

―■以上一部読売新聞オンラインニュースより■―

Images_2_3

Continue reading "≪情報や本舗≫≪理化学研究所≫【STAP細胞】≪スクリプス研究所≫【万能細胞】"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪偶然が生み出す発明・発見≫パート③

Neriumad
          【コチラも偶然の発見!】

1

【睡眠の質をよくするグリシン!】

タンパク質を構成するアミノ酸の一つ「グリシン」と云います、そのアミノ酸をたまたま飲んで寝た社員がいて、これをなぜか、飲んだときに偶然にもぐっすり眠れることがわかった。 たいした働きはないと思われていたグリシンですが、 じつは睡眠の質を良くする作用があることが分かったのです!グッスリ眠って目覚めも爽快にと、今は多くの製品が世に出ています

Img05

【多くの人の命を救ったペニシリン!】

ペニシリンの発見は、近代医学にとりわけ多大な貢献をもたらしました。フレミングによる世界初の抗生物質であるペニシリンの発見も、偶然の産物であったと云われています。

シャーレに寒天を流し実験する細菌を植え付け、菌を増やすのです。培養したシャーレを冷蔵庫にしまい忘れたために、カビが発生してしまい、シャーレを洗っていた時、その中の一枚が少し違うことに気がついたのです

Fleming_1

カビの真ん中に穴があり、そこに”青かび”が生えていたのですを。よく見ると”青かび”の周りには他のカビが生えていません、”青かび”の何かが、普通のカビを殺すのではないかとフレミングは考えました

そこで”青かび”を大量に培養して、発見したのが抗生物質の「ペニシリン」なのです。同じことを見た学者はそれまで何百、何千人もいたはずです、がフレミングはほんの僅かな違いから偉大なる発見を見出したのです

カビに抗菌作用があるという偶然の発見から、抗生物質が作られ世界中の人命を救ったことは多くのひとの知るところです


Checkcover_nature3

【偶然の実験結果がノーベル賞を】

島津製作所の田中耕一氏(ノーベル賞受賞)は、たまたま間違えて配合した物質を捨てるのがもったいなくて、それを実験に使用した。それで出てきた一見平凡に見えるデータをさらにしつこく分析した結果として、偶然にもたんぱく質を解析する手法を発見。これがノーベル賞につながったそうだ。

Aa300_

【リンゴは熟すれば落ちるのに?】

また、ニュートンは林檎が木から落ちるのを偶然見ていて万有引力を発見したという説が周知の事実であろう!ここで考えてみてくださいニュートンが木からりんごを落ちるのをこの世で初めて見たわけではないですよね

09122

木の実が地面に落ちる瞬間は、多くの人が見ていて、世界で一番最初に見た人は、ニュートンではないのです、ただニュートンはこの偶然でもないことを、偶然にも頭の中にひらめいたことがまさに偶然中の偶然だったのではないでしょうか?

Newtons_cradle_animation_book

こうした発生したことに、気がつく人がいたことが世界の大発見につながり、そしてその偶然に気がつく才知がある!かないか?こそが、ノーベル賞をとるような人の見分けてとなっているの

【右の画像⇒クリックすると動きます】

林檎農家はニュートンより早くまたその何倍も自然落下する林檎を見ていたことであろう。でも一番最初に引力の存在に気がついたのはニュートンなのである。


「偶然が生み出す発明・発見」①

「偶然が生み出す発明・発見」 パート②


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫「偶然が生み出す発明・発見」①    

260391_517758621606002_135227906_n
          【コチラも偶然の発見!】


電子レンジは、軍事用の技術からの原理でマグネトロンと呼ばれる電波発振器によってマイクロ波を作り出し、食材を調理する器具です。第二次大戦終了の年に「マグネトロン」によるレーダーの研究していたスペンサー氏が実験中にポケットに入れてあった”チョコレート”が溶けていることに気付き、

Apqmxiw


これは「マグネトロン」のせいではないかと思い、調理用として利用できないかと研究をスタートしたのが発端だそうで、1954年になって「レーダーレンジ」の名称で電子レンジの第1号となった”偶然!”【いまや、栄養の観点から言うとお勧めできない器具となりつつあるのですが!このことは、さて置き】


Azl3fkk


「使い捨てカイロ」も、お菓子メーカーがお菓子の中に入れる脱酸素剤の効果の大きなものを作ろうとして、原料の鉄粉や活性炭の量を増やす実験をしていたとき、大きな熱の発生を発見すると云う”偶然!”から「これは、体を温めるのに使える」と!

【これも、理科で習った基本原理から生まれているそうですよ】


Photo_3

東京大学名誉教授の月尾教授も「モノのはじまりを辿ると、ひらめきや発想が大切だということに気づかされます。普段の生活の中から発見が出来るような、やわらかい頭でいたいですね」とコメントしています

≪ドクター月尾の地球の方程式≫・・・人気の高かったこの番組も今や終了!博覧強記の月尾教授のお話も聞けなくなった、残念なことである
_________________________________________

ひらめきや発送があるから”偶然!”も在るのではないでしょうか?


