【フェルメールの画】

≪フェルメール≫≪35点作品のうち8点を公開≫≪≫情報や本舗

Oriconstyle_2100886_0161813size640w

2018年10月5日 (金) 〜 2月3日 (日)日本美術展史上、最大の「フェルメール展」を開催。「光の魔術師」とも称されるフェルメールの、わずか35点とされる希少な現存作品のうち、国内過去最多の8点を展示。


Oguradaimg600x6001470645975a66iem22

会場の一番奥へと辿り着くと、待ち構えているのが、目玉となる「フェルメール・ルーム」だ。この部屋には、8点のフェルメール作品が集結。初期から晩年にかけてまでの作品群を一堂に集結させた、貴重な展示室となっている。

10分でわかる! 2018年フェルメール展来日作品完全解説


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪フェルメールの代表作品≫≪作品が集結する2018年「フェルメール展」≫

2

希少性と神秘的な魅力で世界中で愛され続けてきたフェルメールの絵画が東京展は30年10月5日から上野の森美術館(台東区)を会場に、傑作「牛乳を注ぐ女」や日本初公開の「ぶどう酒のグラス」など、国内展では最多の8点を展示する。大阪展は31年2月から大阪市立美術館(天王寺区)で開催、「手紙を書く婦人と召使い」などを展示する
Images_15

光の魔術師ともいわれ゛絵画ファンに幅広く人気のあるフェルメールの極めて限られた個人所有作品、繊細な光の表現で独自の作風を確立する前の作品だということという以上に、『聖プラクセディス』を取り巻くナゾが絵画ファンの関心を集めてきていた


20150314_1589167

フェルメールは同時代のイタリアの画家の作品がほぼ模写されているというから、今まで数少ないと云われてきた作品に新たな一ページが開かれたことにたる

『聖プラクセディス』はフィケレッリの原作を模写したものとみられているが、原作にはない十字架を聖プラクセディスは手にしている


Photo


≪情報や本舗≫≪フェルメールの代表作品≫≪作品が集結する2018年「フェルメール展」≫

また作品の左下隅に「Meer 1655」と読めるかすかな署名が見つかったことがきっかけに、「Meer」という署名を使っていたフェルメール(Vermeer)の真作とみなすと、フェルメール研究家が現れた

アーサー・ウィーロック氏である、彼が、1986年、フェルメールの『聖プラクセディス』を真作と鑑定したのである。そして、1年もたたないうちに、米国大手製薬会社ジョンソン・&ジョンソンジョンのソン・コレクション財団のジョンソン夫人(美術愛好家)が購入した

ジョンソン夫人は、創業者の一族の夫人で昨年この夫人が死亡したことから、競売にかけられることとなった

競売会社は英国(ロンドン)のクリスティーズで落札価格は624万2500ポンド!日本円でおよそ10億9000万円である・・・・評論家の間では、もっと高くても!という声が上がっているそうだ


さらに驚くべき事には、売り上げはポーランドの自閉症研究施設への支援などに当てられるとのこと

【絵画のDNA鑑定?】


Images

クリスティーズは科学鑑定を実施。『聖プラクセディス』に使用された鉛白(白色顔料)がイタリアではなくオランダで使われていたもの他のフェルメールの初期作品『ディアナとニンフたち』(1655~1656年)の白色顔料と完全に一致した。

クリスティーズの「同じ顔料が使われたということは、『聖プラクセディス』がフェルメールの真作であることを裏付けている」と断言。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪フェルメールの初期作品≫≪聖プラクセディス≫≪競売会社クリスティーズ≫≪落札価格10億超円≫

2


フェルメールの最新情報が新聞メディアで飛び交った!それは、もっとも初期の作品の一つ「聖プラクセディス」がロンドンで競売にかけられたというのだ。真作として認められた?

1655年制作のフェルメールの一番初期の作品で、真贋論争が長期に渡って続いていました。今回、アムステルダム国立美術館による顔料の分析などから、フェルメールの手による真作と認められたわけだ

光の魔術師ともいわれ゛絵画ファンに幅広く人気のあるフェルメールの極めて限られた個人所有作品、繊細な光の表現で独自の作風を確立する前の作品だということという以上に、『聖プラクセディス』を取り巻くナゾが絵画ファンの関心を集めてきていた

Images_4

フェルメールは同時代のイタリアの画家の作品がほぼ模写されているというから、今まで数少ないと云われてきた作品に新たな一ページが開かれたことにたる

『聖プラクセディス』はフィケレッリの原作を模写したものとみられているが、原作にはない十字架を聖プラクセディスは手にしている

また作品の左下隅に「Meer 1655」と読めるかすかな署名が見つかったことがきっかけに、「Meer」という署名を使っていたフェルメール(Vermeer)の真作とみなすと、フェルメール研究家が現れた

アーサー・ウィーロック氏である、彼が、1986年、フェルメールの『聖プラクセディス』を真作と鑑定したのである。そして、1年もたたないうちに、米国大手製薬会社ジョンソン・&ジョンソンジョンのソン・コレクション財団のジョンソン夫人(美術愛好家)が購入した

ジョンソン夫人は、創業者の一族の夫人で昨年この夫人が死亡したことから、競売にかけられることとなった

競売会社は英国(ロンドン)のクリスティーズで落札価格は624万2500ポンド!日本円でおよそ10億9000万円である・・・・評論家の間では、もっと高くても!という声が上がっているそうだ


さらに驚くべき事には、売り上げはポーランドの自閉症研究施設への支援などに当てられるとのこと

【絵画のDNA鑑定?】


Images

クリスティーズは科学鑑定を実施。『聖プラクセディス』に使用された鉛白(白色顔料)がイタリアではなくオランダで使われていたもの他のフェルメールの初期作品『ディアナとニンフたち』(1655~1656年)の白色顔料と完全に一致した。

