食育

≪妊娠中に魚を食べ≫≪母乳で育てると≫≪子供の知能の発育が向上!≫≪情報や本舗≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】 04      ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

 

Photo

 

デンマークで行われた母親と乳幼児に関する研究によると、母親が妊娠中に魚を多く食べ、また母乳で育てると、子供の身体及び知能の発育が良くなることが分かりました。この妊娠時期の魚の摂取の効果と、母乳の効果は、それぞれ別々に有効だったそうです。以前にも、同様の報告が米国や英国で行われていましたが、今回の研究で改めて確認されたことになります。

 

研究は、デンマークのスタテンス・セレウム(Statens Serum)研究所のエミリー・オーケン(Emily Oken)助教授らが、米国ハーバード大学と共同でおこなったもので、American Journal of Clinical Nutrition誌(Vol.,September 2008)に報告されたものです。

 

Photo_2

 

 

 

研究は、デンマーク・バース・コンホート研究に参加した、新生児を持つ母親25,446人を対象にし妊娠後の子供の発育や妊娠期中食事内容などについて、聞き取り調査しまし、子供が6ヶ月になった時点での、ハイハイや立つ・座るなどの動作、音声の聞き分やまねることが出来るかなども調べ!

 

Photo

 

更に、18ヶ月目には階段の登り降り、靴下を自分で脱げるか、カップから水を直接飲めるか、絵を描いたり出来るか、言葉などを発するか、自分で歩けるかなどを調べたそうで

 

≪その結果は妊娠時期に魚を多く摂った母親の子供は、より動きが活発で、知能の発育も良いことが明らかになったそうです≫

 

例えば、妊娠中に魚をほとんど食べなかった母親の子供では、18ヶ月目には5.7%の子供が発育度が悪いとの判定結果だったのに対し、魚を多く摂った母親の子供では3.7%で

 

Photo_3

 

 

また、魚をあまり摂らなかった人に比べて、多く摂った母親(平均1日あたり60グラム)では、6ヶ月目での発育成績が高かった子供は25%、18ヶ月目では約30%が高いスコアを得たそうです

 

 

Babysignalingfrontiernutrition

 

 

 

同様に、長期間の母乳で育てた場合でも乳幼児の発育がよく、特に18ヶ月目にその差が大きくなっていることが明らかになりました。その理由として、魚や母乳に含まれているオメガ-3脂肪酸が、そのような効果をもたらしたと考えられるそうです。

 

 

AaaaaTVコマーシャルで「あなたのサプリメント!健康ですか・・・」そうです!将にCM通りのサプリメントを探してみては?

 

 

今回の研究によると、妊娠時期に週3回以上魚を食べると、子供の発育が良くなるとされていますので、妊娠中の方は是非魚を多く摂ることを試みては如何でしょう?
Photo_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪IQの高い子どもは野菜好き≫( パート❷)≪情報や本舗≫

Photo_5■植物ってえらい!植物ってすごい!■
情報は⇒【コチラ!クリック!】

 

Baner □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

Photo_4

栄養素と言えば「三大栄養素」=糖質(炭水化物)・タンパク質・脂質ですよね!近年この三大栄養素胃が食材から十分に摂れていないことから、不足しているビタミン、ミネラルの栄養素が加えられ、その後これまた不足しているファイトケミカルと言う微量栄養素がとても重要な役割を持った「栄養素」だと言う事が判明してきたのです!

