【パンデミック】

≪パンデミックではとソフトランディング≫≪WHOは宣言を!≫≪情報や本舗≫

4_20200316234601

 

新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」は中国から飛び火し、感染症「COVID-19」を世界中に広めている

「WHO」によって1月に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言された新型コロナウイルス 米国にまで感染が広がり、イタリアとイランで深刻なアウトブレイク(集団感染)が発生している。そしていま多くの公衆衛生当局の関係者が、パンデミック(世界的大流行)に発展した場合への準備を進めている

 

広範囲に拡散すればパンデミックに分類されうる イタリアでの感染が物凄い勢いで拡がりをし始めている

人類がパンデミックの試練に初めて晒されたのは14世紀の黒死病(ペスト)でしょう 当時欧州の人口のおよそ半数を死に至らしめているのです1918年の「スペインかぜ」は当時の世界人口の3割に感染し、約5,000万人が死亡した

11_03_20200316234601

 

2009年に発生した豚インフルエンザのパンデミックでは、世界人口の11〜21パーセントが感染したが、致死性ははるかに低く死亡したのは最大でもおよそ50万人だった

幸いなことに、今回のCOVID-19などの感染症に対し、ヒトは免疫を獲得できることがわかっている⇒この感染症の拡散が続いても、最初ほど大きな威力にはならないのではと言われているが果たして・・・

| | Comments (0)

≪パンデミック!対策≫≪鳥インフルエンザ≫(パート❹)≪情報や本舗≫

Aaaaa

 

 

■警戒レベルが、ついにフェーズ5!■情報は⇒【コチラ】
Banerpic2

 

Photo

 

豚インフルエンザ⇒新型インフルエンザに、1から6の警戒レベル「フェーズ4」に引き上げられて2日も経たずに「
フェーズ5」と!パンデミックの将に一歩手前なわけですよね!私には世界中の火山【新型インフルエンザ】が一斉に大爆発する【パンデミック】時に余地として想定される大地震のマグニチュードの数値と考えておくと、起きるかもしれない?し、起きないかもしれない?だから警戒レベルなのでした?

 

フジテレビの”とくダネ!”に「根路銘国昭」さんという【プロフィールは”こだわりアカデミー”に!】国立感染症研究所を経て、いまは民間研究機関「生物資源研究所所長」根路銘氏が、インフルエンザの専門家として番組に出演していました!根路銘所長は、ウィルスやインフルエンザ研究の権威だそうです!お話の内容からも現状分析・将来予測されることを、とても分かりやすくコメントされていました。

 

Photo_2

 

早速グーグル検索!いやはや、なんと凄い方でした。2004年ごろの事らしいですが?製薬メーカーの意向を受けた学者が力を持つと言われるWHOその多国籍製薬会社に敢然と立ち向かい意見を提言したそうです、その結果、アジアになかったインフルエンザセンターができたと言う経緯が!【将にサムライニッポンではないでしょうか!】

 

 

2009

 

先ほど日本で今回の新型インフルエンザに感染の疑いのあった横浜の高校生を遺伝子レベルで調べて、ソ連型と断定!調査したのが根路銘氏が在籍していた国立感染症研究所なんですから、ウイルス学では最高水準をきわめた人物というのも大納得できました

 

Photo_3

 

”とくダネ!”でも今回のインフルエンザの感染がゆっくりとしているので、ゴールデン明けにならないとハッキリとした対策【ワクチン創り?】は判明しないのでは?ただウィルスはいつ変換するか不明なところも大きく十分な注意を払わなければならないと!ゲリラと闘っているようなものだから一つ見つかったら10も出てくる状態だと!

