【自然界の神秘】

≪情報や本舗≫≪摩周湖≫≪大きな水たまり≫≪神の子池≫≪伏流水≫≪樹木がない≫

Images_5_2

■摩周湖
歌謡曲にもよく唄われ、日本一の透明度を誇る摩周湖だが、「水源とする河川が無い」という理由で国土交通省名義では登記がされていません。

300pximage2008_lake_masshu

 
同様に「樹木が無い」という理由で農水省でも登記されなかったため、法律上は「大きな水たまり」になっています
まさかと!お思いでしょう?ただの大きな水溜りだったなんて・・・!!
 

日本の湖沼では20番目の面積規模を有し、水の透明度は日本一の摩周湖!確かに約7000年前の巨大噴火によって生成された窪地に水がたまったカルデラ湖であり

Images_18


流れ込む、流れ出す河川がない湖(閉鎖湖)であり、周辺の降雨が土壌に浸透した後十分にろ過されて流入するため有機物の混入が非常に少なく生活排水の影響なども少なく【透明性につながるのか】

河川の出入りがないにもかかわらず年間を通じて水位の変動が少ないことから、近隣に伏流水が流れ込んでいると考えられた

【 神の子池 】


Kaminokoike


誰が見ても摩周湖は湖で!誰が考えても湖でしょう!河川とのつながりがないことから、河川法により国土交通大臣が管理する「湖」ではない。


湖に浮かぶ島には樹木があるため農林水産省の管理下におかれるものの、湖には樹木が存在しないため農林水産省の管轄でもない・・・なんと夢のない!法で縛ると味も素っ気も何もなくなるのが常です


6_2


歌にもある「霧の摩周湖」・・・摩周湖を見れる人は、とてもラッキーと言われ、その風聞に一喜一憂して訪れる観光客が多いのですが、地元に伝わる次のような御伽噺がありました

Images_2_2

宗谷のコタン(アイヌの集落)同士がイヨマンテ(熊祭)の夜に争い、一方のコタンは敗れほとんどが殺されてしまう。敗れたコタンの老婆とその孫は命からがら逃げるが、逃げる道中で孫がはぐれてしまう。

老婆は孫を探しながらさまようが見つからず、カムイトー(摩周湖)付近までたどり着く。

Images_8
老婆はカムイヌプリ(摩周岳)に一夜の休息を請い、許される。が、悲嘆にくれ疲労困憊した老婆はそこから動けず来る日も来る日もそこで孫を待ち続け、とうとうカムイシュ島になってしまった。

いまでも、摩周湖に誰かが近付くと老婆は孫が現れたかと喜び、うれし涙を流す。この涙が雨であり霧であり吹雪なのである。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪摩周湖≫≪大きな水たまり≫≪神の子池≫≪伏流水≫≪樹木がない≫"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪話題のCM”Google Nexus7”≫≪日本のマチュピチュとも≫≪天空の城とも≫≪国の史跡=竹田城≫

    【この映像に、あの「天空の城」が映されます】

Google Nexus7のCMで、 「1158で10を作る」と同時に、こんなグーグルのCMも流れていますよね!私も一度は行ってみたい処です!


日本で最も低い山として知られる大阪の天保山(標高4.53メートル)に行ったあとに、さっそくNexus7で「日本のマチュピチュ」をググッてそこを訪れるって内容です

Ima


こちらも、標高わずか、353.7メートルの山の頂上に築城された(1600年というと関が原の戦い当時であるぞ)しばしば円山川の川霧により霞むことから、天空の城とか!日本のマチュピチュとか呼ばれている

雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群の威容は、名物ともなっている・・・標高から云って雲海といっても雲ではないわけだが、まさに雲海!・・・・・不思議である

9c

お城は、天守閣がない石垣のみの状態ながら多くの方々から評価の高い城跡なんですね。マチュピチュの標高2400mからは比べものにはならないのですが!

口コミから評判が評判を読み、”Google Nexus7”のCMでの人気と合間ってこのところの登頂者は増える一方らしい


Google Nexus7のCMでに登場する場所は、兵庫県朝来市の「竹田城」のようでGoogle画像検索してみると、美しい!

【補足:】 天空の城=竹田城は、但馬の守護大名、山名 宗全が出石城の出城として播磨・丹波から但馬への侵略路に位置するこの地に、13か年を費やして築いたと伝えられています

一方マチュピチュはアンデス山麓のペルーのウルバンバ渓谷の急斜面に位置して頂上には、太陽の神殿があり、頂上には太陽をつなぎ止める石があるそうだ・・・やはり世界遺産ともなると!