 

古くから、なぜか?知らずに食べ継がれてきた野菜・果物に含まれる「ファイトケミカル」とは

 

Mil05077s1

ファイトケミカルという言葉!この【ファイト】=植物で【ケミカル】=化学を意味していて、「ファイトケミカル」とは植物に含まれる化学成分を意味しているとのことです。

 

 

前述の5つの栄養素が体の素材を作り、生存に必要なエネルギー源を作るのに対し、ファイトケミカルは抗酸化作用、免疫系制御、解毒酵素誘導など、健康に重要な効果をもたらすことがわかってきた事からブログでも書き込みのある「植物ってえらい!植物ってすごい!」と言う絵本も出ています【詳細は本を読んでください

 

Photo

■「植物ってえらい!植物ってすごい!」この本は子供向けの本ですよね?絵本ですし、付録にはお母さん向けの”もっと知りたい方へ”と・・・・そして「トップに公開の動画の「糖鎖」の事が、この絵本にやさしく紹介されいるのですよ!【パート③】で書き込みの準備中

 

【パート①】⇒≪IQの高い子どもは野菜好き≫←クリック!の文末の”アメリカのある学園の58人の生徒が、補完糖質栄養を食べての全ての評価で大きく改善されたことは、データと共に発表されいます!

 

Image15_4

画面クリック!拡大ではっきり見れます

 

■17項目にわたって、生徒の習慣や行動を教師に観察してもらった結果を補完糖質栄素を食べる前と食べた後【6ヶ月間】の評価をグラフにしたものです

 

Image16_2

画面クリック!拡大ではっきり見れます

 

■5人の教師たちによる「把握力」「協調性」「生徒と教師の会話」「生徒同士の会話」「宿題の提出は・・」「教室内での集中力・注意力」「授業態度・学習環境」等々を、食べる前・食べた後【6ヶ月間】での、はっきりと改善の見られた点の評価のグラフ!全ての項目で大幅な改善が見られ、特に「把握力」「授業態度」では、驚きの評価です

 

 

Photo_2

こうした結果は身近でも、世界中の国々でも多く聞こえてきています【世界の声はマナリリーフと言うNPOのボランティア組織団体からの情報!】

 

 

 

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (1)

≪1000万部のベストセラー本≫≪フィット・フォー・ライフ≫≪食育の本≫≪情報や本舗≫

Baner4nxx

 

Agesburogu■2005年に「ザ・チャイナスタディ」という本がアメリカで大ベストセラーとなり、2009年12月に翻訳本といえる”葬られた「第二のマクガバン報告」”という本が出版されました⇒【コチラ                                    

 

Photo_7

1985年に初版が世に出て以来、40週連続でニューヨーク・タイムズ紙の第一位にランクされるという脅威の大記録をうち立てた本があるのをご存知でしたか?又その本は、今日までに世界で1000万部以上が刊行されたロングセラーで、欧米で1200万部を超えて販売された、出版史上に輝く「健康栄養学のバイブル」とグーグル検索でアマゾンのサイトに書かれていました!

 

そのバイブルとはハーヴィー・ダイアモンド氏の著書「フィット・フォー・ライフ」=「FIT FOR LIFE」と言う本です!実は、NHK大河ドラマ「天地人」の小説”直江兼続”を好きな作家「童門冬二」が書いているのを知って、本屋に駆け込んで検索中に、表紙と帯の言葉に興味が惹かれ手にとってみて一緒に持ち帰った訳です【万に一つの引き?はないです】

 

News1

 

なんとこの本、世界32ヵ国で翻訳され、読者たちから「世界の名著25」にも選ばれたベストセラーでナチュラル・ハイジーンの入門書としては最適であると薦められているそうです!初めて聞くカタカナ語「ナチュラル・ハイジーン」を調べてみました。

 

Ageskairo

ナチュラルハイジーン」とは民間療法ではなく、1830年代、 薬や手術を主流とする西洋医学に対し疑問を抱くアメリカの医師らによって、学問的にしっかり体系づけられた健康理論を持って、体に備わっている自然治癒力を最大限に生かすために考案した科学的な健康法だそうです!