A02x7of


電子レンジの研究開発に着手した、”偶然”?にもその年(1945)にイギリスの細菌学者フレミング博士が”ペニシリン”の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞しているのですが!実は、抗生物質「ペニシリン」は”偶然”発見され他のでした。フレミング博士がブドウ球菌という細菌の研究を行っていたとき、

Kakusan14


細菌が繁殖している培養器の中にアオカビが発生してしまい、 実験では純粋なものしか使えないため,これを捨てようとした時”偶然”にも よくよく見るとアオカビの周囲だけに細菌が繁殖していないことに 気づいたのです!不思議に思い調べてみたところ,このアオカビが分泌する液体が 細菌を溶かしているということが判るという”偶然の”偶然”からだったのですね


Banerealswitchheader

普段の生活の過程から?そうです研究中に お茶をこぼすという”偶然!”から良くご存知の「カテキン」の発見があったということ!

北海道大学理学部の「糖鎖解析」「糖鎖工学」で著名な西村紳一郎大学院教授も糖鎖をつける機器「ゴルジ」の開発発明のひらめきの発想となったキッカケはホテルのカウンターバーで飲んでいてグラスを持ち上げたところその下敷きのコースターに大発明のヒントが・・・・・・・・・

A00cau5


いずれも日常生活の中でのことから起きた将に”偶然!”なのですね!コチラの詳細は「偶然が生み出す発明・パート②」で

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪偶然が生み出す発明≫≪偶然が生み出す発見≫②    

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

Photo

貝原益軒の「養生訓」に中国の唐の時代の薬学者、陳蔵器はお茶について「長いこと飲めばやせて脂を漏らす」と書かれている。現代においてはモットお茶の効能が解明され、抗菌効果・抗酸化・抗ガン・抗動脈硬化・血圧上昇抑制・抗虫歯・抗アレルギー・消臭と、多くの機能性があることが近年実証されてきましたが!

10530


これは「カテキン」がもたらしていることは承知の事実ですね。ところで「カテキン」は英語?ドイツ語?実は日本語!ッてことはご存知でしたか?これまた”偶然 !”の発見だったのです


Photo←画面クリックで新聞記事拡大


慶応大学医学部卒の「島村忠勝=昭和大学医学部教授」先生は細菌学や免疫学を専門としていたのです!医学者がなぜにお茶の研究に没頭して行ったのか?これが"偶然”の出来事が動機になったのです。

コレラ菌を調べている時にウッカリと湯飲み茶碗からお茶をこぼし、スライドガラスにそのお茶が偶然にもかかってしまったのでしょう!何事もなく顕微鏡を覗いてみたところ、コレラ菌に変化が?

Chek_2

その時の様子を島村先生は「・・・コレラ菌に一滴のお茶を加えて、さらに観察を続けたところ、いままで何処にもなかった現象を目の当たりにしたのである。活発に動き回るコレラ菌が一瞬にして止まり、みるみるうちに菌が凝集したので在る。このときの興奮は今でも忘れない!」と文芸春秋の特集号「大養生」で書き込みされています!


Katekinn⇒クリック=本の中身を公開中!


この大発見も日本では認められず、アメリカでの論文発表で価値を認められると言う、これも偶然のなせることか?逆転現象でアメリカの科学者が「カテキン」の道をつけてくれたのです。

島村教授に名前を付けて下さいと言うことで、「菌に勝て!勝て!菌に・・・カテ菌に・・カテキン」が名前の由来らしいです」


Aaaaa


北大の西村教授の偶然の発見が大発明に繋がる偶然とは?島村教授はお茶でした、西村教授はウィスキーの水割りだったのですが、どちらも「飲み物」と言う偶然が重なりましたね

Photo_2


ホテルで飲んでいたグラスを口に傾けた時に置いてあったコースターに当時、教授が製作しようとしていた糖鎖をたんぱく質などに付ける機器の設計図の原理にそっくりの画がそのホテルのロゴだったと言う偶然!この後の大発見につながるヒントがあったというのですから!驚きです、この詳細は文部科学省製作のビデオに詳細が

Photo_3

【未来を創る科学者たち=左の30分番組内】

■このビデオで西村教授が北海道のカラマツにアラビノガラクタンと言う糖鎖があり、今後研究開発を重ねていくことで健康増進の一役を担っていくと言及しています!カラマツから抽出している”アラビノガラクタン”

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪天空におきた神のなせる業?≫

Baneranc1ox

フジテレビの早朝5:22のニュース・トピックス?で友人から送られてきた”凄い写真!”沖縄で撮影したらしく


232

この写真を7人の人に送ると幸せが訪れると?この写真見覚えどころか!一昨年「乳ガン」に罹病した事を告白された宮崎ますみさんのブログに公開されていた写真なのです

250pxhands_of_god_and_adamアダムの創造』=父なる神の手がアダムに生命を吹き込む

どこかの誰かがあまりにも天の神の手のごとくの雲を「幸せの写真」におきかえてしまったのでしょうね!確かに私も、これを見た瞬間にシスティーナ礼拝堂(Cappella Sistina-バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂)全能の父なる「神の手」によりて生命が吹き込まれる天井図

Images

とダブってしまいましたよ?将に偶然なのか?仕組んだのか将に「神の手!」ですよね


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photoやはり置き換えられていたようです・・・この「神の手」の写真については、朝日新聞社が発行する週刊誌「アエラ」で『神の手雲』と題して取り上げられていました!

