【インフルエンザ・ウイルス】

≪デスクトップゲーム≫≪コロナに立ち向かう≫≪無料アプリケーション≫

Kimg0069-1

「Desktop Games(デスクトップ ゲームズ)」という年数を経ても いまだ色あせないユニークなアクションゲームです 自分のデスクトップを自由自在に思い切り破壊することが出来る気分爽快になるストレス解消ゲームです

Photo_20200724055701  2001年に開発されたオフラインで楽しめるゲームです 当時パソコンを初めて購入し50の手習いで始めたといった時に親しき友人がアメリカ生まれのゲームをプレゼントしてくれた・・・添付して送れるので興味のある方はメルアド&フェイスブックのアドレスを送ってくれれば添付送信しましょう!

76060

新型コロナウイルスがなかなか終息を迎えず「テレワーク」といった新しい就業システムをとり始めている企業が増えてきている

15

16_20200723214401

当然増え続けることも予測され ここで紹介のデスクトップゲームを実体験でと家電製品や食器・デスク・椅子などなどをハンマーや鉄棒などでぶち壊すというストレス発散を思い切りしませんか 有料での事業として始めた会社も出始めたそうです 

デスクトップ上のあらゆる物(アイコン・ピクチャー・メール)を使えるアイテム(ハンマー・マシンガン・チェインソー・火炎放射器等々)で滅茶苦茶に暴れまわる 詳細はこのあと

Images-27_20200723214701

 

苦労して立案したのにボツにされた企画書、入金未納となってしまった請求書、SNSに誤って投稿してしまったマル秘写真 など デスクトップに表示しておく

Desktopgameslogo  マシンガンのアイコン・・・

このゲームのアイコン【マシンガン】をダブルクリックするとスタート画面に変わります その画面の何処でもいいです左ワンクリックするとハンマーが画面に そのハンマーで右クリックするとDuring game:1 to 9…choose tool 【道具選び】

選んだ道具でGO TO TRY【】
:left mouse button…action【ゲームの開始】
right mouse button …mene【】


1から9のアイテムが画面上に並んでいます

Desktop  

ハンマーで割る、チェーンソーで切断する、マシンガンを連射する、バーナーで燃やし尽くす、カラーペイントをぶつける、フェイザー砲を放つ、スタンプを押す、シロアリをあちこちにおいていくデスクトップをうごめくシロアリの群れをマシンガンで撃ち殺すも好し はたまたバナーで焼くも水を放射する・・・など玉石混淆です。




臨場感あふれる派手な演出音とともにデスクトップが崩壊されていきます

 

Desktopgamesscreenshot-3

アタックが激しく画面が真っ黒に焦げてしまっても、焦る必要はありません。水鉄砲で水をかければきれいになる上、ゲームを止めれば当然元に戻ります

 

【注意】Desktop GamesはインストールしてもWindowsの「すべてのプログラム」に表示されません。多少分かりづらいですが、C:\Program Files\Peter\PROGRAMにDESKTOPという実行ファイルが保存されるので、そこから起動します。

今日のストレスは明日に残さず、そしてデスクトップからも持ち出さず、この場で発散してしまいませんか

 

 

 

| | Comments (0)

≪感染列島≫≪新型コロナウイルス≫≪あな恐ろしや・恐ろしや≫≪情報や本舗≫

Images-8_20200601160901

Images_20200601161001

 

 

厚生労働省の発表⇒鳥インフルエンザA(H5N1)について. 2003 年以降、 東南アジアを中心に、中東・アフリカの一部地域などで報告されています。人が感染した場合には、重篤な症状となることが多く、多くの患者が直接的又は間接的に家きん等との接触があったことが報告され ...

