【植物ってえらい!植物ってすごい!】

≪情報や本舗≫≪スルフォラファン≫≪ ブロッコリー≫≪カゴメジュース≫≪ポール・タラレー≫

Images_2

トマトジュースといえば、カゴメジュース!そのトマトに、近年アンチエイジングなどに注目されるファイトケミカル「リコピン」が多く含まれ、その抗酸化作用は強く、作用はビタミンEの100倍以上!

Photo

とうたっているトマトジュースのカゴメ(株)が、ここ最近「リコピン」ではなく「スルフォラファン」の口コミに精を出しているようです・・・トマトのカゴメが、スルフォラファンのカゴメかと?


欧米では以前から注目を集めていた「スルフォラファン」、特にトマト同様に、食卓にも並ぶ「ブロッコリー」多く含まれる!その発芽する時に多く含まれるという成分

4_2


スルフォラファンについては、米国ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー博士の研究によれば、発ガン物質を無毒化する力もあるという。


「植物の葉や実には毒を持つものが少なくない。これは他の生物から自身を守り、生き残るための知恵です。人間は進化の過程で、こうした毒を無毒化する『解毒』のシステムを手に入れた体内の解毒の働きを高める効果が


大気汚染にはブロッコリー

Images_4

米国がん学会の専門誌「キャンサー・プリベンション・リサーチ(Cancer Prevention Research)にこんな論文が、、中国でブロッコリースプラウトから作った飲料を村民に飲ませたところ、大気から体内に吸収された汚染物質が素早く除去されるなど、有益な効果が観察されたという。

この研究にはジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学部、ミネソタ大学マソニックがんセンターなどが参加している。

これを成人291人に12週間、毎日飲んでもらった。実験は長江デルタ地域の田舎町から無作為に抽出された成人を対象に実施。この地域は大気汚染がひどく、研究者らは肺がんや心臓病のリスクの高さにつながっているとみている


Images_2


ケンスラー教授によると、ブロッコリースプラウトがなくても、スーパーで売っている普通のブロッコリーにもがんの発生を抑える物質「スルフォラファン」が少量ながら含まれているという。

また、「ブロッコリーは苦ければ苦いほど良い」と指摘し、ブロッコリースプラウト3グラム分のスルフォラファンを普通のブロッコリーから摂取するには約150グラムを消費する必要があると説明した。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪スルフォラファン≫≪ ブロッコリー≫≪カゴメジュース≫≪ポール・タラレー≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ファイトケミカル≫≪植物由来の化学物質≫≪微量栄養素≫≪自然界に数千種≫≪体内で生成できない≫

Images_9


ファイトケミカルとは、植物由来の化学物質の総称であり、植物が紫外線、有害物質、害虫、外敵などから自身を守るためにつくりだす物質であり自然界に数千種類存在するといわれています。


ギリシャ語で「ファイト(phyto)」は「植物」、「ケミカル(chemical)」は「化学物質」という意味なので、「ファイトケミカル(phytochemical)」は「植物由来の化学物質」ということになります。

Images_6

ファイトケミカルは植物しか作り出せない物質であり、ヒトの体内で生成することができない貴重な微量栄養素なのです


様々な病気を予防する効果を持つため、その機能性が注目されています


Photo_2

          【そのファイトケミカルの持つ機能性】

≪アントシアニン>・・・視機能を改善する効果

≪レスベラトロール≫・・・老化を防ぐ効果

≪イソフラボン≫≪リグナン≫・・・更年期障害の症状を改善する効果

≪ヘスペリジン≫≪リコピン≫≪ギンコライド≫≪葉緑素=クロロフィル≫・・・血流を改善する効果

≪クルクミン≫・・・肝機能を高める効果

≪カテキン≫・・・生活習慣病の予防・改善効果

≪タンニン≫≪スルフォラファン≫・・・美肌効果


≪アスタキサンチン≫・・・眼精疲労を予防する効果

≪ルテイン≫≪ゼアキサンチン≫・・・眼病を予防する効果

≪ラズベリー≫≪ケトン≫≪カプサイシン≫・・・ダイエット効果

≪アリイン≫≪アリシン≫・・・疲労回復効果

≪ジンゲロール(ショウガオール)≫・・・冷えを改善する効果

≪ナットウキナーゼ≫・・・血栓症を予防する効果

≪GABA(ギャバ)≫≪テアニン≫・・・リラックス効果

≪β-グルカン≫≪フコイダン≫・・・免疫力を高める効果

カゴメといえばトマト!トマトといえばファイトケミカルはリコピン!そのカゴメがこのところ売り出しているものがある「スルフォラファン」というファイトケミカルだ!

