【ワイン・ワイナリー】

≪ワイン特区という言葉だけに要注意!≫≪簡単にはいきませんよと先人が申します≫≪ただし夢は追い求めてくださいね≫≪Tenboss mor≫

29

「ワイン特区」という制度があると言ってもそうそう簡単にお考えにならないようにと老婆心ながらのご注進です 確かに余市町でもその適用を受けられます しかし本当にワイン作りをしたい人は決して近付いてはいけない制度ですと「落希一朗」は次のよう書き足していましたよ

 

🔴 何故といって、年間2000リットル製造で免許されるのですよ。720ml入りのビンで2,800本。1本2,000円で直か売りしたとして、560万円。まともなワインを作るには醸造所、醸造設備だけで数千万円から1億、規模によっては2億円かかります。


いわゆる「ワイン特区免許」での2kl=2700本規模は丸きりナンセンス。何故といって、出来上がったワインを1本2000円で売ったところで総売上げは年間540万円で、粗利益は更にその1/3~1/4。ぶどう畑、醸造棟、醸造施設、試飲販売コーナー等々初期投資の総額は超ミニ・ワイナリーでも数千万するでしょうから、中長期の事業計画が立てられません。しかも雇用には全く寄与しません。将来1本2~3万円の高級ワイン作りを狙うのならば、初期投資も数億円以上に膨らみますから、更に理屈が合わなくなるのです。

Ac2816cb326a8e59cef82e8bdb7ea835ce04e6b3

🔴【酒造免許の申請に必要なものは、実は国税庁のホームページに掲載されています。

 

世界中にワイナリーが20~30万軒あるとして、1軒が平均4~5種類のワインを毎年リリースするとしたら、理論的に言って、今現在味わうことの出来るワインは直近の数年分プラス古酒でゆうに500万種類はあることでしょう。そんなワインに順番を付ける行為がどれ程愚かかすぐ分りますね。誰が評価するのか。何の為に評価するのか。オリンピックのように数値比較出来る訳じゃないし、球技のように直接対決する訳でもありません。詰まらないことです

Images-3_20230207131201 割に合う言うに今一度検討しましょう

🔴 先人に伺うのが最良の手立てではと思いますがね・・・!

| | | Comments (0)

≪余市にワイナリーが多く存在するのは≫≪ワイン特区というレールが国によって敷かれたことに起因している≫≪Tenboss mor≫

Images-39_20230127131201

 

2011年の調査によると、北海道でのワイン用ぶどうの栽培面積は407ha(ヘクタール)。余市町の栽培面積は約130haで約3割に相当します。また、生産量においては北海道の総生産量1,929t(トン)に対し、余市町はその約半分以上もの生産量を誇っています。

Images-38_20230127131101

 

ワイン造りへ

栽培だけにとどまらず、ワインの醸造を手がけたいという声も高まりましたが、ワイン醸造には酒税法の許可が必要であり、最低製造数量基準として年間6,000リットル(ボトル約8,000本)を超える生産が必要など、新規参入者への高いハードルとなっていました。

そこで余市町では、ワイン醸造を希望する生産者が参入しやすくなるよう、国の構造改革特別区域法を活用し、2011年11月に道内で初のワイン特区となる「北のフルーツ王国よいちワイン特区」の認定を受けました

9_20230127132301

 

このワイン特区認定により、町の特産品を原料に製造するワインやその他の果実酒・リキュールについて、最低製造数量基準が年間2,000リットル(ボトル約2,700本)に緩和されるなど、新規参入が比較的容易となりました。

 

23

| | | Comments (0)

≪オチガビの特別室での試飲≫≪あのオパス1の特別室での試飲≫≪Tenboss mori≫

81fcbaa8s

 

OcciGabiワイナリーでは、試飲カウンターの他に庭でもワインの試飲をすることが可能です。試飲カウンターではお好きなワインを3種類で540円、庭ではおすすめワイン4種類とおつまみのセットで1620円です。お庭で草木に囲まれての試飲は最高のひと時を過ごすことができます。

Photo_20221230084702

【オチガビの地下特別室・・・プロジェクターを大画面に投影し落希一郎が自ら熱弁をふるう  また時にはこちらで数人に説明付きの試飲を楽しんでもらうようである  ワインに関わる多目的ルームとでも言ったらいいのかな?】

