【知られざる意外な話】

≪256歳まで生きた男性≫ ≪清の時代の公文書(中国)≫≪仰天の記載≫!

Images-10_20190915114001

清の時代の公文書(中国)に仰天の記載!が残っていたそうです 信じられます?なんと 256歳まで生きた男性がいたというのですね、その名は李青曇(り・せいどん)というそうです

このことが、一躍注目されるキッカケとなったのは、1930年の米紙「ニューヨーク・タイムズ」の記事だった 当時、中国に派遣されていた特派員の報告によると、成都大学の教員が発見した清朝時代の公文書に「1827年、李青曇が150歳の誕生日を祝った」と

その50年後には「1877年には200歳の誕生日を祝った」と記述されていたというのだから 信じがたいお話なんです 126歳という話はよく聞きますが、その倍ですから俄かには信じられませんよね

Images-9_20190915114201

 

これが正しければ、李青曇は1677年に生まれ 取材を進めた特派員は、さらに驚くべき事実にたどり着いたということです なんと1930年当時、1677年生まれの李青曇が存命しているとの情報を得たというのです

さて“超”“超”“超”・・長寿人間・李青曇の素顔とは⇒ 1677年、四川省に生まれた李青曇は、10歳で漢方医となり 日々山中を歩きまわり薬草集めにはげむうち、彼は自らが採取する薬草に長寿の効能があることを確信するようになったそうです 霊芝(キノコの一種)やクコの実、朝鮮人参、ツルドクダミ、ツボクサ、米酒だけを口にする生活を40年以上摂り続けたそうですよ

Images-12_20190915114301

 

その間、薬草を求めて現在の甘粛省、山西省、チベット、ベトナム、タイ、満州にまで足を運んだこともあったという 23回結婚し、200人以上の子どもがいたという情報もあります

≪おまけ≫ギネス非公認記録で、実在したという証拠がある人物としては、世界一長生きした人物である

 

| | Comments (0)

≪北海道の土地が中国資本に・・≫≪その広さ東京ドーム500個分≫≪情報や本舗≫

Photo_20190823001501

狸小路の商業開発ビル⇒29階建ての商業ビルに事業に税金が投入されているのは良いのだが 事業主が中国企業というのに問題提起しているネット書き込みがあった

P1080127153x205

地下2階~地上6階は商業・業務向けで 7階~29階は分譲マンション130戸  総事業費は153億円

中国資本によって買収されるケースは確実に増えていて、地元住民も気づかず、買収先が中国資本だったと判明するのはしばらく後になってからだという

 

中国の北海道の狙いはニセコ・釧路ばかりではなく上記の商業中心部だけではない 札幌でも閑静な住宅街としても知られる 宮の森地区にもすでに建物買収が行われているようだ

  

  • 2016年に3階建ての高級住宅マンションが中国関連企業によって購入さている 表向きは中国人向けの民泊利用とのことだが これは許可されていない

  

  • 洞爺湖界隈の月浦地区

     こちらも同じく2016年にすでに 廃業している

日帰り温泉施設 77.000㎡(7.7ha)を買収済みで さらに施設裏山のポロモイ山も買収とのこと

  

  • 洞爺湖隣接のゴルフ場 907haを8年前に15億円で中国企業に権利が渡っている ゴルファーならご存知かも⇒「TOYA LAKE HALL GOLF CLUB」

 

  • こんな所までと 不気味さを感じてしまう新千歳空港のまさに隣も隣 管制塔が真近に見える 48haをあのアリババが売り出しているのだ ネットの書き込みでは 格納庫でもつくろうと言うことにでもなったら どうするのと 心配が嵩む 重なるとこうなるのだ

Images-1sinntitose

同じ千歳市内から 少し離れた文京地区や美々地区には高級別荘を北海道に訪れる中国人のために1000軒つくる予定とかも聞こえてきているのrが現状のようだ

 