 

Photo_8

 

この機会にパンデミック・フルーの知識を深めるために根路銘先生が分かりやすく、お話しているウェッブサイトがありました!「教授対談シリーズ=こだわりアカデミー」 ←必読!クリック

 

 

_news333「フェーズ5」:

 

≪都会に広がり始めた時(WHO規定 感染段階 フェーズ5≫

 

■人口が密集している都会で、不特定多数の人が感染する

■主要な企業が集まる都心部で感染拡大することで、会社が正常に機能しなくなる。

■都心で感染した人が、混雑する時間帯に交通機関を利用して居住地域に移動することで、交通機関内での感染が起こり、不特定多数の地域にウイルスが伝播する。

■会社や交通機関で感染した人が、自宅で家族と接触し、その家族が学校や多数の人が集まる施設で活動することで、居住地域での感染が拡大する

 

■新型インフルエンザによるパンデミック期の患者対応を勘案し、治療薬の確保のため、抗インフルエンザ薬投与の制限が厳しくなる。その他にも、感染予防物品(サージマスク・消毒液等)も不足する

 

■根路銘先生の本
Photo_4Photo_5Photo_6

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪新型肺炎の感染拡大が止まらない≫≪ アメリカの危機管理体制と日本の管理の大きな違い?≫≪情報や本舗≫

Panndemikkuni

感染者数が2万人、死者数が400人を超え、新型肺炎の感染拡大が止まらない中、11人の感染者が確認されているアメリカ(米国時間2月3日時点)でもヒトヒト感染が確実に進んでいる。


 2月2日(米国時間)、新型コロナウイルスによるアメリカでは2例目のヒトヒト感染が、カリフォルニア州サン・ベニート群で確認された。最近、武漢に旅行した男性とその妻が新型コロナウイルスに感染していることがわかったのだ。妻は武漢には行かなかったので、妻は武漢から戻ってきた夫からうつされたことになる。夫妻はともに57歳。入院してはいないが、自宅隔離している状況だ。

 

Photo_20200214185901

 アメリカでの最初のヒトヒト感染は、先週、イリノイ州シカゴで発生したが、それも夫妻間で起きたものだった。イリノイ州在住の男性が、最近、武漢を訪問した妻から新型コロナウイルスをうつされ、2人とも入院した。

 また、フィリピンでもパートナー間での感染が起きた。2月1日、フィリピンで中国国外で初めて新型肺炎による死者が出たが、亡くなった44歳の男性は、一緒に武漢を旅行した38歳の女性から感染。その女性はフィリピンで最初に感染が確認された人物だったという。ちなみに、この2人は、武漢から香港経由で、1月21日にフィリピンに入っている。

 

C4bfb1eb

ほぼ確実にパンデミックになる
 ヒトヒト感染が増え、中国国外での死者も出る中、アメリカの専門家が米紙ニューヨーク・タイムズで何とも悲観的な発言をしている。

 感染症研究の世界的権威として知られる、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所所長のアンソニー・フォーシ博士が、パンデミックという言葉に言及したのだ。

「コロナウイルスは、非常に、非常に伝染力がある。パンデミックになるのはほぼ確実だ。しかし、カタストロフィック(壊滅的)になるか? それはわからない」

Who

 ちなみに、パンデミックとは、インフルエンザのように、地球のほとんど全土に拡大する疾病のこと。WHO(世界保健機関)は疾病についてフェーズ1〜6の6つの警戒段階を設けているが、パンデミックは最も警戒しなければならないフェーズ6の段階に当たる。20世紀では、1968年の“香港インフルエンザ”、1957年の“アジアインフルエンザ”、1918年の“スペインインフルエンザ”がパンデミックとされている。2009年に流行した新型インフルエンザについては、WHOはパンデミック宣言を行ったものの実際の被害は小さかったという。

 CDC(アメリカ疾病予防管理センター)の前ディレクター、トーマス・フリーデン博士も、封じ込めの難しさに言及。

「ウイルスはいよいよ封じ込められなくなりそうだ。だから、インフルエンザや他の微生物のように感染が拡大するだろう。しかし、どこまで拡大し、どれだけの人が亡くなるかはまだわからない」

 両者の見解を合わせると、伝染力があるため、封じ込めが難しいほど感染が拡大し、パンデミックになるのはほぼ間違いないが、どの程度深刻な状況まで行くかはわからないということになる。

中国から到着する訪問者を入国拒否する国続々
 先が読めない新型肺炎に対し、アメリカは「非常事態宣言」を出し、迅速に厳格な予防策をとった。米国民に中国全土への渡航禁止を勧告し、実質的に中国から到着した訪問者を入国禁止にする措置をとったのだ。具体的には、