Photo_20221230084601

ここからはカリフォルニアのナパ一番の人気ワイナリ^「オパス1」の地下での試飲の様子

Photo_20221230084801

コチラはオチガビ同様に特別試飲のルームなのであろうガラス張りの向こうにはワイン樽がところ狭しと並んでいて それを眺めながらの試飲は これまた痛快な事であろう

O1000066714052390651

O1000066714052391425

O0480032014051759054

O1000066714052391439

 

| | | Comments (0)

≪農林水産省のHPに紹介記事≫≪≫≪≫≪Tenboss mori≫

15_20230122235101

特集1 大きく広がれ!6次産業化(3)

人が集まるぶどう産地を目指して 地ワインを製造・販売

日本有数のワイン用ぶどう産地に、ワイナリーを建設
100%地元産ワインを武器に、レストランも併設して地域を丸ごと活気づけようと奮闘中!

株式会社OcciGabi Winery(北海道余市(よいち)郡余市町)

13_20230122234601

日本海に面した余市町は、道内一のぶどうの産地です。そんなぶどう畑が広がる山あいの地に、今秋、佐沢雅美さんと落 希一郎さんが経営する、(株)OcciGabi Winery(オチガビワイナリー)が誕生しました。「日本一のワインぶどうの産地に、美しいワイナリーを作りたい」と、余市町産のぶどうでワイン造りを始めた二人。というのも、町内で収穫されたぶどうの多くが、大手ワインメーカーや他地域のワイナリーに出荷され、地元ではワイン造りが盛んではないからでした。

14_20230122234501

【注釈】6次産業とは一体化の掛け算のようである

「余市のぶどう畑は美しい。ここなら、ワインを町の産業にできるのではと思い、残りの人生を賭けようと決めました」と話す落さんは、西ドイツ国立ワイン学校卒業後、北海道や長野県でワイン造りに携わってきました。平成4年には、新潟県巻町 (まきまち)(現新潟市)にワイナリー「カーブドッチ」を設立。ぶどう畑や醸造施設、レストラン、ホテルなどを整備し、6次産業のモデルを創り上げた経験の持ち主。こうした実績も評価されて、オチガビワイナリーの事業は、「北洋6次産業化応援ファンド」の出資第1号となりました

 

| | | Comments (0)

≪まるでナパのよう≫≪カリフォルニアからの来訪者≫≪Tenboss mori≫

323106402_874347000374787_58875959664068

カリフォルニアからオチガビを訪れたお二人の女性が「まるでナパにいるみたいね!」とテーブルに挨拶を兼ね近づくと こう言ったそうです 建屋(レストラン)にこだわりを持ったワイナリーが希少なことゆえ 下調べをしてきたワイン好きで旨いもの好きの女性二人には 他国なのに我が家のもてなしを感じ入ったのでしょうよ 
これで畑のブドウが斜めに支えられて至ら・・・左に余市岳があり景観が野かも

| | | Comments (0)

≪余市・オチガビ≫≪北国だからの垣根栽培≫≪Tenboss mori≫

 

67821001_2557381454313103_20347561367578

7186b21327e6427d881b13616d5ce5e1

74c7e1fe278044f1835fabaecadf04b5

298249757acb4d68a7a5e6967a566543

875cad99376b4f97ae10605aa8b7f9b0

211081003_2974108999489456_6117238869044

98363661_2647519568815069_80359628253293

99140440_2647519685481724_41125064294520

283312290_3244710099096010_4639547609891

279975057_3232698060297214_5314480281554

| | | Comments (0)

≪ナパバレー視察・ツアー≫≪Tenboss mori≫

12019878_1676450919255277_23075753101605

1_20220506082901

185692

11081189_1615357345364635_46509343387898

12039205_1675647506002285_11277118878770

Product_detail_mondavi_7

Images-18_20220503224001

10994158_1617025745197795_27000066357071

F0233068_17044022_20220503223901

Tree_vineyards

12042650_1676451019255267_84816508695081

P5023692768x576

Photo_20220506082901

 

 

 

 

 

| | | Comments (0)