Img_2912


≪雲の画像は加工して神秘的な画像にした写真だったのですね≫週刊誌「アエラ」の記事には、経緯とその画像の正体を暴いていて、この画像が「本物」として独り歩きし、都市伝説化してしまったとも書いています⇒【補足:都市伝説とは近代に広がる伝説の一種で、古くからの民話と同じように、大真面目に語られ、口から口へと広がっていく。伝説形成にあたっては「本当のこと」として語られることが多いとウィキペディアに解説されています】

■□【元写真が公開されていました!】⇒≪その画像写真

1190453971_2人間が食べたものを最終で排出する部分⇒黄門様とも言う、その黄門様を大きく広げる努力をしている写真であると!つまり、真ん中の太陽の光ってる部分は広げられた黄門様!

Kaminote01

この写真も真偽は?定かではない・・・都市伝説にするも、しない(市内?)もあなた次第では≪レントゲン写真ではない≫


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪天空におきた神のなせる業なのか?≫≪必見の映像二つ「神の手」と「神の子に差しのべられた手」!≫

システィーナ礼拝堂(Cappella Sistina-バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂)ミケランジェロが描いた創世記などの大天井画、最後の審判の壁画で有名ですよね!そして「天地創造」の絵画の中の「神の手!」が天空に突如現れたとしたら
Miche_000


天空に起きた、神のなせる業なのか!それ本の偶然なのか!はたまた人の為せる業なのか?ご覧になりたい方は・・・・
Aaaaa

【上記写真の出処】

【昨年「乳ガン」に罹病した事を告白された宮崎ますみさんのブログに公開されていました】・・・(2006年8月のこと)

_news333そしてもうひとつは、モーゼが出エジプトでイスラエルの地に向かう途中!映画「十戒」でお馴染みの突然海が割れるシーンを覚えていますよね!それがこの写真映像を見てください・・・

入道雲の上に青空が広がり、その上にまた入道雲が?将に天空での「十戒」の再現ではと?こちらも「神の手」がなせる業なのか・・・・・・不思議!不思議!・・・・不思議発見

入道さまの上に青空・・その上にまた入道さま?
入道さまの上に青空・・その上にまた入道さま?

「神の手」が彼女に「救いの手」となってガンの進行を抑えてくれるのではと!念じています!「クリッとした目をして、意外と茶目っ気たっぷりなキュートな宮崎さんのブログ書き込みをそのまま抜粋現況報告です・・・

Babyallergy


以下に≪ホルモン治療中ですので、自己判断で植物ステロール=ヤムイモは避けています。やはりなんと言っても基本は糖鎖の栄養補完ですよね。玄米菜食を補う形で、植物由来の総合ビタミン・ミネラルや世界最強と言われる抗酸化剤も飲んでいます≫

Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

【ところで、ココまで読んでいただいた方には、種明かしです!】

Aaaa3■合成写真だったのですね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット日本オープン!≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | ≪講演会・・・アンビット主催≫ | 【AKB48】 | 【あきない映像】 | 【お蕎麦やー手打ちそば】 | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA-自己治癒力】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【アンブロトース ライフ】 | 【インフルエンザ】 | 【ウェルネス革命】 | 【エネルギー問題】 | 【エボラウィル】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【カバラ数字の怪】 | 【グーグルの凄さ】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【ジオラマ】 | 【スーパーボウル】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【ハオルチアとは】 | 【ハリウッド女優のお肌に】 | 【ハリーポッターとフクロウ】 | 【ファスティング】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ランキング】 | 【レドックスシグナル】 | 【ワイナリー・オチガビ】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【不思議な現象】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【偶然とは思えない】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【手塚治虫の世界】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本の領土・・古事記】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【武士道】 | 【母乳】 | 【毘沙門天と須弥山】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【水・・・電子レンジ】 | 【法王を決めるコンクラーベ】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【潰瘍性大腸炎】 | 【知って得する話】 | 【知られざる意外な話】 | 【神話と生物」 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【美術館めぐり】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自然災害シュミレーション】 | 【自然界の神秘】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【食の安全・安心】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【黒猫マウキー】 | 【ASEA・・・アスリート】 | 【JAZZ=ジャズ】