世界発信のネットでも Niseko real property land in hokaido japan

US 4.300.000(43億円)の超高額住宅から小樽のお手ごろ?住宅

Land for sale in otaru ・・・いずれも あのアリババで販売しているのだ

Photo_20190823001601

| | Comments (0)

≪ブルタンゲの要塞≫≪箱館の五稜郭≫≪築城の謎が≫≪情報や本舗≫

 

2348_fullimage_groningen-prov-bourtangej

オランダの北部、ドイツ国境近くのブルタンゲの要塞は、フローニンゲン市の東に位置しています。典型的な城塞都市の特徴である星形の要塞で、その歴史は1580年まで遡ることができ ブルタンゲの町には、4つの博物館、レストラン、昔ながらの店や、ホテル、旧兵士宿舎などがあります

要塞ブルタンゲは、フローニンゲン市の東に位置しています。完璧に復元されたこの小さな城砦都市は、自然、文化、歴史が一体となったユニークな町です。

8895a79a3e3c676b70810ef130ad254ce95fe904

日本でも江戸幕府の終焉を迎えようとする時 「箱館=現在の函館」に同じものが現存している⇒「五稜郭」である 日本の城といえば四角でしょう それが何故に星形なのか? また江戸より遠く離れた函館だったのか?

 

それは箱館が開港してこの地に奉行が置かれたこと その背景にはロシアが虎視眈々と北海道(蝦夷地)や北方の島々を狙っていたこと その脅威から逃れること ロシアへの牽制もあり いざというときの防衛拠点にするための最前線基地が、五稜郭だった

じつは黒船来航の「ペリー」よりもずっと早く日本へ来ていたのですね(対馬を実効支配しようと乗り込んだのもロシアです )

F963db2a513f3f82b56a85563eba171343f5873d

Dd8773cd52b7b0148c4d26092c42c93a6e1715e5

Goryokakusmall

五稜郭の築城は守備側から見たときの死角を一切なくしているのが特長ですが 箱館の城は未完成のまま戊辰戦争に突入したのです このトゲトゲの部分は「稜堡」と呼ばれ、星形要塞は「稜堡式要塞(稜堡式城郭)」とも呼ばれます(入り込む敵方にあらゆる角度から砲術戦法とれる突出した小型出城を持つからでした が箱館五稜郭は一か所だけだったのです)

220px

ただし幕末のこの時点で、稜堡式城郭はすでに時代遅れな軍事様式でした 射程距離も長くなり 威力も段違いに高くなった大砲に対して もはや有効な防御施設ではなかったのです このことは箱館戦争で実証されます また五稜郭内に建てた奉行所の見張り塔(天守閣の役割)が幕府の艦隊が大砲で艦砲砲撃の的になった皮肉なことともなった

さて日本にはもう一つ星形の城が残ります。長野の佐久市に小規模ながら五稜郭があるのです

686836706a0858beec9ec160e088271681047a88

| | Comments (0)

≪3000年前から≫≪石を使い木の実を割っていたサルが≫≪情報や本舗≫

 

Https___imgixproxyn8sjp_content_pic_2019

ブラジルのセラ・ダ・カピバラ国立公園にすむ野生のサルが、少なくとも3000年前から石を道具として使用してきた 使用した丸い小石は 公園のさまざまな年代の地層に含まれていたそうだ そのサルとは「ヒゲオマキザル」といって

ブラジルの現地に住む人や旅行者たちの間では 数百年前から道具を使うサルがいるという話をが語り継がれてきたそうだ これまでに知られている最古の石器はアフリカで見つかった330万年前のもの

 

道具を使うのは人間だけと考えられてきたが 数十年に及ぶ数々の研究で棒や木の枝を使う鳥や(注釈:最近カラスが小枝を使っているSNS) 狩りのために槍を手作りするチンパンジー