1s8bdb_2_20200518194801

Images-7_20200601160901

   【根路銘国昭】

インフルエンザウイルスを一度にたくさん吸い込むと免疫機能が追いつかなくなり上気道の細胞の中で増殖してしまうと発病

Photo_20200518195101

Niaidrml

新型コロナウイルスは変異を重ね、攻撃性の弱い型が増えている?(写真:NIAID-RML)

Photo_20200518195601

天敵≪キイロスズメバチ≫に寄って集って羽を高速で動かし温度を上げて殺傷させるという⇒まるで免疫細胞がウイルスを攻撃するという絵図とそっくりである

 

 

 

 

| | Comments (0)

≪人工呼吸器の不足≫≪ニューヨーク州知事の緊急発言≫≪今一番急がれる急務≫≪情報や本舗≫

Photo_20200330150101

新型コロナウイルスの感染が、ニューヨークを中心に感染者が急増し、人工呼吸器が不足する深刻な事態となっています。


とりわけニューヨーク市とその周辺で感染が拡大していて、ニューヨーク州のクオモ知事は記者会見で「これまで、このような数の人工呼吸器が必要になった事態はない」 「人工呼吸器!人工呼吸器!人工呼吸器!」と連呼していることが緊迫した状況が伝わります

Photo_2_20200330150201

 

ニューヨーク州内の医療機関には、およそ4000台の人工呼吸器があるとされていますが、このペースで重症の患者が増えれば、最大4万台が必要になるということです


物理学者はCOVID-19患者のための新しい簡略化された人工呼吸器を発表します(2020年3月27日))

 

Cartlidgeventilator635x384

新しい人工呼吸器の設計は、米国のプリンストン大学の物理学者であるCristiano Galbiatiと、現在ミラノに監禁されているGran Sassoの研究室が主導しています


またマサチューセッツ工科大学では、学生らが、応急的な措置として比較的単純な構造で動く人工呼吸器を設計して、FDA=食品医薬品局に緊急で承認するよう求めるとともに、インターネットに設計図を公開して誰でも作れるようにするなど、人工呼吸器の確保に向けた取り組みが続いています。

 

 

| | Comments (0)

≪パンデミック!対策≫≪鳥インフルエンザ≫(パート❹)≪情報や本舗≫

Aaaaa

 

 

■警戒レベルが、ついにフェーズ5!■情報は⇒【コチラ】
Banerpic2

 

Photo

 

豚インフルエンザ⇒新型インフルエンザに、1から6の警戒レベル「フェーズ4」に引き上げられて2日も経たずに「
フェーズ5」と!パンデミックの将に一歩手前なわけですよね!私には世界中の火山【新型インフルエンザ】が一斉に大爆発する【パンデミック】時に余地として想定される大地震のマグニチュードの数値と考えておくと、起きるかもしれない?し、起きないかもしれない?だから警戒レベルなのでした?

 

フジテレビの”とくダネ!”に「根路銘国昭」さんという【プロフィールは”こだわりアカデミー”に!】国立感染症研究所を経て、いまは民間研究機関「生物資源研究所所長」根路銘氏が、インフルエンザの専門家として番組に出演していました!根路銘所長は、ウィルスやインフルエンザ研究の権威だそうです!お話の内容からも現状分析・将来予測されることを、とても分かりやすくコメントされていました。

 

Photo_2

 

早速グーグル検索!いやはや、なんと凄い方でした。2004年ごろの事らしいですが?製薬メーカーの意向を受けた学者が力を持つと言われるWHOその多国籍製薬会社に敢然と立ち向かい意見を提言したそうです、その結果、アジアになかったインフルエンザセンターができたと言う経緯が!【将にサムライニッポンではないでしょうか!】

 

 

2009

 

先ほど日本で今回の新型インフルエンザに感染の疑いのあった横浜の高校生を遺伝子レベルで調べて、ソ連型と断定!調査したのが根路銘氏が在籍していた国立感染症研究所なんですから、ウイルス学では最高水準をきわめた人物というのも大納得できました

 

Photo_3

 

”とくダネ!”でも今回のインフルエンザの感染がゆっくりとしているので、ゴールデン明けにならないとハッキリとした対策【ワクチン創り?】は判明しないのでは?ただウィルスはいつ変換するか不明なところも大きく十分な注意を払わなければならないと!ゲリラと闘っているようなものだから一つ見つかったら10も出てくる状態だと!