3_3
【本の帯には、「阿木燿子」さんが"お勧めの一冊”と書込みがある】

このスルフォラファンを初めて聞いたのは,2004年初版の「植物ってえらい!植物って凄い!」という本で,副題が"植物栄養素で若返”ファイトケミカルのお話・・・本の最後のところに植物の不思議なお話という特別篇?がありそこで、知りえたのがスルフォラファンだった

≪植物ってえらい!植物って凄い!≫≪私たちの主食のお米も植物≫

この本!絵本になっていて幼児。子共向けの本である。母親が読んで聞かせ、読む母親も自然に知識が深めるという一石二鳥の優れもの・・・当時は本屋に平積みで置いてあった

Continue reading "≪情報や本舗≫≪ファイトケミカル≫≪植物由来の化学物質≫≪微量栄養素≫≪自然界に数千種≫≪体内で生成できない≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪野菜や果物が「ガン」を撃退!≫≪植物のチカラ≫

8


野菜や果物の摂取により、癌のリスクが減少することを示した研究が、米国癌学会(AACR)の2007年の年次集会で報告された【その研究は 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)による】

ブロッコリーと大豆蛋白による乳癌および卵巣癌に対する予防効果のメカニズムについて、実験室レベルでの研究成果を報告。


Images_13


ブロッコリーが消化されるとジインドリルメタン(DIM)という物質が、大豆が消化されるとゲニステインという物質が形成されるが、


これらの物質が、乳癌および卵巣癌の細胞の運動性に作用し、癌の拡散を抑制することがわかったというが、大豆にはエストロゲン様の作用があるため、エストロゲンにより促進される癌のある人は注意が必要だという

1964928_786527048037663_1899917080_

ブロッコリーやケールなどのアブラナ科の植物や野菜には抗がん作用のある成分が多く含まれています。


ジインドリルメタン(DIM)は、乳がんや前立腺がん細胞など多くのがん細胞の増殖を抑えたり、アポトーシス(細胞死)を引き起こすなどの直接的な抗がん作用が報告されています。

10534_2

さらに、エストロゲンの代謝を促進する酵素を誘導して乳がん細胞の増殖を抑える効果や、ダメージを受けたDNAを修復する酵素を誘導する作用が報告されています。
詳細は【リンク先】

≪野菜や果物が「ガン」を撃退≫≪スルフォラファン≫≪ ブロッコリー≫≪ポール・タラレー博士≫

Continue reading "≪情報や本舗≫≪野菜や果物が「ガン」を撃退!≫≪植物のチカラ≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪植物ってえらい!植物って凄い!≫

Baner_2

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Photo_16

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

Komekome

植物たちは、太陽の光エネルギー、大気に含まれる二酸化炭素(CO2)、大地から水を吸って彼らのエネルギー、車で言えばガソリンに相当するデンプンを作っているんです。

そのデンプンを人間は口からとってそれを身体の中の細胞にブドウ糖という形にして取り込み、全ての細胞質、細胞の中にあるミトコンドリアという所で、鼻から吸った酸素を使って燃焼させて私たちが生きる全てのエネルギーを生み出しているんですよ。


私たちの主食のお米も植物ですよね!そのお米の構成している最小単位がブドウ糖、グルコース(glucose)っていう化合物なんです。グルコースは細胞間コミュニケーションに不可欠の「8つの糖鎖」のうちの一つでしたよね!


とても水に溶けやすい物質で、ブドウ糖が炭素結合で繋がり、お米のデンプンになるんです。

8

ただ、この結合の仕方がちょっと違うと、紙(セルロース)になるんです。ブドウ糖が結合の仕方が少しだけ違うだけで方やお米、方や紙になるなんて・・・ね。


糖鎖の栄養素にもコメでんぷん由来で複合糖質として、取り入れているのです

Photo_2

ヤギや牛や馬などの草食動物ってのは紙も食べちゃいますよね。(我が家の愛犬”クッキー”君もティッシュを引きちぎっては食べているみたいです)草食動物ってのはこの紙をブドウ糖に分解してしまうすごいヤツを身体の中に持ってます。


だから、紙だって彼らのエネルギーになっちゃうんですよ。人はやっかいな動物で、草食動物とは違って、紙をブドウ糖に分解しちゃうヤツを身体の中に持っていないので、紙を食べてもそのまま消化されずにお尻から出てきちゃうんです。

519181363

ちなみに、全ての植物たちの細胞壁はこの紙と同じ物質、セルロースで出来てます。なので、生野菜を食べると、ほとんどがそのまま出て来るので、お通じ、腸内清掃に良いということになります。


なんか、全ては地球の大地と繋がっていると思いませんか?