16

カシューナッツの殻を割るために、オマキザルは数センチから人間のこぶし大までの丸い石を使い、野球のピッチャーのように全身を使って殻を叩き割る(PHOTOGRAPH BY TIAGO FALÓTICO)

 

 

今日のテレビでパスタを口にくわえ首の後ろに届かない箇所にまるで そこが”かゆい”かのようにつんつんと掻いているいるオームを紹介していた 動物学者の話しでは”毛づくろい”を”

 

 

17_20190715163901

幅20センチほどの石の台や、木の根にカシューナッツを置いて、丸い石を叩きつける(PHOTOGRAPH BY TIAGO FALÓTICO)

 

または、喉の渇きをいやすために驚きの方法を編み出したオランウータンは 直接口をつけて飲むのが難しいところにある水を得るため、植物をかんで柔らかくし、スポンジのようにして水を吸収させ、口元へ持ってきて水を絞り出す(注釈:決してサル知恵とは言えない進化でしょう)

以上ナショナルジオグラフィックの最新ニュースより「

 

 

 

| | Comments (0)

≪ソニーのイメージセンサー≫≪ソニーは大きな漁夫の利≫≪情報や本舗≫

Images-28_20190705101901

ここ近年、ソニーのある事業が急成長!そのわけは、カメラのレンズから入った光を電気信号に変換するイメージセンサーをスマホに使用しているからなんですって

2014年から世界で発売されたカメラのうち、実に40%はソニー製のイメージセンサー(人間の眼でいえば網膜に相当する部分)
を使っているので

ソニーはスマートフォン(スマホ)競争では敗れたものの、どちらが「シギ」で、どちらが「ハマグリ」かはいざ知らず、アップルの「iPhone(アイフォーン) 6 」やサムスン電子の「Galaxy(ギャラクシー) S6」が1台出荷されるたびにソニーは「漁夫の利」で潤うことになる。

Images-2_20190705102301
それはなんと、ソニーはアップルのiPhoneが1台売れるごとに20ドル(約2,400円)の利益を得ることにアップルは第1四半期の決算において、8,000万台近くのiPhoneを販売したと発表しているので 

ソニーはiPhoneのイメージセンサーによる利益だけで、2,000億円近くを荒稼ぎした計算となります 漁夫の大儲けということことですね

国はいとも簡単にその上前を撥ねる・・・こちら「果報は寝て待て」”1%”でね!

 

Images-31_20190705102601

| | Comments (0)

≪死体と遺体の違い≫≪情報や本舗≫

Images-19_20190701133401

 

著名な方がお亡くなりになられたとき  それをどう表すか・・・ご死去、ご逝去、ご他界、身罷る、黄泉の国へ等々 どう使い分けるのか定義はないのでしょうね

ところで「 死体 」 と 「 遺体 」 の違い?お分かりですか なにを以って、遺体と呼ぶのか、死体と呼ぶのか?これは分かりました」で男性なら 「 死体(シタイ)」で女性では 「 遺体(イタイ )」と使い分けているそうですよ 

実は寄席で聞いた話なんです 一瞬のこと≪客席≫は「 ・ ・ ・ 」感の良い人はすぐに「フフフ・・・」と そこで≪師匠≫ は「 分かる人だけ分かってくれたらいいんです  すぐには分からなくても、今日帰って寝るときに、・・・「ああぁっっっ!!!」 って、思い出してくれたらいいんです」

≪客席 ≫からようやく笑いが一斉に出たのは≪師匠≫が男性が死体で女性が遺体というのは 昔からなんですよ 「だって男は“したい”という、女は“痛い”という?」

 

 

実際にはその違いは以下(新聞・マスコミは使い分けているそうです)


 「死体」……一般的に死者の身元が不明の場合

 「遺体」……身元が判明した時点、または始めから解っている場合

 

 

| | Comments (0)

