【中村天風のすすめの食】

≪食育の認識!≫≪情報や本舗≫

Images

 

 

一般的ではないこの「食育」という言葉は明治時代から使われていたらしい?陸軍の薬剤担当だった石塚左玄という方が「体育・知育・才育は即ち”食育”なり」と始めて使った文献がある!

 

Photo

 

 

2002年に牛肉問題や産地偽装【なお現在も蔓延っている?】など食の安全を揺るがす事件によって生じた消費者の不安・不信感を”食育”を通じて取り除く目的で「食育調査会」なるものが国に設置され、翌2003年総理大臣だった小泉純一郎が施政方針演説に取り上げて”食育”という言葉が一般化したのだそうです

 

 

(それにしても懲りない面々の多いことか!ミートホープに始まり白い恋人・赤福・お福・船場吉兆と、どこ吹く風なのだろうか?)

 

 

Photo_2

 

その後2005年には法律として「食育基本法」が成立した!この法成立のため、衆議院等に参考人として出席し、また食育に関する本も書き・講演を多数行った服部幸應氏は内閣府「食育推進会議」「食育推進計画検討会」委員でもある

 

 

分り易く音声で聞ける服部幸應氏の「食育の時間」のサイト【ここを■クリック!】

 

200801158959501n

 

焼酎甲?間違い小中高と同窓の北海道野球協議会の理事で元橋戸賞投手・日本野球連盟常任理事でもある「柳俊之」君も日頃会うたびに青少年の「食育!食育!朝飯食わないとダメダメ!」といい続けているのですが、

 

 

今年1月15日付けの「スポーツ報知」にインタビューに応じてコメントしています
『 「小中学生のいい体をつくるためには食べることが大事。食育です。北海道にはいいもの(食材)がたくさんある。スーパーで外国産の安いものを買うと防腐剤、化学物質、合成物質など添加物があることが今、嫌な意味で注目されている。

 

 

自然なものを自然な形で体に必要な栄養素を取り入れていくのがいい。北海道にはその土壌がある“地産地消”に野球界も貢献できるわけです』

 

 

10534

 

 

 

四里四方を走り廻って集めた食材で作った料理が「馳走」!「ごちそうさま」の「馳走」だ!将に”地産地消で身土不二”!アメリカに世界中を廻って人間が食する良い物だけを集めた会社があります、ある「馳走」を作るために必要だったからです。その「馳走」は?・・・・・・・・・

 

 

20080220191315

 

今日の科学では、人間のからだには必須脂肪酸必須アミノ酸が欠かせないように、健康を保つためには

 

”8つの糖分”が必要であると!その8つをどのように体内に取り込む(消化・吸収)ことが出来るか?そのために食材が必須だったから世界の隅から隅まで、探し回って今時点で今時点「最高の栄養素」を世に送り出している会社があります

 

 

【今時点では?とは、なぜなら?未だ見つかっていない身体にとって良い「食材」があるかも知れないからです!】

 

 

 

 

 

 

| | | Comments (0) | TrackBack (1)

≪野菜や果物が「ガン」を撃退≫≪Tenboss mori≫

1964928_786527048037663_1899917080_

野菜や果物の摂取により、さまざまな癌(がん)のリスクが減少することを,ロサンゼルスで開催された米国癌学会で報告された。米国立癌研究所による研究は、成人49万802人を対象に、果物および野菜の摂取量と頭頸部癌の発生率を比較したもの。

 

20070427hja4r001_27

頭頸部癌と診断されたのは787人(5年間で)であった。喫煙およびアルコール摂取などの危険因子を調整後、1日1,000カロリー摂取につき果物または野菜を6皿分摂取する人は、1.5皿しか摂取しない人に比べ頭頸部癌リスクが29%低く、1皿分追加するだけでも6%のリスク低下が認められた。単独では果物よりも野菜の方が高い予防効果がみられたという。

 

Cancer

 

米カリフォルニア大学(UCLA)の研究グループは、ブロッコリーと大豆(ダイズ)蛋白(たんぱく)による乳癌および卵巣癌に対する予防効果のメカニズムについて、実験室レベルでの研究成果を報告した。

 

ブロッコリーが消化されるとジインドリルメタン(DIM)という物質が、大豆が消化されるとゲニステインという物質が形成される。

今回、これらの物質が、乳癌および卵巣癌の細胞の運動性に作用し、癌の拡散を抑制することがわかった。しかし、大豆にはエストロゲン様の作用があるため、エストロゲンにより促進される癌のある人は注意が必要だという。