Photo_3

食べたお米(デンプン)は消化されブドウ糖に分解されて最終的には全ての細胞の中に入ってしまいます。【この機能が正常で無くなることが糖尿病に繋がるのです】


さらに、細胞に取り込まれた炭素数6個のブドウ糖はミトコンドリアという所へ運ばれ、2つの炭素原子が二酸化炭素になって、私たちのはく息となって大気中に放出されるのです。

Photo_14

この間にATPという物質が産生されるそうで、車のエンジンルームではガソリンを空気中の酸素を使って一気に酸化(燃焼)させて熱エネルギーを産生させ、車に例えるなら、車を動かす駆動力に変わります。


人の場合は熱エネルギー(火)ではなく、ATPという化学エネルギーが産生され、私たちのエネルギー源となるのです!

車のガゾリン(炭素原子と水素原子だけからなる液体)がエンジンルームで酸素で燃やされ、二酸化炭素になって大気中に放出されるのと全く同じ原理なんですね。


2336404233
  私たちの身体を構成する1つ1つの細胞全てが、車のエンジンルームと同じような機能を持っているってことです。そして、そのエネルギー源となるものは・・・

やっぱり植物たちが、太陽の光、大気中の二酸化炭素、地球の水から作ってくれる、デンプン、それを構成するブドウ糖ってことです。本当に「植物ってえらい!植物ってすごい!」ですよね

そうそう、車を走らせるガソリンだって・・・長い年月をかけて植物たちが変化したものですよね。だから、化石燃料って言うんです。
B21f75783a2c35da30b9fc33d3045f10_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪野菜や果物が「ガン」を撃退≫

1964928_786527048037663_1899917080_

野菜や果物の摂取により、さまざまな癌(がん)のリスクが減少することを,ロサンゼルスで開催された米国癌学会で報告された。米国立癌研究所による研究は、成人49万802人を対象に、果物および野菜の摂取量と頭頸部癌の発生率を比較したもの。

20070427hja4r001_27

頭頸部癌と診断されたのは787人(5年間で)であった。喫煙およびアルコール摂取などの危険因子を調整後、1日1,000カロリー摂取につき果物または野菜を6皿分摂取する人は、1.5皿しか摂取しない人に比べ頭頸部癌リスクが29%低く、1皿分追加するだけでも6%のリスク低下が認められた。単独では果物よりも野菜の方が高い予防効果がみられたという。

Cancer

米カリフォルニア大学(UCLA)の研究グループは、ブロッコリーと大豆(ダイズ)蛋白(たんぱく)による乳癌および卵巣癌に対する予防効果のメカニズムについて、実験室レベルでの研究成果を報告した。

ブロッコリーが消化されるとジインドリルメタン(DIM)という物質が、大豆が消化されるとゲニステインという物質が形成される。


今回、これらの物質が、乳癌および卵巣癌の細胞の運動性に作用し、癌の拡散を抑制することがわかった。しかし、大豆にはエストロゲン様の作用があるため、エストロゲンにより促進される癌のある人は注意が必要だという。


3377049265

 米ハワイ癌研究センターの研究グループは、カリフォルニアおよびハワイ在住の18万3,518人を対象にフラボノール摂取量と膵癌リスクを比較した。フラボノールは、タマネギ、リンゴ、ベリー類、ケールおよびブロッコリーなどに含まれる物質。フラボノール摂取量が最も高い人では膵癌リスクが23%低いことがわかったほか、喫煙者ではさらに効果が大きく、フラボノール摂取量が高い人は膵癌リスクが59%低いことが判明した。

Photo_10

これらの研究から、さまざまな種類の植物性食品を摂取することが癌予防には最良であるといえると、米国癌研究協会(AICR)のMelanie Polk氏は述べている。農家の直売所へ行ったり、食料品店で時間をかけて野菜を吟味したりするほか、野菜をおいしく食べられる料理法を見つけるなどの工夫も必要だとPolk氏はいう。[2007年4月16日/HealthDay News]

10534

"美味しく食べられることはもちろん、言わずもがな!ですが!肝心の栄養分が損なわれる料理法であっては「元の木阿弥」上記ヘルスデイニュースにもブロッコリーが頻繁に出てきています!