≪樹木希林の名前の由来≫≪誰がつけたの?≫≪情報や本舗≫

Maxresdefault22520x305_1

好きな女優のひとり「樹木希林」さんがみまかれても本の出版「一切なりゆき」があっという間に100万部 つづいての作品も売れ行きが半端ない勢いで 出版社の編集長がかつてないスピード本だと

 

また 映画「モリのいる場所」が本人がこの世にいないというのに「どこぞにでもいるのか?」もちろんいる場所は「天国」に決まっているわけだけれど・・・本人が やっぱりあったよ「天国が」言っているのだからね

6_3

さて「樹木希林」の名前は誰がつけたのか?ドラマ「時間ですよ!」では「悠木志保」の名で ジュリー(沢田研二)のブロマイドに向かって「ジュリー~・・・」と叫ぶシーンは強烈に残っている

 

この芸名をオークションにかけて売ってしまって つけた名前が「樹木希林」だったのですね 誰がつけたかはいざ知らず 私なりの見解ですが平仮名にすると「きききりん」⇒「りん」を漢字に戻すと「林」で「きき」でしょう!さするに「ききききき」なんですよ して漢字に置き換えると「木木木木木」で

Images-3_2

木がたくさんで「樹木!」「希な林!」でこの芸名になったのでは(希林さんのこときっとお遊びでお考えになったと推察)

 

 

 

Photo_49 検索では同じことを考える人がいるものですね⇒「木が集まって、希なる林になる、人間一人では何もできず、力を寄せて大事を成す」という意味を込めたのが由来とありましたよ 

| | Comments (0)

≪医学部と製薬会社の結び付き!≫≪本舗≫(パート②)

Baner02
昨年8月、ノバルティスファーマ社が「ディオバン」という商品名で発売している「バルサルタン」という降圧薬について、その血圧を下げる薬の臨床試験データでの不正操作がリークされた!
Kyotoidai4


この事件には企業と複数の大学が絡んでおり、以前に書き込みした記載が明白になったというお話だ・・・・すでに市販されている薬ということで、かなり大機ナ問題提起となっている

12月になって、小林製薬が開発を進めていた肥満症の薬の臨床試験 データ改ざんを公表.≪欧米と違い、日本には、そうそうまわりにメタボは居ませんよね?・・・情報や本舗≫


■医師には高い知性とともに、難しい試験や実務研修をクリアするための高い学識が求められます。強固な意思と精神力も必要でしょう。

そういうかれらにして、医薬品や手術については習っても、栄養補助食品についてはほとんど教えられていないのです。
Vitrv
事実、米国にある大学の医学部で、人体の正常な生理機能をサポートする栄養補助食品のはたらきについて教えているところは、まったくといっていいほどありません。


それどころか一部では、栄養補助食品には価値はなく、むしろ危険なものだと教えられています。こんな“教育”がまかり通っていることを、あなたは不思議に思われるかもしれません。

なぜそうなのか。答えは情けないことに、お金です。
Moneybss
大学の医学部は運営予算のかなりの部分を製薬会社に依存しています。製薬会社は、自らがコントロールできないものを製造したり販売したりすることに興味はありません。かれらには糖質栄養素をはじめとする栄養補助食品に関し、知識を発展させる動機がないのです


Photo_2

ですから大多数の医師たちは糖質栄養素の何たるかを知りませんし、健康に関係する情報をおもに医師たちから得ているメディアも、そのことを知らないままです。


健康番組が好きなテレビが、糖質栄養素について積極的に報道しようとしないのも、同じ理由です。一般のメディアは医療や健康に関する情報を医師たちに頼っていますし、

169a37a4f65b2f9a40a6ea57ab76322d

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪医学部と製薬会社の結び付きが判明!≫≪本舗≫(パート①)

Baner02

Photo_4
本来自然界にあるものを身体に取り入れることで健康を維持していくといったことにブレーキが掛かっていると、「誰かがその善悪を判断する必要がある」世に”必要悪”ありクスリは必要悪!でも薬は必要!草≪草冠≫を食べて楽になる・・・・将に食育
Moneybss