 

7andy_06244732

【1930年代の前半にも栄養療法と自然治癒力とで結核・心臓病・腎臓病・ガンまでも治癒させていた医師がいました!マックスゲルソン博士です、1959年にゲルソン医師が亡くなった時にあのシュバイツァー博士が「彼は医学の歴史上,最も傑出した天才の1人であった」とマックスゲルソン療法を賞賛したと言うことです!】

 

≪ところで小説「直江兼続」と平行しての、ザーッと読みのため?内容は些か・・・・・≫

 

Photo_8

多くの健康関連情報の中にあって、我々は自然に即した本来の法則、すなわち「生命の法則」とも呼ぶべきルールを見失っているのでは?と・・・・先ずは、人間の食べ物を処理する能力を3つに分けた時間帯サイクルから

 

12:00~20:00 【補給】:摂取と消化

 

20:00~04:00 【同化】:吸収と利用

 

04:00~12:00 【排泄】:体内の老廃物と食物カスの排出

 

Aphoto70

三つのサイクルに分類!そして【法則】①「水分を多く含む食べ物を食べること」「人体も地球も、70%は水である」でも、「体が求めているのは、果物と野菜の水分から採るべきである」!と

 

続いて【法則】②「食事は正しく組み合わせて食べること」「組み合わせ」は「食べ合わせ」よりも広範囲を指していて、つまり「人間の体は二つ以上の凝縮食品(パン、米、肉、魚、乳製品など、果物・野菜以外の食品)を、胃の中で同時に消化するようには作られていないという事

 

Photo_21

そして【法則】③「果物を正しく食べること」「果物の生命力にはかなう、どんな食べ物もない」「果物は消化にエネルギーを使わなくて良い・・・・」えっ~ウソでしょう?というのが「食後のフルーツは腐敗の元凶」という書き込み!その理由は、たとえ消化にエネルギーを使わない果物であっても、胃の中に既に蛋白質ものがあると足止めをくってしまい、結局腐敗が始まるということらしい?正論かどうかは別にして未知なる興味のある情報でした!

 

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

Photo_3

 

【中村天風の食事法】=少糖多果の勧めでしたよね!天風先生は「果物野菜をたべろ」とすすめられます。天然の甘みは、天からの頂き物。ゆっくりと消化され、分解されて脳に補給されます。人間はもともと果食動物だったのだから、まずは野菜果物を中心とし食事を摂ることだと「野菜果物は私たちの体内に摂取できる最も重要な食べ物だ」と

 

1qnz

また米の主な成分、でん粉は胃や腸で48時間かけて吸収され一たん肝臓に蓄えられ、少しずつ必要なだけ供給されます。肝臓に貯蔵できるのは、8時間分だけです。困ったことに、飲み物で入った糖分は、都市のコンクリートに降った大雨のように洪水をおこしますが、すぐなくなります

 

518obirgril
■ 少糖多果  こんな訳で「フィットフォーライフ」も「中村天風」も少糖多果です。切れる子供を救う為にも、また子供の頭をよくしたいなら、飲みモノからの糖分は控え、野菜果物を多く摂りましょう

 

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪子供の食育≫≪大人の食育≫≪中村天風の食事法≫≪情報や本舗≫

Ab011Photo_3Ab011_2 若々しく生きるための”かわら版”≫⇒糖鎖情報や本舗

 

子どものための「食育」という講演終了後の四方山話で、「ある栄養素(いのちの鎖とも言うべき)は新生児の健康に必要で、人の母乳に豊富に含まれている!というところから、二人の科学者・医学者の研究開発から発明された、とても新しい栄養素なのですよ」と、そして「野菜・果物からの栄養摂取を・・・それは"少糖多果ですよ!」と講師のお話があって・・・

 

Photo_2中村天風翁

 

 

【少糖多果】といえば「中村天風」翁のお話を避けては通れないでしょう

 

当ブログでもカテゴリーにある「中村天風」氏の口述本【いつまでも若々しく生きる】の中に食生活は正しい菜食の実践からと書かれているし、古くは「養生訓」の著述者”貝原益軒”も八巻のうち飲食に2巻をさいて書かれている!どちらも少糖多果の奨めである!