Imagesisi


| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪決して知りえない事実がここにありました≫【つばめの夫婦愛】≪動物だって人間だって≫

3520_n


【決して知りえない事実がここにありました!】多くの人々は、動物に感情なんかあるはずがないと思っているでしょう


彼の妻は、重傷を負ったのです。彼女は低空で道路の反対側に舞い降りとした時、車にはねられたしまった
彼はエサを持っていって、愛情と思いやりとで、彼女に接していった

彼は再び彼女にエサを持って来たが、すでにそこでが死んでいることに、強いショックを受けました。再び彼女の元へ戻ろうとする行動!こうした光景はめったに見られれるものではない

仲間の死の歴然とした事実を目の当たりにして、賭けねなしの愛を降りそそぐことで泣きくずれ死を悲しみ、そばに立ちすくみ、最後に惜別の悲しみと悲運の悲しみとで寄り添い続けたのです


7_21_1969

彼らがフランスの大手新聞に掲載されたときにこれらの写真を見た後で、人々は涙したのです写真が掲載されたその日にリリースされた新聞は、すべて完売したそうです

あなたも、動物が感情など、持っていないと思っていません!数年前にも猫の親子にも・・・親猫が車に轢かれ、道路に横たわる親猫に寄り添い、助けを呼ぶようにあたりを見廻し、近くを行きかう車を気に留めることもなく、時に鳴き、時に泣いているようにも見える動画サイトがあった記憶が・・・・

7509_n


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪サイクリングインストラクター≫【西原重雄】≪カムイミンタラ=神の遊ぶ庭≫

69359_n

2013年!祝「富士山」の世界遺産の認定登録だが、2005年に北海道の知床がすでに登録されていて、その年に確か立ち上がったNPO法人知床ナチュラリスト協会にて、自然ガイドとして働き、
Ayanomtbridemeet2020396

2009年に知床サイクリングサポートを開業された西原重雄さん!今年2013年に、2回もNHKの取材番組で八面六臂の大活躍ぶりを放映・・・ご覧になりました?

日本サイクリング協会(JCA)認定のサイクリング・インストラクターとして、知床の世界遺産の大自然の山・川・湖・森、そして、ここで暮らす動物たちをフォトに収め、

Baner3ei

多くの人に知床の大自然と、サイクリングで山野を駆け巡る醍醐味を味わってもらおうとフェイスブックに連日のごとく公開している・・・

ついぞ最近! 「知床の森の奥へ」というフォトアルバムをアップしていて、これが「いいね!」だ、偶然にもこんな写真が見つかった、森の神さまが「西原さん」にいたずらごころを出したのかな?

この写真にも神さまが見え隠れしていません?
4339_n

Logo_news333トップの写真は1914年に戦争に借り出された青年が出征の時に、この森の木にチェーンで結びつけた、愛用のバイク!彼はそのままこの森に戻ることはなかったのだ・・・合掌!(ファミリーは、彼が戻ったときにいち早く家に戻れるようにと・・・!)


Banerealswitchheader_2


さてここからがサイクリング・インストラクターでサイクリング・フォトグラファー⇒”SHIGEO 西原”のフォト・アルバム「カムイミンタラ=神の遊ぶ庭」

Email写真映像の見出しは【情報や本舗】の書き込みです


【”知床の森の奥へ”の入り口である】・・・以下、すべて画像クリックで拡大!
Photo

【白樺林の奥にある「ポンホロ沼」・・・神の名がつく神秘の沼だ】
Photo_2

【カムイミンタラ=神々の遊ぶ庭】だそうな?・・・出雲の国にはあるそうだが?ココ知床に在ったとは!
Photo_3

【神々が遊び踏みしめたのか・・・下草がまったく無い!
Photo


【時おり、のどの渇きを潤すために沢に下り、知床の山々をつたい、沸き出ずる聖水にのどを潤おす】
Photo_5

【また時には、遊びに興じた後!汗を流すため、小川のせせらぎでからだを清める・・・神とて汗をかくものだ】
Photo_6

【神を讃え、国を讃える歌に「苔のむすまでとあるように、緑の絨毯を敷きつめた川底に魅せられてしまう】
Photo_7_2


【さてポンホロ沼に足を向けよう!幻の沼ゆえ消えてしまうかも知れぬ・・・だから知床というのか?】
Photo_8

【途中!行く手を遮るように大きく立ちはだかった石が、上の石はどう載せたのか?神々の守護石なのか、「重ね石」伝説は各地にある】・・・発見者でフォトグラファー「Shigeo 西原」が、いずれ名前をつけるとコメントありました
Sigeo