米国の医科大学や医学部、および教育病院の学科長の半数以上が製薬会社と金銭的に結びついていることが判明し、米国医師会誌「JAMA」10月17日号で報告された。


この報告を行ったマサチューセッツ総合病院およびハーバード大学医学部医療政策研究所(ボストン)のEric Campbell氏は「製薬会社は医学界のあらゆる側面と結びついている。誰かがその善悪を判断する必要がある」と述べている。

Photo_5

医学界と企業の結びつきは最近話題に上っている。ある調査では、医学部の3年生では製薬会社からの贈答品、あるいは援助を受けての活動参加が平均して週1件あるという。


医療教育機関の医師が製薬会社から食事の接待や物品などを受け取ることを禁じるべきとの声も上がっているが、このような関係がどの範囲まで及んでいるのかを示す全国的なデータは存在していなかった。

20071025hjaap000_25


 今回の研究では、125の医科大学・医学部および15の大規模教育病院の学科長688人を対象に調査を実施し、459人(67%)が回答。

その結果、60%が企業と個人的な関係をもち、有給で顧問を務める(27%)、科学諮問委員会の一員である(27%)、企業の創設者である(9%)、役員ないし幹部を務める(7%)、役員会のメンバーである(11%)、有給で講演を行う(14%)などの回答がみられた。
以下本文はサイトから   http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfmPhoto_3

[2007年10月16日/HealthDay News] Copyright (c)2007 ScoutNews, LLC. All rights reserved.


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪今や”ホワイトアウト”≫≪昔は”猛吹雪”≫≪ブラックアウトもあったね≫≪情報や本舗≫

Images_37

昔は「猛吹雪」今は「ホワイトアウト」・・・中山峠の吹雪の峠越えは止めましょう 吹き溜まりに突っ込んで”死”を覚悟しました この映像どころではないのが中山峠の吹雪だ!雪が上からではなく下から降ってくるのだから

先ずは体験!「蝦夷の猛吹雪」

Images_2

【おまけ映像ホワイトアウト】その影響で起きた2月1日今日の事故

Continue reading "≪今や”ホワイトアウト”≫≪昔は”猛吹雪”≫≪ブラックアウトもあったね≫≪情報や本舗≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

【NTD・・・感動のお話】 【SUB(スポーツ多目的車)】 【お蕎麦やー手打ちそば】 【がん・ガン・癌のはなし】 【アルツハイマー・認知症】 【インフルエンザ】 【オリンピック&スポーツの祭典】 【グーグルの凄さ】 【スーパーボウル】 【チョット耳寄りな話】 【ドッキリ=フラッシュモブ】 【フェルメールの画】 【ワイン・ワイナリー】 【世界遺産】 【中村天風】 【伝説スピーチ】 【再生医療・幹細胞】 【北野たけし・ビートたけし】 【厚生労働省が健康について】 【原点回帰】 【原理原則】 【和風総本家】 【宇宙・科学・物理】 【手塚治虫の世界】 【日本の領土・・ここは日本】 【日本の領土・・古事記】 【日本むかし話】 【時の話題・はなしのネタ】 【未曾有の大震災】 【母乳・お乳】 【毘沙門天と須弥山】 【浮世絵】 【浮世絵・春画・あぶな絵】 【潰瘍性大腸炎】 【熱闘甲子園】 【真駒内】 【知って得する話】 【知られざる意外な話】 【糖鎖】 【細胞について】 【細胞の糖鎖について】 【美術館めぐり】 【脳の科学】 【自然界の神秘】 【自閉症について】 【芸能トピックス】 【著名な作家・書家・画家】 【著名な科学者たち】 【野菜ってえらい 野菜ってすごい】 【金貨のプレゼント】 【長寿の秘密】 【電子レンジでチン・・・】 【頭の体操】 【食源病とは】 サプリメントウオッチ