サプリメントウオッチ

≪サプリメントウォッチ≫≪情報や本舗≫

 

 

 

Photo_20191030050101

以下の情報ソースのすべては、日本での話ではありません!アメリカでは他社製品を自社製品と比較して似て非なることを強調することが多いのですね!ここ数年は、サプリメントばかりではなくアンチエイジング・スキンケアーへの参戦企業が増えてきていて、同様に各社製品を列記して、このように違うと・・・・(2015年再・再・再編集)

 


Photo_20190726002201
10数年前までは、「サプリメントウオッチ」という、民間機関が製品のランク付けをネット公開していました、その比較グラフも次の表の後に・・・・・・

 

 

Photo_20190726002001

 

 

ハイテクな科学のチカラを使っての、その製品内に謳われている成分が体内の血中で実際に働いているのか?⇒抗酸化値を計測する≪ORAC値≫というもので近年出回っている健康食品・機能食品カテゴリーのジュース類を計測したところ製品によっては市販のジュース≪ウェルチの100%グレープジュユース≫より、かなり劣るという計測値出ているなど、非常に残念なことである

■聞き覚えのある「スーパージュース」が「ウェルチ」より評価の低いグラフで列をなしている

 

Aorac_values_of_super_juice_product

 

 

 

この表で分かることは、世に「スーパージュース」といわれるジュース類より「ウェルチのグレープジュースを飲むことのほうが”抗酸化のためにはズーット良いと思われるチャート!【クリック!拡大】

 

Apro_01_2

 

 

 

■コチラをクリックで⇒【もっと詳細

 

 

 

10数年前まではサプリメント評価に「サプリメントウオッチ」というサイトがいくつかのカテゴリーで評価点を提供していた⇒その表がコレだ!【クリック!拡大】

 

【時の説明文】➡米国のサプリメントは、製品別に全てランキング評価されております。星の数ほどある製品群の中から無作為抽出405製品に関して調査したものです。全て英文表示ですので、読み方に訂正があるものもあります。サプリメントを選択する場合、Bランク以上のものをご推奨します。

 

※サプリメント第三者評価検証機関<サプリメントウォッチ>から2005年3月抽出調査したものです。

【スコアーに関して】
A 90点以上 Try it(飲むべき)
B 80点以上90点未満 Recommended(お勧め)
C 70点以上80点未満 Promising(効果あるかも)
D 60点以上70点未満 Hold off(すぐやめなさい)
E 60点未満 Don’t waste your money(お金の無駄)

 

 

Lifepak2_2

         【拡大してみる】⇒【画像をクリック!】

 

 

 

Photo_3

 

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

≪いまやGMPそしてNSFの時代なのですね≫

食品衛生及び食品機器の安全性に熟知していることから、NSFインターナショナルは世界保健機構(WHO)の食品衛生協力センターとして技術サポートをしています。世界標準と言う事でも NSF認証は、アメリカ規格協会(ANSI)、カナダ規格審議会(SCC)などに認定されている世界標準の認証システムなのですね

ランク付けなど何処を探しても見当たらないのだ。最新の評価の指針となることとは「GMP]であろう!栄養補助の製品がある基準に従って創られているのか?すなわち創薬の規定基準でもある"GMP”に従っているか、どうかなのである?

 

Nsf_blue

 

そしてアメリカでは、信頼の高い民間調査機関”NSFインターナショナル”というGMPに基準に基づきクリアーしている製品だけを調査して認可した製品だけを公表しているデータベース機関が製品の判断基準となっているのが現状です

 

Oracfront

 

 


              □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

                 【2008年の更新情報】

 

Images_3_3

 

【1500年頃】に「パラセルサス」という医師は”すべての人類が必要としている健康と癒しは、神によってもたらされます”

🔲 本をめくることばかりしている学者は、ついにはものを考える能力をまったく喪失する。本をめくらないときには考えない。

                           

論争に応ずる場合には、双方にとっていちばん不愉快なやり口は、立腹して黙っていることである。というのは、攻撃者側は、一般的に沈黙を軽蔑のしるしと考えるからである。

🔲 医療は人を見るものであり医学は病気を見るものだとする考え方があったが、医療も科学的側面が強くなり、「病気は治ったが患者は死んだ」という状態が問題となった

 

「治る」ということを「健康体に戻る(健康体 = 非病気の状態になる)こと」あるいは「元の状態に戻ること」のように解釈

遺伝的(体質的)な問題がからむ病気やいわゆる不治の病である場合、治癒というのは存在しないことになる

 

              Photo_20191030050301

 

 

 

 

 

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

【NTD・・・感動のお話】 【SUB(スポーツ多目的車)】 【お蕎麦やー手打ちそば】 【がん・ガン・癌のはなし】 【アルツハイマー・認知症】 【インフルエンザ】 【オリンピック&スポーツの祭典】 【グーグルの凄さ】 【スーパーボウル】 【チョット耳寄りな話】 【ドッキリ=フラッシュモブ】 【フェルメールの画】 【ワイン・ワイナリー】 【世界遺産】 【中村天風】 【伝説スピーチ】 【再生医療・幹細胞】 【北野たけし・ビートたけし】 【厚生労働省が健康について】 【原点回帰】 【原理原則】 【和風総本家】 【宇宙・科学・物理】 【手塚治虫の世界】 【日本の領土・・ここは日本】 【日本の領土・・古事記】 【日本むかし話】 【時の話題・はなしのネタ】 【未曾有の大震災】 【母乳・お乳】 【毘沙門天と須弥山】 【浮世絵】 【浮世絵・春画・あぶな絵】 【潰瘍性大腸炎】 【熱闘甲子園】 【真駒内】 【知って得する話】 【知られざる意外な話】 【糖鎖】 【細胞について】 【細胞の糖鎖について】 【美術館めぐり】 【脳の科学】 【自然界の神秘】 【自閉症について】 【芸能トピックス】 【著名な作家・書家・画家】 【著名な科学者たち】 【野菜ってえらい 野菜ってすごい】 【金貨のプレゼント】 【長寿の秘密】 【電子レンジでチン・・・】 【頭の体操】 【食源病とは】 サプリメントウオッチ