ブロッコリーは抗酸化が強い植物ではありますが、調理をしてしまっては残念ながら・・・・でも生では食べられませんね、生と言えば日ごろ食している「ニンジン」ですが!ニンジンは本来生で食べるものだと言うことを、ご存知ですか?三大栄養素の一つ糖質が加工【調理など】によって、ほとんど消失してしまうと言う事実が証明されています!

Inochinokusari_1

昨年暮れに出版された「いのちの鎖」と言うスティーブ・ニュージェント博士が著述の本の87ページ~92ページに書かれています
やはり十分な栄養は現代の食生活からは摂ることが難しいようですね?

ならば、補足することを考えなくてはなりませんね、身体にとって害の無い良質のサプリメントを摂ることを考える21世紀に入ったのではないでしょうか!


前述の「ポールゼイン・ピルツァー」も述べていますし、出来うる限り三大栄養素から摂ることを第一に、過酷な食の現実を見据えて、失われた栄養素を摂ることを!ピルツァーは"健康増進革命”ニュージェントは"失われた栄養素【糖鎖の栄素素】で体内革命”・・・・

健康を手にする最後の暗号


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪若さを保つ植物の働き!≫≪もっと知りたいひとに≫

Baner

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Photo_16

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_7

世界の偉い博士たちも注目しています!三大栄養素に加えてビタミン・ミネラルが注目され、近年になって6つ目の栄養素がそのスーパースターは植物に含まれる「ファイトケミカル」たちだ!
ところがこのごろの野菜や果物には昔の豊かさを失ってしまっている(土や空気の汚れ、そして栽培方法の変化による)ですから十分なファイトケミカルを植物から、じかにとることが、とってもむずかしい!

Aq2

ビタミンで例をとってみると、さてここでクイズです(ちょっと回り道)?1951年には一日の「ビタミンA」の摂取量を桃を2個食べることで可能だったわけですが!現代2007年果たして何個食べなくてはいけないでしょうか?【答えは最後に!】

そこで世界の名だたる栄養学の博士たちはファイトケミカルをサプリメントで撮ることを提案しています
Photo_4


★「一昔前まで、健康増進に役立つ老化予防の物質はほんの数種類のビタミンだけと考えられてきた。しかし今では、食べ物、特に植物性食物の中に生体機能を調整する成分(ファイトケミカル)がたくさんあることが分かってきたのです・・・・・以下省略」 米国機能性医学のパイオニア        ■ジェフリー・ブランド博士
★「野菜や果物が細胞の突然変異性・ガン・ウィルス・炎症・血栓症を防ぐファイトケミカルを含むことが分かっている。ファイトケミカルにはコレステロールや血圧を安定させる”植物ステロールなるものがあるのですね!またアレルギーや情緒不安定の症状を緩和し(以前に公開のディオスゲニンを含むメキシカン山芋)肝臓を強化し、難聴や耳鳴りを抑える効果があります、そしてインフルエンザも防ぐ効果もあると言われているよ」                                    ■バーデュー大学医学部教授のバーロタイラー博士

★「ブロッコリーやキャベツ・芽キャベツなどアブラナ科の野菜の濃縮エキスはグルコシノレートという解毒酵素の活性化を助けるファイトケミカルを含んでいる。これが体内に溜まったクスリや化学物質の解毒作用を高
めるんだよ ■ジョン・ホプキンス医療学校 ポール・タラレイ博士

このファイトケミカルを一番含んでいる植物は「あの真っ赤な完熟のトマト」です!

