【三国志】

≪名医・医聖「華佗」≫≪曹操・関羽の主治医≫≪情報や本舗≫

4_20200618165901

彼は生前“青嚢(せいのう)の書”として遺して医術秘伝の書は、譲り受けた人の妻が持っているのは危険と判断し焼却してしまい、為に遂に華陀の“青嚢(せいのう)の書”は世に伝わらずに了ったものだと言うことである。その後直ぐ、曹操は66年の生涯を忽然と終えたのです。

もしは無いとは言え、残っていれば今の西洋医学も東洋医学も代替医療も違った形で健康増進を手に入れることが可能だったかも?】

Images_20200217075201

 

現代まで語られる伝説的名医。薬学・鍼灸を得意

 

Images-14_20200618170601

❶  陳登を診察し、胃の寄生虫を発見、2升の内服薬を投与して虫を吐かせて治癒したうえ、3年後の再発までも予言した。予言は的中したが、その時華佗はすでに他界していたため、陳登は死亡した。 李通の妻が重体になり原因すらわからなかったが、華佗が診察すると流産した胎児が残っているためと判明。

 

このとき、李通は「胎児はもう降りた」と言ったが、華佗は胎児は双子で、一人が残っていることを見抜いた。県の役人の尹正という人が、発熱、口の渇き、苛立ち、小便の不通などを訴えたときは、「熱いものを食べ、汗が出れば平癒するが、出なければ3日で泣きながら絶命する」と診断した。

Images-14_20200618165801

 

❷ 尹正は熱いものを食べたが汗は出ず、診断通りの有様で死亡した。軍の役人の李成という人が血膿を吐いたときは、腸炎と診断し、さらに18年後に軽い再発があるからと、その分も合わせて粉薬を処方した。しかし李成は5~6年後に同じ症状になった親戚にその予備の薬をあげてしまった。親類は治癒すると華佗に代わりの薬をもらいに行ったが、その時華佗が曹操に捕縛されていたため薬は手に入らなかった。李成は華佗の診断を受けてまさに18年後に再発し、死んでしまった。

❸ 劉勲の娘が7~8年にもわたり痒みを伴う腫れ物に悩まされていたが、華佗が診断すると「これは簡単に治る」と言った。華佗は赤犬を連れてきて縄をその首に巻き、馬に引っ張らせた。馬が疲れるまで引っ張り、その後は人にも引っ張らせた。華佗はその赤犬の腹を割き、娘の患部に近づけた。すると患部からうろこを持った三尺ほどの蛇のような生き物が出てきた。その後、娘は一週間ほどで治ったと言う。

 

Images-15_20200618171401

❹ 曹操に投獄・処刑される。三国志演義では曹操の頭痛をなおすため頭の外科手術を薦めた事が不信をかって殺される。その後、魏王曹操の頭痛がひどくなった時も天下の名医として呼ばれ、治療法について「無いこともありません。けれども非常に難しい手術を要します。御持病の病根は脳袋の内にあるので薬を召服がっても、所詮病には何の効も無いのです。

 

ただ一つの方法は、麻肺湯(まはいとう)を飲んで、仮死せるが如く昏々と意識も知覚も無くしておいてから、脳袋を解剖き、風涎(ふうぜん)の病根を切り除くことで御座ります。さすれば十中の八,九は、根治するやも知れません」と見立てるのです。曹操は不当の見立てをしたと華陀を投獄し殺戮してしまいました。


❺神業

曹操に殺される
頭痛もちの曹操は、それら華佗の評判を聞きつけ自らの典医とした。当時、医者を含め、政治・儒学・文学以外に携わる者は社会的に地位が低く、華佗は日ごろからこれを残念に思っていた。そして曹操の下でも自分に高い身分が与えられず医者としてしか見られないと、ついに「医書を取りにゆく」といって故郷に帰ると、籠もって戻ってこなかった。

3_20200618170501

曹操は怒って華佗を投獄、拷問して、荀彧の命乞いも聴かず殺害した。曹操には溺愛していた曹沖という息子がいたが、曹沖は華佗の死を悼んで心痛のあまり13歳という若さで夭折したという。曹操はそれに加え、これで自らの頭痛を治療できる者がいなくなったので、華佗を殺害したことをたいそう後悔した。

            

麻沸散(まふつさん)という麻酔薬を開発し、世界で始めて麻酔による外科手術を行った人物とされる。華佗(かだ、華陀

 

Unnamed_20200618172901

🔲「紫蘇」その名前の由来をご存知でしょうか?

後漢の末のある日、洛陽(らくよう)で、ある若者がカニを食べて食中毒を起こし、道端に倒れていたんだそうです。

 そこをたまたま、三国志でも有名な医者である華佗(かだ)が通りかかり、薬草を取り出しました。
その薬草を煎じて、紫色をした飲み薬を作ったんだそうです。
若者はたちどころに元気になり、以後、この話は巷に瞬く間に広がり、若者が飲んだ薬に使った薬草の事を「紫色」をした、たちまち元気に「蘇る」薬だという事で、「紫蘇」と呼ばれるようになったという事です。

 

■曹操に侍医として使えるも、曹操の元から去ったのを咎められr、

Photo_20200217075201

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

≪208年ー赤壁の戦い≫≪2008年ー北京五輪≫≪2008年ーレッドクリフ・RED CLIFF≫≪情報や本舗≫

10088027351

 

世界のスポーツの祭典(北京オリンピック)が開催された”2008年”も残すところ僅かばかりの今月!ところは、やはり中国!時は”208年”に起きた中国の歴史上に於ける有数の戦い「赤壁の戦い=レッドクリフ【RED CLIFF】」の映画が”2008年”封切されました!