3377049265

 米ハワイ癌研究センターの研究グループは、カリフォルニアおよびハワイ在住の18万3,518人を対象にフラボノール摂取量と膵癌リスクを比較した。フラボノールは、タマネギ、リンゴ、ベリー類、ケールおよびブロッコリーなどに含まれる物質。フラボノール摂取量が最も高い人では膵癌リスクが23%低いことがわかったほか、喫煙者ではさらに効果が大きく、フラボノール摂取量が高い人は膵癌リスクが59%低いことが判明した。

 

Photo_10

これらの研究から、さまざまな種類の植物性食品を摂取することが癌予防には最良であるといえると、米国癌研究協会(AICR)のMelanie Polk氏は述べている。農家の直売所へ行ったり、食料品店で時間をかけて野菜を吟味したりするほか、野菜をおいしく食べられる料理法を見つけるなどの工夫も必要だとPolk氏はいう。[2007年4月16日/HealthDay News]

 

10534

"美味しく食べられることはもちろん、言わずもがな!ですが!肝心の栄養分が損なわれる料理法であっては「元の木阿弥」上記ヘルスデイニュースにもブロッコリーが頻繁に出てきています!

 

 

ブロッコリーは抗酸化が強い植物ではありますが、調理をしてしまっては残念ながら・・・・でも生では食べられませんね、生と言えば日ごろ食している「ニンジン」ですが!ニンジンは本来生で食べるものだと言うことを、ご存知ですか?三大栄養素の一つ糖質が加工【調理など】によって、ほとんど消失してしまうと言う事実が証明されています!

 

 



 

 

 

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

≪IQの高い子どもは野菜好き≫≪TENBOSS MORI≫

Photo_5■植物ってえらい!植物ってすごい!■ 情報は⇒【コチラ!クリック!】

 

Baner

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

Yasai

 

IQ(知能指数)の高い子どもは将来、ベジタリアン(菜食主義者)になる傾向が強く、その結果として心血管疾患のリスクも低いという報告が、英医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」オンライン版に12月15日掲載された。

 

Data

英サウサンプトンSouthampton大学MRC疫学情報センターのCatharine Gale氏らは、10歳のときにIQ検査を受けた30歳の男女約8,200人のデータを収集。10歳時に高IQだった人は、低かった人に比べて30歳の時点で菜食である率が高かった。

 

Photo

 

Gale氏によると、知能の高い人ほど健康的な食習慣をもつ傾向があるという。菜食は、コレステロール低下、肥満や心疾患のリスク軽減をもたらすことが最近の研究で示されている。子どものころIQが高い人の後の心疾患リスクが低いのは、これで説明できるという。


Photo_3

別の研究からも、知能の高い子どもは大人になってから健康を気づかう傾向が強いことがわかっており、今回の研究が、IQの高さと健康的な生活習慣との関係を裏づける新たな証拠となるとGale氏は述べている。しかしさまざまな要因で、この研究には不明瞭な部分が多く、これですべてがわかるわけではないという指摘もある。
これに対し、菜食と健康との間には強い結びつきがあるという専門家の声もある!このほか、知能、教育水準、社会的地位の高さと健康との相関を示す強い証拠もあるとのこと。

 

Photo クマを模ったグミ!

 

野菜はやはり素晴らしい栄養素なのですね!数年前からお菓子のお野菜を?摂ってIQを挙げているお子さんがいます、完熟野菜&果物を凝縮したグミタイプのお菓子の栄養素を毎日喜んで食べ続けていることで健康で良い子に育っています!何故か集中力が高まるのではと親御さんは言われていました!小・中学生を対象とした、ある進学塾では「集中!グミ!」と合言葉のように子供たちが口々に云うそうです

 

 

A0113065200

 

 

 

この「集中グミ」!ペクチンで固めて(消化吸収を考えゼラチンなどは決して使用していません!)、シトラスペクチンと言って水溶性の植物繊維が豊富で整腸作用があるそうで【りんご2個分のペクチンとも】抗酸化に抹茶成分(カテキン)は非常に良いものであるが、より以上にカフェインの無いものにと植物栄養素【ファイトケミカル】も豊富で、抗酸化の強いザクロ成分に替え、■脳の栄養素■と言われているサッカロースを含有している優れものなのですね!