 

Photo_2Photo_4Photo_4

 

 

          =■【中村天風の食事法】■=

 

人は本来"果食動物であるからして果物・野菜を中心とした食生活をしていれば良い、そして浄水なる水を飲み、正しい排泄をするためにお腹のマッサージをする【天風氏考案の時計回りに、食べた物の通り道をなぞるように、両の手を使っての一人マッサージ体操

 

Photo_5

 

 

 

呼吸はプラナヤマ呼吸法【天風氏が独自に考案したヨガの呼吸法!】また適度の運動【心と身体を一体にする=心身統一法のための天風式体操】そして上手な休息と睡眠を【積極精神養成法かな?】・・・・

 

■ 獣肉や魚肉などを過量に摂取していないか?

 

■ 果物や野菜を十分に食べているか?

 

■ 脂肪類を食べ過ぎていないか?

 

■ 一日の内で、せめて一度は「生の植物性の物」を食べているか?

 

■ あまりに加工変形して、みだりに味をつけた、いわゆる濃厚な贅沢料理を食べ過ぎていないか?

 

■ 極端に熱いものや冷たいもの、あるいは刺激の強いものをたくさん食べていないか?

 

■ 食事の際、十分に噛んでいるか。慌てた気ぜわしい食べ方をしていないか?

 

■ 空腹を感じて食べるようにしているか?

 

■ 食事の際、いつもニコニコと機嫌よく、命を支える糧に感謝を捧げて食べているか

 

Photoもっと詳しく⇒それは本を読みことのお薦めです・・・↓  ↓  ↓

 

≪中村天風≫【真人生の探究】≪著述本・口述本≫

 

天風氏(明治9年生まれ)が、大正8年頃から辻説法をはじめ時、時の平民宰相とも言われた「原 啓首相」との出会いから、その後護国寺の月光殿での講演と言うか講話と言うか、いずれにしても天風教義と言うものが完成を深めていく中で、こうした栄養の話もされていったのでしょうね!

 

 

Ca76657f

 

 

【護国寺の月光殿】 護国寺は1681年、5代将軍 徳川綱吉が、生母桂昌院の願いにより創建した祈願寺であり、重要文化財等がとても多いです。その護国寺・本堂の脇にある月光殿は昭和の初めにこの地に移築されてきたそうですが、哲人・中村天風氏が、40年以上も前に日本の政財界トップの人たちに説法されていたところであり、室町時代の建物【その中は99畳ほど】です。そして現在その横に天風会館があるのです

 

 

 

成功の実現
日本経営合理化協会出版局
中村 天風

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 成功の実現 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 

 

02

 

 

 

 

Button_switch_now 【冒頭の講演とは・・・】

 

 

 

 

日頃子供達の指導などで、「朝飯、食べてきたか?」「シッカリ食べているか?」・・・と"食育”の強調を唱えてやまない、ケガや故障のご自身の体験から「身体の成長」「心の成長」の悩みや迷いが少しでも軽減できる役立つ情報とでもなれば!と

 

Photo_2

 

北海道野球協議会の柳俊之理事長が、今回”正しい栄養学””新しい栄養学”を北から南と講演活動をされている「堺晶子先生」をお呼びしての、お話だったのです!

 

 

Photo_4

 

堺晶子先生は 、植物栄養学 ・栄養療法学・糖質栄養学 免疫・細胞 を学ばれた、細胞レベルでの栄養のお話を分かりやすくされる先生です!【先生ご自身のブログに今回の書き込みがあります!】

 

 

Agestennhuu

 

 

≪情報や本舗も、50年を超えてのお付き合いになりますか?今回は柳理事長とは幼き頃からの”友”ということで、今回の仕掛けに参加しての開催に!≫

 

 

 

 

 

札幌市民ホール【旧札幌市民会館】で「北海道野球協議会」の主催で”栄養講演「アスリート・サポート」・・副題”食育”と云う演題で

 

Hinamatsuri09

 