 

Photo_8

 

この機会にパンデミック・フルーの知識を深めるために根路銘先生が分かりやすく、お話しているウェッブサイトがありました!「教授対談シリーズ=こだわりアカデミー」 ←必読!クリック

 

 

_news333「フェーズ5」:

 

≪都会に広がり始めた時(WHO規定 感染段階 フェーズ5≫

 

■人口が密集している都会で、不特定多数の人が感染する

■主要な企業が集まる都心部で感染拡大することで、会社が正常に機能しなくなる。

■都心で感染した人が、混雑する時間帯に交通機関を利用して居住地域に移動することで、交通機関内での感染が起こり、不特定多数の地域にウイルスが伝播する。

■会社や交通機関で感染した人が、自宅で家族と接触し、その家族が学校や多数の人が集まる施設で活動することで、居住地域での感染が拡大する

 

■新型インフルエンザによるパンデミック期の患者対応を勘案し、治療薬の確保のため、抗インフルエンザ薬投与の制限が厳しくなる。その他にも、感染予防物品(サージマスク・消毒液等)も不足する

 

■根路銘先生の本
Photo_4Photo_5Photo_6

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【再掲】ー≪2008年11月「パンデミック」警戒レベルに一歩手前の”フェーズ❺”≪情報や本舗≫

 



■警戒レベルが、ついにフェーズ5!■情報は⇒【コチラ】
Banerpic2

 

                                                                   


Photo

豚インフルエンザ⇒新型インフルエンザに、1から6の警戒レベル「フェーズ4」に引き上げられて2日も経たずに「
フェーズ5」と!パンデミックの将に一歩手前なわけですよね!私には世界中の火山【新型インフルエンザ】が一斉に大爆発する【パンデミック】時に余地として想定される大地震のマグニチュードの数値と考えておくと、起きるかもしれない?し、起きないかもしれない?だから警戒レベルなのでした?

フジテレビの”とくダネ!”に「根路銘国昭」さんという【プロフィールは”こだわりアカデミー”に!】国立感染症研究所を経て、いまは民間研究機関「生物資源研究所所長」根路銘氏が、インフルエンザの専門家として番組に出演していました!根路銘所長は、ウィルスやインフルエンザ研究の権威だそうです!お話の内容からも現状分析・将来予測されることを、とても分かりやすくコメントされていました。

Photo_2

早速グーグル検索!いやはや、なんと凄い方でした。2004年ごろの事らしいですが?製薬メーカーの意向を受けた学者が力を持つと言われるWHOその多国籍製
薬会社に敢然と立ち向かい意見を提言したそうです、その結果、アジアになかったインフルエンザセンターができたと言う経緯が!【将にサムライニッポンではないでしょうか!】


2009

先ほど日本で今回の新型インフルエンザに感染の疑いのあった横浜の高校生を遺伝子レベルで調べて、ソ連型と断定!調査したのが根路銘氏が在籍していた国立感染症研究所なんですから、ウイルス学では最高水準をきわめた人物というのも大納得できました

Photo_3

”とくダネ!”でも今回のインフルエンザの感染がゆっくりとしているので、ゴールデン明けにならないとハッキリとした対策【ワクチン創り?】は判明しないのでは?ただウィルスはいつ変換するか不明なところも大きく十分な注意を払わなければならないと!ゲリラと闘っているようなものだから一つ見つかったら10も出てくる状態だと!

Photo_8

この機会にパンデミック・フルーの知識を深めるために根路銘先生が分かりやすく、お話しているウェッブサイトがありました!「教授対談シリーズ=こだわりアカデミー」 ←必読!クリック

 

_news333「フェーズ5」:

≪都会に広がり始めた時(WHO規定 感染段階 フェーズ5≫

■人口が密集している都会で、不特定多数の人が感染する

■主要な企業が集まる都心部で感染拡大することで、会社が正常に機能しなくなる。

■都心で感染した人が、混雑する時間帯に交通機関を利用して居住地域に移動することで、交通機関内での感染が起こり、不特定多数の地域にウイルスが伝播する。

■会社や交通機関で感染した人が、自宅で家族と接触し、その家族が学校や多数の人が集まる施設で活動することで、居住地域での感染が拡大する

■新型インフルエンザによるパンデミック期の患者対応を勘案し、治療薬の確保のため、抗インフルエンザ薬投与の制限が厳しくなる。その他にも、感染予防物品(サージマスク・消毒液等)も不足する

■根路銘先生の本


| | Comments (0)

【再掲】―≪2005年11月インフルエンザ治療薬「タミフル」≫≪情報や本舗≫

64369444_10219581565909575_3064099986170

Photo【2011年】インフルエンザ治療薬「タミフル」は、服用した小児患者の8%で、この薬が効かなくなる耐性ウイルスが見つかり、同じインフルエンザ治療薬「リレンザ」よりも耐性があらわれやすいことが分かった!