Photo_2


なんと109種類のファイトケミカル(植物化学物質)が含まれているのです!そのファイトケミカルは完熟の取入時期のものでないと薬効効果の発揮が難しいのです


Photo_3

【クイズの答え】:桃を51個も食べなくては一日のビタミンAは摂取することが出来ないそうですよ

Aaigtrmages_3


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪IQの高い子どもは野菜好き≫

Photo_5■植物ってえらい!植物ってすごい!■
情報は⇒【コチラ!クリック!】

Baner

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Yasai

IQ(知能指数)の高い子どもは将来、ベジタリアン(菜食主義者)になる傾向が強く、その結果として心血管疾患のリスクも低いという報告が、英医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」オンライン版に12月15日掲載された。

Data

英サウサンプトンSouthampton大学MRC疫学情報センターのCatharine Gale氏らは、10歳のときにIQ検査を受けた30歳の男女約8,200人のデータを収集。10歳時に高IQだった人は、低かった人に比べて30歳の時点で菜食である率が高かった。

Photo

Gale氏によると、知能の高い人ほど健康的な食習慣をもつ傾向があるという。菜食は、コレステロール低下、肥満や心疾患のリスク軽減をもたらすことが最近の研究で示されている。子どものころIQが高い人の後の心疾患リスクが低いのは、これで説明できるという。
Photo_3

別の研究からも、知能の高い子どもは大人になってから健康を気づかう傾向が強いことがわかっており、今回の研究が、IQの高さと健康的な生活習慣との関係を裏づける新たな証拠となるとGale氏は述べている。しかしさまざまな要因で、この研究には不明瞭な部分が多く、これですべてがわかるわけではないという指摘もある。
これに対し、菜食と健康との間には強い結びつきがあるという専門家の声もある!このほか、知能、教育水準、社会的地位の高さと健康との相関を示す強い証拠もあるとのこと。

Photo ←クマを模ったグミ!

野菜はやはり素晴らしい栄養素なのですね!数年前からお菓子のお野菜を?摂ってIQを挙げているお子さんがいます、完熟野菜&果物を凝縮したグミタイプのお菓子の栄養素を毎日喜んで食べ続けていることで健康で良い子に育っています!何故か集中力が高まるのではと親御さんは言われていました!小・中学生を対象とした、ある進学塾では「集中!グミ!」と合言葉のように子供たちが口々に云うそうです


A0113065200

この「集中グミ」!ペクチンで固めて(消化吸収を考えゼラチンなどは決して使用していません!)、シトラスペクチンと言って水溶性の植物繊維が豊富で整腸作用があるそうで【りんご2個分のペクチンとも】抗酸化に抹茶成分(カテキン)は非常に良いものであるが、より以上にカフェインの無いものにと植物栄養素【ファイトケミカル】も豊富で、抗酸化の強いザクロ成分に替え、■脳の栄養素■と言われているサッカロースを含有している優れものなのですね!

Photo_4

■2010年【リンゴを食べれば医者いらず】ことわざ通りにリンゴが健康的な食品であることはすでに常識ともなっていますが、新しい研究で、上記果物に含まれる”ペクチン”と呼ばれる成分が消化器系の善玉菌(friendly germs)を増大させることが明らかに!

【この記事は⇒クリック!■詳細■

Photo_7←【グミを食べる一歳の元気に育つ男の子!】

アメリカのある学園の41人の生徒がこの糖質栄養入りのグミををマナリリーフと言う糖鎖糖質栄養素の開発供給会社の関わる慈善団体会社からの無償提供で全ての評価で大きく改善されたことは、データと共に発表されいます

糖質栄養が入っているこのお菓子の野菜「集中グミ」とても美味しいと言うことも付け加えておきます!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photo_5

【子供とお母さん向けの絵本】クリック!・・・植物栄養素で若返る フィトケミカルのお話 !野菜・果物・木々草花⇒植物だけがもつ生長の力の成分が!植物たちの栄養素の働き!がこんなに健康に役立つことを・・・そして聞き慣れない「糖鎖」の働きも⇒お母さんといっしょに学んでほしい

| | Comments (1) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット日本オープン!≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | ≪講演会・・・アンビット主催≫ | 【あきない映像】 | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA-自己治癒力】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【カバラ数字の怪】 | 【グーグルの凄さ】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【ハオルチアとは】 | 【ハリウッド女優のお肌に】 | 【ハリーポッターとフクロウ】 | 【ファスティング】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ランキング】 | 【レドックスシグナル】 | 【ワイナリー・オチガビ】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【不思議な現象】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【偶然とは思えない】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本の領土・・古事記】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【武士道】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【水・・・電子レンジ】 | 【法王を決めるコンクラーベ】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【潰瘍性大腸炎】 | 【知って得する話】 | 【知られざる意外な話】 | 【神話と生物」 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【美術館めぐり】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自然界の神秘】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【食の安全・安心】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【黒猫マウキー】 | 【ASEA・・・アスリート】