3月3日でお子さんの成長を喜ぶお祝い事「ひな祭り」の翌日!特に育ち盛りの小・中・高の野球少年はもちろんその親御さん・指導者(団体役員・監督・コーチ・トレーナー・・・)らに、怪我の無い、故障のない身体造りは、先ずは「食べる」ことから!と

 

 

 

 

 

 

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪ヤムイモの薬効成分≫≪植物栄養素の若返りの成分作用≫≪情報や本舗≫

Baner_5

 

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

Cnn200808210027

 

短距離の100M&200M、おまけに陸上の圧巻400Mリレーまでも、一等賞を世界記録で全てシメ括ったジャマイカの「ボルト選手」でしたが!この飛人の背景にはある食べ物があったと?それは今年の5月の情報や本舗でも記載していた【もっと続きを読む!】「ヤムイモ」=メキシカンヤマイモ」だったとは、驚きでしたね!驚きなのか?奇遇と言うのか?ボルト選手の100Mの世界記録「9秒69!」はすでに出ていた???参考記録【追い風&高地】ではあったのですがね。「オバデレ・トンプソン」と言う飛人で、1996年にエルパソ【テキサス州】での陸上競技会で【クロック=969】出していたのです

 

Photo_16

 

【奇跡のメキシカンヤム】メキシカンヤムイモはニューギニアのトロブリアンド島で豊富に取られていて、メキシカンヤム(日本の自然薯?とは少々違う)は若さ・健康増進・長年避妊薬、ステロイド、ホルモン剤とするために研究がなされてきました。結果、体内のホルモンバランスを取るのに非常に有効であることが判明しました。

 

Photo

 

2000年のシドニーオリンピックで銅メダリストになった「オバデレ・トンプソン」バルバドス国にはじめてメダルをもたらしたのですが、ここで私にとっては奇遇なことが?1996年に「ハーパー生化学」に8つの糖鎖が掲載されて、植物のアロエベラに含まれる、8つのうちの一つ「マンノース」が持つ薬効効果を長年に渡って研究していた二人の博士が製品化したわけですが、この研究のアロエが「バルバドス・アロエ」っだのですから奇遇?じゃないですか。

 

Photo

 

今回、ジャマイカ「ボルト選手」以下参加51人中39人が陸上の短距離アスリートなのですが!覚えています「馬軍団」1993年にドイツで開かれた世界陸上選手権で、下馬評でも浮上していなかった、馬コーチ率いる中国選手たちが世界の強豪相手1500mで金、3000mで金銀銅、10000mで金銀独占と言う快挙に、当時陸上王国のアメリカがこの中国の強さは何処からきているのか?

 

徹底調査をかけたところ「何か!中国5千年の歴史にある植物?で冬は虫、夏は草と言うキノコの種類を食しているらしい?」との調査結果で、且つ秦の始皇帝楊貴妃が長寿・延命の薬として愛飲し、現代でも滋養強壮・心肺機能を高め活力の元になると馬コーチが選手に摂らせたことで活躍ぶりが発揮されトレーニングの中に栄養補完として取り組んだ結果だったと!その名は「冬虫夏草」と言うものでアメリカは合衆国海軍の特殊部隊【ネービーシールズ】が取り入れたとの事です!
Photo_2 ←メキシカンヤムの葉っぱと実

 

【メキシカンヤムの成分】ジオスゲニンとして知られるダイオスコレアが成分で、化学的に分析すると、人体で作り出されるDHEAとほとんど同じ形状ですから、体内で自然に有効に働きます。これはファイトケミカルと同様、体内に必要なホルモンを作りだし、免疫バランスを整えるのに有効です。
*日本のヤマイモにジオスゲニンが含まれているのか?こたえは、「NO」でした!(似たような成分が含まれてはいるらしい?のですが)

 

【マザーホルモン=DHEA】身体の中で合成するための成分(ダイオスコレア)が豊富に含まれています。DHEAは、80以上の各種ホルモンの原料になる成分なので、ホルモンのバランスを保つためにこのDHEAがとても大切なのです!DHEAのレベルが高い人は歳より若く見えるということはリサーチデータで証明されてもいますし、DHEAの少ない人は乳癌や子宮癌にかかりやすいと言うデータも出ているそうです