クリスティーズの「同じ顔料が使われたということは、『聖プラクセディス』がフェルメールの真作であることを裏付けている」と断言。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪フェルメールの初期作品≫≪聖プラクセディス≫≪競売会社クリスティーズ≫≪落札価格10億超円≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪フェルメール≫≪福岡伸一≫≪真珠の耳飾りの少女≫≪マウリッツハイス美術館≫

A3qnkqg


≪サワコの朝≫【阿川佐和子】≪動的平衡論≫【福岡伸一】≪生物と無生物のあいだ≫・・・・で書き込みの分子生物学者 福岡伸一氏が17世紀オランダの「光の画家」と呼ばれるフェルメールを愛してやまないというのは、福岡ファンにとっては周知のことで

00322_0220032211715063304

4年の歳月をかけ、ついに今年の1月にフェルメールの全作品を鑑賞できる『フェルメール・センター銀座』をオープンさせた

【フェルメール光の王国展】・・・・誰も見たことのない、美術館!2012年8月26日まで

09235107120m2

「re-create」(リ・クリエイト)という複製技法は最新のデジタルマスタリング技術によって、まさに通常の複製画と違うのは、フェルメールが描いた直後の絵の色合いを復元することを目標として複製したことである

≪この”こだわり”は福岡伸一氏の著書「フェルメール光の王国」に【なか見!検索・・・・冒頭読めるよ】

現存するフェルメール作品は37点と少ないが、そのすべてを所蔵美術館と同じ大きさ・同じ額装で展示されているのだそうだ


0305184735359

特に「光の画家」といわれる所以の代表作「オランダのモナリザ」として広く知られている≪真珠の耳飾りの少女≫は所蔵の「マウリッツハイス美術館」が館の改修工事のため、遠く故郷?オランダからやってきたのだ

Photo_4


【画像クリックで拡大して】少女の左の口元に注目!ココの白いテン=光のつぶつぶが「光の画家」といわれる秘密が・・・


偶然なのか?必然だったのか?「福岡伸一フェルメール・コレクション美術館」がオープンしたこと、また「東京美術館」がリニューアルを終えたばかりということ(ヒョットしてこのフェルメールを迎えるため)?・・・

Img_1

今日6月30日!その水色の美しさと光のマジックで人々をひきつけてやまない「青いターバン」の本物が鑑賞できるのだ。「17世紀の美少女」として世界的に名高いフェルメールの傑作!その美しさに挑戦?しての「武井咲」さんが扮してのサポート・・・・ 

Photo_2

【チョット薀蓄!】この水色にはウルトラマリン(ラピスラズリ)と呼ばれる青い顔料を大量に使ったそうで、この青い顔料は金よりも高かったとか!絵の下地にも使っていたとか?

426311_297144603674837_1336097797_n

この少女の目線!右に行っても、左に行っても、上にずらしても、下にずらしても、どこからでも視線が合うのだから不思議この上ないのである・・・下記をクリックするとより大きい画像が見られる!

【フェルメール展  (於)東京都美術館  6月30日スタート】

_news333_2フェルメールが描いた当時の色彩を求め最新の印刷技術を用いて再現した全37の全作品はhttp://www.vermeer-center-ginza.com/03/voiceguide.html


【下記の本の内容】
ヨハネス・フェルメール……17世紀オランダ美術を代表するこの画家は、現存する作品が30数点しかないこと、また窓から差し込むやわらかな光の描写、部屋の中に人物と物を配した緻密な画面設計などの独特の表現で知られ、世界でも極めて人気の高い作家の一人です。

フェルメールが画布にとらえた“光のつぶだち”に魅せられた生物学者・福岡伸一が、“フェルメールの作品が所蔵されている美術館に実際におもむいてフェルメールの作品を鑑賞する”をコンセプトに、世界各地の美術館が擁する珠玉のフェルメール作品を4年をかけて巡った『翼の王国』の人気連載の美術紀行

フェルメール 光の王国 (翼の王国books)
木楽舎
福岡伸一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フェルメール 光の王国 (翼の王国books) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

【NTD・・・感動のお話】 【SUB(スポーツ多目的車)】 【お蕎麦やー手打ちそば】 【がん・ガン・癌のはなし】 【アルツハイマー・認知症】 【インフルエンザ】 【オリンピック&スポーツの祭典】 【グーグルの凄さ】 【スーパーボウル】 【チョット耳寄りな話】 【ドッキリ=フラッシュモブ】 【フェルメールの画】 【ワイン・ワイナリー】 【世界遺産】 【中村天風】 【伝説スピーチ】 【再生医療・幹細胞】 【北野たけし・ビートたけし】 【厚生労働省が健康について】 【原点回帰】 【原理原則】 【和風総本家】 【宇宙・科学・物理】 【手塚治虫の世界】 【日本の領土・・ここは日本】 【日本の領土・・古事記】 【日本むかし話】 【時の話題・はなしのネタ】 【未曾有の大震災】 【母乳・お乳】 【毘沙門天と須弥山】 【浮世絵】 【浮世絵・春画・あぶな絵】 【潰瘍性大腸炎】 【熱闘甲子園】 【真駒内】 【知って得する話】 【知られざる意外な話】 【糖鎖】 【細胞について】 【細胞の糖鎖について】 【美術館めぐり】 【脳の科学】 【自然界の神秘】 【自閉症について】 【芸能トピックス】 【著名な作家・書家・画家】 【著名な科学者たち】 【野菜ってえらい 野菜ってすごい】 【金貨のプレゼント】 【長寿の秘密】 【電子レンジでチン・・・】 【頭の体操】 【食源病とは】 サプリメントウオッチ