1. 到着前14日間の間に中国に滞在した外国人の入国を拒否。

2. 中国本土の他の地域を訪ねた米国民は指定された11の空港でスクリーニングを受け、14日間自宅観察をする。

3. 湖北省を訪ねた米国民は、入国後、潜伏期間の14日間強制隔離する。

とした。

 

 アメリカ以外でも、中国から到着する訪問者の入国を禁じる措置が次々取られ始めている。

 フィリピンは中国国外で新型肺炎による初めての死者が出たことをうけ、香港やマカオを含めて、中国から来る訪問者の入国を禁止した。

 ニュージーランドは2月3日から、中国から到着する旅行者の入国を拒否し、国に戻って来たニュージーランド国民を14日間自主隔離させる措置をとる。

 インドネシアは到着前14日間の間に中国に滞在していた訪問者の入国を禁止すると発表した。

 イラクは中国から到着するすべての外国人の入国を禁止すると発表。

 シンガポールは中国人訪問者と到着前14日間の間に中国に滞在した外国人の入国を禁止している。

 ベトナムは5月1日まで、中国、香港、マカオから来るフライトの乗り入れを禁止にした。 

 モンゴルは3月2日まで、中国との国境を閉鎖した。

 韓国では、中国からの訪問者の入国禁止を求める嘆願書への署名が進み、署名者数が54万を超えた。

 アジアの国々が次々と厳格な予防策へと移行する中、日本は「湖北省に日本到着前14日以内に滞在した外国人と、湖北省発行の中国旅券所持者の入国を、2月1日から当面禁止する」に踏み留まっている。

感染症研究の権威がパンデミックとまで言及した今、日本政府はもっと厳格な措置を講じるべきではないか。

 

Photo_20200214185801

 

(関連記事)

「日本の最低な態度にゾッとしたわ」 人種差別発言「#中国人は日本に来るな」米紙報道 【新型肺炎】 

「感染者数は何万も少なく見積もられている」前アメリカ食品医薬品局長官 新型肺炎が世界に拡大したワケ

新型肺炎「武漢だけで、2月4日までに最大35万人超が感染」英米研究チーム

「新型コロナウイルスは容易に感染する」米専門家が警告 ウイルスの宿主はフルーツコウモリか?

 

| | Comments (0)

≪情報や本舗≫≪パンデミック!対策≫≪鳥インフルエンザ≫パート2

1s8bdb

 

 

 

 

Photo

 

理化学研究所は、1917年に創設された,日本で唯一の自然科学の総合研究所です!湯川秀樹博士朝永振一郎博士らのノーベル賞受賞者のほか本来ならノーベル賞間違いなしであったろう?、世界初のビタミンであるアベリ酸(ビタミンB1)を発見した鈴木梅太郎博士!なんと残念なことか!このときの論文が「これは新しい栄養素である」という一行が訳出されなかったためだけで、世界的な注目を受けることにはならなかった!【すごい発見だったと言うのに】

 

他にも有数の多くの優秀な科学者を輩出しているのですが2003年には文部科学省所管の独立行政法人「独立行政法人理化学研究所」として今日に至っています。初代の理事長は2001年にノーベル化学賞を受賞した野依 良治博士が歴任しています

 

 

Photo_2

 

この「理化学研究所」はスケールの違いはあれ、以前書き込みのアメリカの「スクリプス研究所」と同類でしょうかね?前置きが長くなりましたが、この研究所の製作監修のビデオ⇒「理化学研究所ゲノムを超える インフルエンザウイルスと糖」今すぐクリック 現・大阪大学医学部大学院教授の「谷口直之」先生が説明してくれています!糖鎖はウィルス感染など相互作用に重要な役割を果たしていると!糖鎖の使い方によって鳥インフルエンザ・ウィルスの感染を防ぐ研究を理化学研究所は進めているとのことです!