 

Photo_3

 

【メキシカンヤムはホルモン剤ではない】ホルモン剤は科学的にできていて必ず副作用があります。そこで補完栄養素の供給会社はホルモンの前駆体=Precursorsである100%自然のダイオスコレアを取り入れた”メキシカン・ヤムイモと大豆を主成分にした製品”を開発しています!前駆体=Precursorsとは物質が体内に入り全く別の成分に変わると言う意味ですから(製品名は⇒クリック)「」がDHEAに変わると言う認識ですよね!

 

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪ ”病気にならない人は知っている”≫≪全米900万部のベストセラ ー本≫≪情報や本舗≫

02baner      ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

 

 

医学界や製薬業界、食品業界が明かさない、健康に生きるためにしてはいけないことを解説した本が全米で売れに売れて、なんと900万部以上!

 

Cazyyhe3

 

この”ベストセラー本”をアマゾン・COMの「なか見!検索」で探しましたがヒットせず、【ご紹介が簡単だったのに、残念!】

 

■ eーhonにありました!「立ち読み」・・・・なか見をチョッとだけ

 

 

昨年「食品の裏側」「病気にならない生き方」【この新谷弘実先生の本は”なか見!検索”で一部読めます】にも書かれていることが満載!【こちらの本が一年早く、出版されていた!】

 

著者のケヴィン・トルドーは、消費者保護の立場で闘う活動家として、政府機関や巨大企業の嘘をあばく急先鋒として、全米で圧倒的な支持を受けている。ここに一部ですが書き込みをしました【注:販売方法!独自の治療法など真偽のほどはご自身の判断で!紹介で書き込みした事は、私自身は納得!でしたが・・・?【上記ケヴィン・トルドーをクリックして下さい!驚きの映像とコメント】

 

Photo

 

著者は20年以上も処方薬 も市販薬も一切飲んでいないし、手術も受けていない・何百回ともなく血液その他の検査を受けてきたが医療関係者達はトルドー氏の健康レベルのその高さに驚いたようです。著者は元気に生きるためにできる点をいくつか具体的に説明している!そこで情報や本舗の「なか見!拝見」と

 

   ≪お急ぎの方は、以下目次・要旨だけ?≫
【目次】: 私はこうして自然療法と出会った; なぜ私たちは病気になるのか; 二度と病気にならないために; なぜ私たちは太るのか; 食品成分表示の本当の読み方; あなたの病気に対する「自然療法」; 国民の健康を食い物にする大企業; 病気にならないために知っておくべきこと

 

【要旨】:本来人間は120歳まで生きられる・医者と薬とファーストフードを今すぐ止めろ!・ハンバーガーをたべるな!・日焼け止めは塗るな・水道水は飲むな!・歯磨き粉は使うな!・牛乳は飲むな・電子レンジは使うな!携帯電話や電子レンジが万病を引き起こす!・風邪薬・抗生物質をのむな!・処方薬・市販薬は全て毒となる・ダイエット食品を食べるな!・野生動物には心臓発作も癌もない・浴びせかけられる電磁エネルギーの害・いびきをかく人は、一晩に300回目を覚ます・体内のPHが酸性のとき癌になる・水を飲み、どんどん歩け・大量生産された食品は、100%有害・スーパーフード(優れた食品)「リンゴ」が医者を遠ざける・カロリーが肥満・病気の原因ではない・肥満を奨励する大手食品メーカー・ダイエット食品を食べるな・自然食品はおいしく、太らない・骨粗鬆症が「完治した」友人・国民の健康を食い物にする大企業・健康産業ではなく、病気産業ひとつやめれば体調がよくなり、全部やめれば長寿になる。 ・・・・・・・・速読?ありがとうございました・・・・・・・

 