≪ナパバレートレイン≫≪車内でのランチ&ディナー≫≪Tenboss Mori≫

Photo_20220414174201

Images_20220414173901

Images-12_20220414174201

Napa4627215_1920

3_20220414174701

こちら ナパバレートレインの食堂車内

31898746_2087851938115171_37133852504626

こちら オチガビレストラン・・・如何かな!‥似ています

55829061_1204433736387574_67602021593854

Images-19_20220414174201

Images-10_20220414174601

43418tzyeq4pkszcraub6gdze_lrg

展望車両(ランチ/ディナー):大人1人$221(約24,090円)から
グルメ車両(ランチ/ディナー):大人1人$146(約15,914円)から
シルバラード車両:注文した料理の金額+乗車料金

Napawinetrainmenu1768x1023

Images-2_20220414182801

出発前の試飲ワインでほんのり気分で出かけましょう

Napawinetrainfood1768x432

お口に合う ワインに合う 本格料理の下(舌)ごしらえを

Napa_valley_wine_train_napa_valley_calif

軽め軽めの実にランチ!

Photo_20220414183801

2_20220414183901

2杯目以降は豊富なワインリストからボトルワインやグラスワインから

Photo_20220414185301

本日のスープ(ランチ)

Photo_20220414190503

ディナーの本日のスープ

Photo_20220414185003 

 

焼きホタテ

Photo_20220414185201

ヤム芋のラビリオ仕立て

Photo_20220414185701

赤🍎りんごと青🍏りんごのエンダイブサラダ(苦いのがお好きな方に)

Photo_20220414190201

ローストビーフテンダーロイン

Photo_20220414190501

 

Photo_20220414190202

鮮魚のグリル

Photo_20220414190503

Images_20220414191301

 

 

Napawinetrainmap1768x1024

さてさてお帰りの社内レストランでのお楽しみは・

Napawinetrainmenu5768x1024

右下のデザート・メニューです

F0233068_17120986

ストローベリー・タルト チョコレート・アーモンド・トルテ ココナッツ・パンナコッタ

Photo_20220414185002

チョコレート・ポットパイ

Photo_20220414185001

チーズケーキ

F0233068_17120986

| | | Comments (0)

≪情報や本舗≫≪ワインのコルクをボトルに落としてしまいました≫

222

ワインのコルクをついウッカリとボトルの中に さてさて外にに出すにはある裏技がありました? 4択問題です ナショナルジオグラフィックが公開ビデオでその方法をクイズで・・・

❶ 一つ目は「金串」を使ってMETAL SKEWER
❷ 二つ目はワイン保存用のポンプWINE PUNP
❹ コルク抜き PLASTIC BAG
❸ 三つめはビニール袋(コンビニの))CORKSCREW

 

Photo_20210825083101  https://bit.ly/2UPO1vy

 

こんな方法もありましたよ

  1. 【1】ビニール紐を40cmから60cmほど切り取ります。 【2】それを輪っかにし固結びします。 固結びとは逆の部分の紐を細かく裂いていきます。 ...
  2. 【4】紐をゆっくり引き抜いたら取り出し完了です。

| | | Comments (0)

≪情報や本舗≫≪ブルゴーニュワインの現地情報≫

 

2019年12月7日ブルゴーニュワインの現地情報とワイン生産者から伝えたいこと と作成

そのカバー写真がワイナリ生産者の土にまみれた手で始まります


ワイン全般① 28/12/2019 給料について
ブルゴーニュのワイナリーの給料
ワインは好きです でもワインを造る過程の畑作業や醸造作業は楽しいとは思いません。仕事ですから 好きな事と苦悩は両立します まるで男女の恋愛のように。

自分のワインならまだしも、会社のワイン、またブルゴーニュの普通の従業員の給料なんて、手取りで1600€ぐらいが平均かなと。私の給料は5年以上働いても1400€以下です。勿論ボーナスや13ヶ月目の給料などもありますが、それでも年収200万ちょっと 10年以上勤務していた醸造長レベルで2300€だったのを覚えています。年収370万ぐらいです。

私が就職できているのは、私が安いからです。別に人よりも優れた能力があるとは思いません。ですが、この給料とこのストレス、フランス人の下で働くのにも限界があります。ブルゴーニュで本当に正社員として、日本人のツテや日本人の同僚なしで働いている日本人は、私は私以外でお会いしたことがないです。他人が共感できない苦悩、、とても辛かったです。


できるかわからないのですが、もうそろそろ自分のために、自分のワインを造っても良い時期かなと。ドロップアウトしなければ、どんなに辛いことがあってもできるはず。

 

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