 

後漢末、三国時代の208年に歴史的戦いがあって、2008年に舞台は中国!世界の戦い=北京五輪スポーツでの戦い】があって、2008年三国誌に於ける最も有名な戦場で、最大の見せ場「赤壁の戦い=RED CLIFF」!私にはこの数字に偶然とは思えない、何か因縁めいたものを感じ得たのですが?

 

E8b5a4e5a381efbc93

 

おまけにもう一つ、中国では"8=八"が発財"(金持ちになる)の"発"と"八"の発音が一緒だから縁起がいいとされています!(日本では漢字で「八」は「末広がり」を意味し幸運と)何か感じませんか

 

兎にも角にも、映画館に足を運ぶ方なら、赤壁=レッドクリフも三国志も知らずして観るも好し、知って観るもさらに好し!で、You Tubeに「3分でわかる三国志」がありました

 

Three_brothers

 

■【3分でわかる三国志】(3分) ←クリック!

 

予告編(2分) ←クリック

 

 

中味を少々公開編(4分半) ←クリック

 

 

横山光輝”の漫画「三国志」がこの歴史小説の出会いでした!”吉川栄治”の「三国誌」、”陳舜臣”の「秘本三国志」、”北方謙三”、”宮城谷昌光”の「三国志」と読み漁りましたが!

 

 

Photo

 

もっと深めて観たい方は、今から三国誌演義【演義とは説明の意】を題材に書かれた上記小説を読むには時間がありません!本屋で先日購入した雑誌のお勧めです、今までにも沢山の三国志に特集を組んで出版している■別冊宝島「三国志」 ←クリック!

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪北京五輪開会式≫≪三国志演義≫≪赤壁の戦い」≫≪情報や本舗≫

Aaaredcliffs02

 

北京オリンピックの開会式の中国四千年の歴史の中での発明を巨大な巻物を会場に広げての壮大な絵巻物語を竹管から紙の発明、筆から凸版印刷と楽しませてくれたのですが!

 

Photo_10

 

開会式後のニュースによると、会場の「鳥の巣」上空にやってくる雨雲を避けるのに科学の力を利用?雨を降らせる【鳥の巣に来る前に】装置をつけたミサイルを北京郊外の21ヶ所から高射砲にて1104発も打ち上げそうですが!【人口消雨作戦と称する】

 

Top

 

この事は「三国志の赤壁の戦い」といえば、「魏」と「呉」の戦いであるが!「蜀」の策士、そう諸葛了孔明の、ある計略=「雨乞い」の儀式ならぬ「雨止み」だったらと、頭を過ぎったのです!

 

 

Photo_7

 

赤壁の戦いでは諸葛了孔明のある計略があって実行でき、勝ち戦に繋がったのですが【詳細は本を読んでください】その計略【火責めの計&連環の計=船と船を陸地のように兵士が動けるように鎖で繋ぐ】にはこの時期滅多には吹かない「東南の風」が必要だったのですが、諸葛了孔明はなんと「鳥の巣」ならぬやぐら【七星壇】を組んでその上で儀式を行い、その風を巻き起こしたのです!

 

【明時代の書物には諸葛了が20年ごとにエネルギーを変ええるという三元九運(風水)を駆使して自然現象の科学の利用を多く使って多くの敵を少数で倒したことが記載されているそうです】

 

 

A09q75z

 

 

 

 

そう、孔明は日頃から「観天望気」(気象観測)していて、この雲が出ればもうすぐ南風が吹くとか、この時は、この場所にはたまに北西の風が近くの山にあたり「東南の風」に変化することがある事を知っていたのですね。オリンピックも赤壁の戦いも、科学の力と自然の科学に基づく力で成功したのは間違いないことでした!

 

【観天望気をマスターしたら気象予報士より凄いことかも!先人は凄いね】

 

 

Photo_9 華佗はこの時代の人物【医者=名医

 

映画の話に戻ればアクション大作を次々と監督している偉大な巨匠、呉宇森(ジョン・ウー)監督がアジア映画史上最大である8000万ドル【100億円】もの制作費を投じての映画化で、赤壁の戦いに欠かせない船は実際に何百隻の船を造らせたそうですし、三国志には、これまた欠かせない人馬一体のシーンを撮るために3年もかけて訓練をしたそうです!

 

三国志の大ファンなら必見ですね!もちろん私は大ファンですが今回の映画で、さらにファンになりましたよ!

 

世に戦の影に女人あり!は歴史が物語っていますよね、「赤壁の戦いも絶世の姉妹といわれた、妹の”小僑”【呉の総司令官”周愉”の妻】を色欲の強い”魏の曹操”が狙い定めし・・・

 

その小僑役の「リン・チーリーン」は日本語も流暢で今後日本での大活躍は違いないでしょうね!・・・2011年”チーリン”に「東南の風」が吹いたようですよ!

 

Apcafpvktm

 

 

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)