 

L2005annai

 

≪御用とお急ぎでない方は、以下?≫

 

■ほとんどの病気について、100%自然で、かつ医薬品や手術に頼らない治療法が存在する
■そのような治療法を隠すために、さまざまな組織、政府の関係機関、企業そして産業界全体が数十億ドルの金 を投じている
■あらゆる処方薬および市販薬には副作用があり、いっさい服用すべきではない【ケースによって例外あり】

 

医学の専門家に向けて書かれた本ではなく、述べられている結論や事実は私の見解で個人的意見である。医療業界は自身が健康や病気に関する唯一の正しい情報源であると主張して「信頼できる科学的根拠」「科学的に試された」「科学的に証明された」といった言い回しを使います、彼らが云っていることは理論・学説であって、しかもくるくる変るものだ!こうした「医学的事実」が数年たってくつがえされた例を著者は挙げている!以下

 

■かつて瀉血【治療の目的で、患者の静脈から血液の一部を除去すること】はほとんどの病気を治せる治療法だ と証明されていた=現在ではなんら効果もないと
■マーガリンはバターより、はるかに」健康であると=現在の研究では全く正反対である
■卵は高コレステロールでとても有害であると=現在の研究では、悪いどころか健康食品である
■あらゆるアルコールは100%不健康であり飲むべきではないとされていたが、その後医学界は赤ワインだけは 心臓にとって健康的な飲み物だが他のアルコールは良くないと発表!ところが今ではすべてのアルコールは適 度に飲む限りは健康増進に役立つ
■チョコレートや油分の多い食品は、にきびの原因になると盛んに云われていたが=現在の研究ではなんら関係 もない
■同性愛はかつて病気とされていた
■医学博士は母乳よりは粉ミルクのほうがはるかに優れていると盛んに勧めてきた=現在では全く逆のことが証 明されている
■牛乳は胃の粘膜を保護し、潰瘍を緩和するものとして勧められてきた=現在では潰瘍を悪化させるので飲まな いようにと
■医学界はかつて食生活が病気に与える医学的な影響はいっさい無い=現在では病気の原因や予防に深い影 響があるといっている
■医学界はかつて扁桃腺と盲腸を取ればより健康になるので、誰もが切除するべきだという科学的根拠を持って いたが=現在はその説を取り消している
■喘息を患う子供は、密閉された屋内のプールの空間にいると湿度で症状が軽減されるので良いとされていたの だが=現在の研究では空気中の塩素が炎症を引き起こすため、かえって喘息が悪化する
■★この手の事例で、最も”あからさま”なのはこれに尽きるのでは!病気の治療や予防に効果があり、なおか  つ人体に安全であることが科学的に証明されていることを根拠に、FDAはこれまで数千種に及ぶ医薬品に許可 を与えてきた!ところが数年経つと、当初考えられていたような効果がないとか、恐ろしい副作用があって危険 すぎることが新たに分かったとして販売を禁止する

 

Fda

 

著者は続けてこう激白する!つまり医学界が「事実」として述べていることは、およそ「事実」ではない。あくまで「今現在の見解」であり、それが往々にして誤りであることは歴史によって証明されている!これからは医学博士が医学的コメントを述べる際には「現在の研究に基づいて、以下のように思われ」とか「現在はこう考えているが、今後の研究次第では将来的に変る可能性がある」などと述べるべきであると

 

Photo_3

 

残念!で嘆かわしい!ことに、そのような医師は居ないという事です。彼らはいまだに神と同一視されているのです!健康や病気に関して信用して良いのは医学博士だけであり、その発言はすべて正しいとみなされている、しかしそれは間違いだと指摘する!

 

医師が訓練を受けていることは二つだけ、薬を処方することと手術を行うことのみだ!病気の予防や、薬と手術に依らない治療法についてのトレーニングや経験はまったくないか?あってもごくわずかだと!