 

 

谷口教授は2006年の1月号の「ニュートン」で「ゲノムを超える生命現象の鍵―”糖鎖”とは?で特集していて、インフルエンザウィルスの感染=インフルエンザウィルスが細胞に侵入するようすを図解しているのですが貼り付け出来ないのでせめて記事だけでも
http://manna.heteml.jp/wordpress/wp-content/uploads/2008/01/newton.pdf</a

 

 

Hp_thumb

 

ちょうどこの書き込みを更新している時にテレビ朝日の「ニュースステーション」で特番を組んで日本とアメリカの新型インフルエンザの対策が話題になっていて、書き込みの約束!田代氏も登場していましたね。さて世界保健機構(WHO)で新型インフルエンザ対策を担当するインフルエンザ協力センターのセンター長で日本を代表するインフルエンザの研究者でもある田代眞人氏のインタビュー記事
11ページと長いインタビューですが、じっくりとお読み下さい
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/interview/90/?cd=ad&M=bp&KW=065582

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪新型インフルエンザ最新情報!≫≪パンデミック!対策 ≫パート6≪情報や本舗≫

482153ai1_0_20200305161301       ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

     ■≪新型インフル第2波は11月に予想≫■

厚生労働省は新型インフルエンザの集団感染が流行期に入り、8月16日までの集団感染の報告数は、確定患者が1197人だそうです【毎日JPより】

 

Fig_flu_01パート④で投稿=ウイルス研究・ワクチン開発では国際的権威の「根路銘国昭」氏のこともフジTV「とくダネ」で知ったのですが!コチラの先生、1993年にはWHO(世界保健機関)の理不尽極まる、無謀なやり方に孤軍奮闘し、一歩も引かず、提訴して日本のウィルス研究開発に多大なる貢献者であることはこの世界では周知の事実だそうです!

 

02

Aaaaa■新型の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスは、強い毒性を持ち、もしパンデミック(大流行)が起きれば、日本だけで、最大約60万人が死亡するとの被害想定のあるなか、日本のウイルス研究の権威「根路銘国昭」氏の2013年最新ニュースはこれrだ⇒ 【夢の扉+】

02

今騒がれているインフルエンザ・ウィルス起源”鳥”も”豚”も動物!獣医学部の研究分野なんですね?根路銘先生は北海道大学の獣医学部をでられていて、現在の北海道大学大学院獣医学部教授の「喜田 宏」先生が昨日UHBテレビに新型インフルエンザ対策のゲストで出演されていて季節性インフルエンザも新型インフルエンザも一緒にワクチンを造るのがベストであると述べておられました!【5月の讀賣新聞のニュース

 

Photo

 

「喜田宏教授」は分けて造るには日本での数量に限りがあるため間に合わせる事が現実難しいとの見解!このことは「根路銘」先生もフジテレビ「とくダネ」にゲスト出演の際に

 

Ages_2

新型インフルエンザは新しいウィルスが登場した時点で以前のウィルスは消失するので【PC用語の上書き保存のような!】新種だけを今から造らないと、遅きに失する事になると喜田先生と同様な見解を述べていた筈です!

また喜田先生は、厚生労働省が不足分を輸入の方針でとの発表に「とても恥ずかしい事ですね?」と賛成出来かねるコメントを残されたいたことも事実です!このような問題提起のコメントを聴くにおよび

 

 

Agestakkuru今週「ビートたけしのTVタックル」に出演の現役のお役人「木村 盛世」=(アメリカで最も全ての点で人気度NO.1の「ジョンホプキンス大学公衆衛生大学院疫学部修士課程修了の厚労省医系技官)さんがある放送番組で「今の霞ヶ関では日本をパンデミックから守れない」と過激発言!【トーク番組でのコメント】←クリック!

 

■経済誌」ダイヤモンドのオンライン」でインフルエンザで国内初の死者が出てのコメントが読めます!
http://diamond.jp/series/tsujihiro/10081/

 

Photo_2

■新型インフルエンザワクチンの話になると「副反応」とこれまた聴き慣れない、この言葉ですが?調べてみましたら≪ワクチン投与に伴う免疫付与以外の反応も、外来物質の化学的作用ではなく免疫学的機序によって起こるものが多い。このため、ワクチン投与に伴うものは副反応と呼んで副作用と区別している。≫とウィキペディア に・・・・

 

 

■よく聴かれる「副作用」は狭義には「医薬品の使用に伴って発現した有害な事象」を、広義には「医薬品の使用に伴って生じた治療目的[1]に沿わない作用全般」を指す。

 

Aaigtrmages

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)