 

Photo_4

 

■2010年【リンゴを食べれば医者いらず】ことわざ通りにリンゴが健康的な食品であることはすでに常識ともなっていますが、新しい研究で、上記果物に含まれる”ペクチン”と呼ばれる成分が消化器系の善玉菌(friendly germs)を増大させることが明らかに!

 

【この記事は⇒クリック!■詳細■

 

Photo_7←【グミを食べる一歳の元気に育つ男の子!】

 

アメリカのある学園の41人の生徒がこの糖質栄養入りのグミををマナリリーフと言う糖鎖糖質栄養素の開発供給会社の関わる慈善団体会社からの無償提供で全ての評価で大きく改善されたことは、データと共に発表されいます

 

糖質栄養が入っているこのお菓子の野菜「集中グミ」とても美味しいと言うことも付け加えておきます!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ Photo_5

 

【子供とお母さん向けの絵本】クリック!・・・植物栄養素で若返る フィトケミカルのお話 !野菜・果物・木々草花⇒植物だけがもつ生長の力の成分が!植物たちの栄養素の働き!がこんなに健康に役立つことを・・・そして聞き慣れない「糖鎖」の働きも⇒お母さんといっしょに学んでほしい

 

 

 

 

| | | Comments (1) | TrackBack (0)

≪中村天風も推奨≫≪野菜をたくさん食べる≫≪Tenboss mori≫ 

1964928_786527048037663_1899917080_                                    
Side_ttl_3【最新ニュース】一日わずかテーブルスプーン一杯の細胞の栄養素で認知力【視覚認識】&記憶【作用記憶】を高めるという発表が、既に今年4月にあったのです・・・・・

 

まさに「驚き!の凄い!⇒クリック【ニュース                

 

21340
アメリカ神経学会誌の24日付号に米シカゴのラッシュ大の研究グループが調査発表したところに依れば、
野菜を多く食べている高齢者ほど「認知力」が衰えにくいことが、とくにホウレンソウやキャベツ類などの葉野菜を多く食べている場合に顕著だったという!

 

朝日新聞の記事がNOT FOUND【http://www.asahi.com/health】⇒【こちらから】年をとると記憶力が衰えたり、思い出すのに時間がかかったりするようになる、こうした「認知力」の衰えぶりが野菜や果物を食べることとの関連があるのではと?

 

グループ65歳以上の約3700人を対象に、1日に食べる野菜、果物の種類や回数を答えてもらったうえで認知力を調べる試験を実施しました【3年後と6年後にも同様の試験をして比較 】

 

その結果、野菜を多く食べる人たち(1日2.8回程度)は、最も少ない人たち(同0.9回)より、認知力低下の度合いが40%も低く、年齢にして、6歳分、若返ったことになるという。 asahi.com 健康 健康・生活 2006/10/28
Seiyoukarasina04
野菜と言えば、補完栄養素の開発会社マナテックがミネラルを全て天然の植物からだけ抽出してのマルチビタミンを開発したのです!
水耕栽培という技法(特許を持つ会社から10年契約にて進行中)でインドネシアの植物「西洋からし菜(ブラシカ・ジンア)」の「芽」が磁石のように水中からミネラル特に重要なミネラル―セレン・クロム・亜鉛・鉄・マンガン・を採りれられる!

 

驚きの天然ビタミン&ミネラル複合体というテキサスの糖質補完栄養素の研究開発会社で生化学研究に従事している科学者たちの長年の夢の実現なのですね

 

New_2
このマナベアー!アメリカのCBSテレビで全米ニュースとして報じられ大好評をえられ、一時品切れ状況となったそうです!またコメンテーターが薬剤師さんと言うことも、あったのでしょうね・・・クマさんのグミ

 

10534

 

食材も植物ならミネラルも植物!一昨年出版された「植物ってえらい!植物ってすごい!」という本に植物の働きの詳細が書かれています。糖質補完栄養の中に「ファイトケミカル」豊富な完熟した野菜果物から第7の栄養素といわれているファイトケミカルを主体とした食べる野菜を加えて、今年9月頃にハイチュウ形態で食べるビタミン剤

 

B21f75783a2c35da30b9fc33d3045f10

 

 

| | | Comments (0) | TrackBack (1)