Photo_20200327185201

と記事があったのだが8%以外の小児には有効性があるのだろうか?中部大学の鈴木教授の講演で「インフルエンザウイルスは、他の多くの感染症と同じように、細胞表面の糖鎖を認識して感染する。その詳細と、タミフル等の薬が効く機構(これも細胞表面の糖鎖に関わる)について述べる・・・・・」

 

Photo_2

Logo34■【実はインフルエンザ治療薬のターゲットは糖鎖である】理研ニュース(2010年11月号)

 

Photo

 

・2003年初頭のインフルエンザ流行時に、タミフルの供給不足が、社会問題化された。しかし、世界で生産されるタミフルの60~70%を、日本で使用していたと言う。欧米でのインフルエンザ治療は、依然として、安静、水分補給、解熱薬の投与とされている。

 

・タミフルを使用すると、早期に解熱するが、低年齢の幼児では、解熱後も、数日間は、上気道からウイルスが、排泄され続いている。従って、成人や学童では、解熱後2~3日間、乳幼児では、解熱後3~4日間、隔離して、静養することが必要。

 

Photo_2

 

 ・インフルエンザは、老人や基礎疾患などで、体力(免疫力)が低下していなければ、自然治癒することが多い病気なので、インフルエンザに罹った人の総てが、オセルタミビル(タミフル)を服用する必要はない。むしろ、適切に使用しなければ、耐性ウイルスの問題が生じる。

 

712074b41b72d02b52af7757c6212381

 

インフルエンザに罹った人の総てが、オセルタミビル(タミフル)を服用することは、医療コスト上からも、好ましくない。添付文書にも、「治療に用いる場合には、抗ウイルス薬の投与がA型又はB型インフルエンザウイルス感染症の全ての患者に対しては必須ではないことを踏まえ、患者の状態を十分観察した上で、本剤の使用の必要性を慎重に検討すること。」と、明記されている。

 

 ・タミフルの臨床効果(解熱効果)は、B型インフルエンザウイルスに対しては、A型インフルエンザウイルスに比して、劣っている。 ・タミフルは、鳥インフルエンザにも、有効とされる。

 

| | Comments (0)

【再掲】ー ≪2005年11月ウイルスがどう侵入して!どう増殖して!どう出ていくのか!≫

Photo_20200327185201

 

図解でウイルス表面につくHA(ヘルグルチニン)というものが細胞の表面につく「糖鎖」を認識≪会話をするらしい?)して結合して細胞内に入るらしい、そして細胞内で増殖して細胞表面にある「糖鎖」が新たなHAと結合、外に出にくくなるため、NA(ノイラミニダーゼ)というものが「糖鎖」を切断するらしい!

 

Fig_flu_01

 

ひょっとすると1918年のスペイン風邪の再来以上の蔓延を引き起こすかもしれない「鳥インフルエンザ」の治療薬と言われている「タミフル」はインフルエンザウィルスのNAの働きを抑え感染した細胞からウィルスが外に出るのを防ぐ薬だと言う事らしい(クライアントの体内でウィルスの感染が広がらないようにする効果がある)

 

H5n1

 

そう云えば「鳥インフルエンザ」―H5N1と読んでいますよね、これはどうも(HはHAでNはNA)の頭文字をとっているのでしょうか?このHやNは、ウイルス表面にある突起物の略称だそうです

 

Hは15種類、Nは9種類、1918年のスペイン風邪のウィルスを検索!「H1N1」と記述がありました!そしてがんの転移、精子が卵子に出会う受精、脳を正常に維持する、炎症を抑える、そして免疫細胞である白血球の働きなど、ゲノムを越えると言われる生命現象の鍵・・・・

| | Comments (0)

≪ウイルスは生物では無い!≫≪ウイルスのその正体とは?≫≪情報や本舗≫

Images-2_20200306050301

【ウイルスは 生物では無いのです】なぜなら⇒ 生物は すべての遺伝情報を持っていて 成長・増殖することができますが ウィルスには細胞はなく DNAとそれを包むタンパク質の殻だけでできていて 自らエネルギーをつくる機能はなく

部分的な遺伝情報しか持たないので 宿主細胞に寄生して増殖するという 生物学の世界では ウィルスを生物と見なさないむきもあるとのことです!