 

 

Photo_2

 

補足:私の知る限り、薬を処方し≪無論!石油のない時代です≫、手術もし≪電子顕微鏡もCTもMRIも当然ながらない時代≫未病の考えを持って病気の予防をし、薬と手術に依らない治療法もしていた「医者」がいたのですね!ご存知の方も多いと思います、中国三国志に登場する”華陀”という医者です≪実在人物≫”華陀”は後世に、今で言う医学・医薬のマニュアル&レシピを残そうとしたのですが、牢役人によって燃やされてしまったのですね!もしは無いとは言え、残っていれば今の西洋医学も東洋医学も代替医療も違った形で健康増進を手に入れることが可能だったかも?】

 

 

Aaaaa_2”華陀”が登場する三国志より、もっと昔!生命の誕生の頃から人間の中に生命を育んでいる「ミトコンドリア」の解明が分かってきて、その働きに関わる栄養素が2011年にアメリカの科学者たちによって発明されたのだ・・・・ASEAという【カテゴリー」から飛び込んでください

 

Buyaseatoday1

 

 

 

 

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (1)

≪食育の認識!≫≪情報や本舗≫

Images

 

 

一般的ではないこの「食育」という言葉は明治時代から使われていたらしい?陸軍の薬剤担当だった石塚左玄という方が「体育・知育・才育は即ち”食育”なり」と始めて使った文献がある!

 

Photo

 

 

2002年に牛肉問題や産地偽装【なお現在も蔓延っている?】など食の安全を揺るがす事件によって生じた消費者の不安・不信感を”食育”を通じて取り除く目的で「食育調査会」なるものが国に設置され、翌2003年総理大臣だった小泉純一郎が施政方針演説に取り上げて”食育”という言葉が一般化したのだそうです

 

 

(それにしても懲りない面々の多いことか!ミートホープに始まり白い恋人・赤福・お福・船場吉兆と、どこ吹く風なのだろうか?)

 

 

Photo_2

 

その後2005年には法律として「食育基本法」が成立した!この法成立のため、衆議院等に参考人として出席し、また食育に関する本も書き・講演を多数行った服部幸應氏は内閣府「食育推進会議」「食育推進計画検討会」委員でもある

 

 

分り易く音声で聞ける服部幸應氏の「食育の時間」のサイト【ここを■クリック!】

 

200801158959501n

 

焼酎甲?間違い小中高と同窓の北海道野球協議会の理事で元橋戸賞投手・日本野球連盟常任理事でもある「柳俊之」君も日頃会うたびに青少年の「食育!食育!朝飯食わないとダメダメ!」といい続けているのですが、

 

 

今年1月15日付けの「スポーツ報知」にインタビューに応じてコメントしています
『 「小中学生のいい体をつくるためには食べることが大事。食育です。北海道にはいいもの(食材)がたくさんある。スーパーで外国産の安いものを買うと防腐剤、化学物質、合成物質など添加物があることが今、嫌な意味で注目されている。

 

 

自然なものを自然な形で体に必要な栄養素を取り入れていくのがいい。北海道にはその土壌がある“地産地消”に野球界も貢献できるわけです』

 

 

10534

 

 

 

四里四方を走り廻って集めた食材で作った料理が「馳走」!「ごちそうさま」の「馳走」だ!将に”地産地消で身土不二”!アメリカに世界中を廻って人間が食する良い物だけを集めた会社があります、ある「馳走」を作るために必要だったからです。その「馳走」は?・・・・・・・・・

 

 

20080220191315

 

今日の科学では、人間のからだには必須脂肪酸必須アミノ酸が欠かせないように、健康を保つためには

 

”8つの糖分”が必要であると!その8つをどのように体内に取り込む(消化・吸収)ことが出来るか?そのために食材が必須だったから世界の隅から隅まで、探し回って今時点で今時点「最高の栄養素」を世に送り出している会社があります

 

 

【今時点では?とは、なぜなら?未だ見つかっていない身体にとって良い「食材」があるかも知れないからです!】

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)