【これが幻の「ポンポロ沼」だ!地図に載っていない!年中、そこに水を湛えているわけでもない!】・・・知床連山からの雪解け水で創る季節限定の沼!だから”まぼろし”と言うらしい
Photo_9

【如何です?神々しい沼でしょう・・・この写真はネットより取り込み】・・・そうそう前の写真の右手にKimun Kamuy(キムン・カムイ)がいるぞ!・・・アイヌの言葉で山のカムイと言うらしい
Img_1504728_58165720_5

【羅臼岳!遊びつかれた神々の帰る山である】・・・ヤマのカムイに守られてね!
Photo_10

02_2

■最後にラッキーなことに「山の神々」には、会えなかったですが、「森の木の精」にお会いして、話まで聞けた    のです・・・見出しの話は、すべて「木の精」からです「気のせい」ではありませんよ

【画面クリックで拡大】⇒919_n_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪神秘の湖と神秘の池≫【地下深き処で繋がる親と子の絆】≫≪摩周湖と神の子池≫

   【神様が創ったとしか言いようのない神の子池!】Kaminokoike


まさに「神のみぞ知る世界」である!といっても「週刊少年サンデー」連載の「神のみぞ知るセカイ」ではない!わが娘が数年前に行って!見て!撮って!「とても美しい!・・・・」といってデジカメで送ってくれた池が「神の子池」である

Banerredox


エメラルドグリーンの清水を湛え、水温は絶えず”8℃”と低く、清水の水の底に横たわる倒木は腐らず、化石の如く沈んでいて


その倒木を縫って、オショロコマが泳ぐ景観は「神のみぞ知る世界」といっても決して過言ではない不思議な美しさだそうだ!

67

そんな神秘な池の美しさにコマーシャル業界が放って於くはずも無くキャノンが”canon ミラーレスEOS ”のCMがコレだッ・・・


 【CanonミラーレスEOSで新垣結衣が神のみが知る世界を・・・】


それは「神の子」の名が付いた池なのである!アイヌ語で「カムイトー=神の湖の意」と呼ばれる、世界で2番目の透明度を持つ摩周湖、その湖の伏流水が地下を通ってこの池に湧き出ていることから”先人たち”が「神の子」池と言い伝えてきたと


Logo_news333アメリカにも、そっくりの光景の池?が
http://imgur.com/2QOJX


【この幻想の神秘!たまりませんな・・・泳いでいるのはアユかヤマメかイワナだろうか?それとも神の遣わしオショロコマ!】

アユでも、ヤマメでも、イワナでもなかった!そう「オショロコマ」その名の由来は、アイヌ語のオソル・コ・オマから来ているそうです!

Apn7fh1

天然物の源流域で育ったオショロコマは市場に出回る事がほとんど(道内でも)無く、釣り人以外で食べた事がある人は少ない

≪一度だけ食べた事があります、ヤマメほど淡白すぎずイワナ=岩魚ほどクサみも無いので、美味しくたべられましsたよ≫


36_0_2

神の子池は周囲220m、水深5mの小さな池で、伏流水は1日12,000tも湧き出し、親摩周の透明度高き水ゆえ澄んでいる!親と子がどれほど離れているかというと

Kaminoko12

⇒カムイトー摩周湖から南東におよそ9.1km走ると神の子「神の子池」が、そこにある


【冬の「神の子池」】

親摩周の伏流水からなる「神の子池」から出る川は凍らないので、あちらこちに不思議な氷のオブジェが観られ写真家の目を引くことでしょう!

Zoukeibutu


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット日本オープン!≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | ≪講演会・・・アンビット主催≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA-自己治癒力】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【グーグルの凄さ】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【ハオルチアとは】 | 【ハリウッド女優のお肌に】 | 【ファスティング】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ランキング】 | 【レドックスシグナル】 | 【ワイナリー・オチガビ】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本の領土・・古事記】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【水・・・電子レンジ】 | 【法王を決めるコンクラーベ】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【知られざる意外な話】 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【美術館めぐり】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自然界の神秘】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【食の安全・安心】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【黒猫マウキー】 | 【ASEA・・・アスリート】