 

現代の医学では ウイルスが入り込んでいる人間の細胞も一緒に壊してしまう恐れがあるので ウイルスだけを殺すことはできないらしい そこで、ウイルスに対抗するために考え出されたのが、「ワクチン」です

                  

1798年、イギリスの医師ジェンナーによって「天然痘ワクチン」がつくられました ジェンナーは 天然痘に似た病気であった「牛痘」にかかった人は天然痘にはかからないことに目をつけました。

ワクチンは、ウイルスから人体に害となる毒を取り除いたもの あるいは弱めたもので それを体内に入れることで免疫をつくり ウイルスに負けない体にする働きがうまれるのです

Coronavirus_20200306050301

ところが新に現れるウイルスに対し すぐにワクチンをつくることは出来ないため ウイルスが出現した場合 感染症の流行に間に合わないということなんですね

| | Comments (0)

≪新型コロナウイルスはインフルエンザと何が違うのか?≫≪情報や本舗≫

2002170302

新型コロナウイルスはインフルエンザと何が違うのか?生物資源研究所・根路銘国昭所長は「感染力の違いは、インフルエンザが圧倒的に強いですね。コロナウイルスの100倍くらい強いです。インフルエンザは横綱、コロナウイルスは幕下、弱いですよ」

Images-1_20200302075101

インフルエンザの方が感染力は強く強く新型コロナウイルスではその100分の1程度。高熱が出るインフルエンザに対して新型コロナウイルス普通の風邪のような症状が長く続くといいます。主な感染の経路はせきやくしゃみによる飛沫感染やウイルスが付着したものに触れる接触感染がほとんどだとも言います

2002170303
根路銘所長、正しく知ってきちんと対策することが重要だと⇒「年齢が高年齢、60歳以上の人が感染して、慢性疾患を持った人が重症化しやすい。普通の健康な人は重症化しにくい軽い風邪症状で終わる」

感染力が強く子どもから高齢者までかかってしまうインフルエンザに対して新型コロナに感染して重症化するケースは免疫力が弱っている人や慢性的な疾患を持つ人など限定的だと言います

■根路銘国昭氏■

2_20200302075201

沖縄県国頭郡本部町出身の獣医ウイルス学者。獣医学博士。現在、生物資源利用研究所の代表取締役。スペインかぜのルーツを解明するなど、インフルエンザウイルス研究及びワクチン開発の第一人者 根路銘先生はWHOの要請でベトナムに入り、SARSを封じ込めた要因を掴んだ人です。

Coronavirus_20200302072401

 

| | Comments (0)

≪アビガンとは≫≪インフルエンザ・ウイルス≫≪情報や本舗≫

3418b8e9ce374a98907915471c043d78

インフルエンザ等(新型コロナウイルスも含む)のウイルスは、感染した細胞内で遺伝子を複製し、増殖・放出することで他の細胞に感染を拡大するようです タミフル等のインフルエンザ薬はウイルスを細胞内に閉じ込め放出を防ぐ薬です

Coronavirus_20200302072401

 

「アビガン」はウイルスが入った細胞内で遺伝子の複製を阻害することで増殖を防ぐというメカニズムのようです 富山大学教授と富士フイルム富山化学株式会社の共同開発で2014年に公表された製品です。富士フイルム富山化学のニュースリリース

30ddbd7015554466aaccaeba5d4c76b5

                (北日本新聞より) 

【要注意】 「アビガン」はタミフル等より治療効果が高く、薬剤耐性が生じないため期待が大きい薬ですが、動物実験の結果、胎児に副作用(奇形)が出る恐れがあるため、妊婦には使用はできないようです。

Aaaaimg_05

侵入後 突起(糖鎖)を破壊して封じ込めて仕舞うことで感染できないように・・・あくまでも個人見解

| | Comments (0)

より以前の記事一覧