★マナリリーフ★

わずか3セント(約3円50銭)でエイズ孤児を救えるなら!パートⅡ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

        ■■■糖鎖の働きをメディアが!■■■

S004


読売新聞【ガン・アトピー・じん不全・・発病に関与=治療法に期待】

Photo_2資料・製品・購入のウェッブサイト!】 ↑クリック!


日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

子ども1人に必要な費用は1日わずか3セント(約3円50銭)なのに・・・・と

39455

昨年誰しも知っているシャローンストーン【女優】さんが世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」の会議場で、傍聴席から立ち上がり、壇上で政府開発の増額を訴えていたタンザニアのムカパ大統領と聴衆にこう呼び掛けた。

3syaroaklsahf9vn
Sharon_stones

「シャロン・ストーンと申します。この場でムカパ大統領に1万ドル(約103万円)寄付します!私に賛同する人は立ってください」司会者に制止されても、「今日寄付をしてくださる人が必要です。今日から子供達を死なせない為に。他に今日寄付をしてくださる方、この場でご起立下さい」!!

_100_bills112x180

そう訴え続けました、1人たち、5人立ち10人立ち・・・・5分足らずの間に呼び掛けに応じ、多くの人々がスタンディングをして、100万ドル(約1億300万円)が集まった のです!寄付金はエイズ拡大防止のためのグローバル基金に拠出されることに!


つい最近のビッグニュース、マイクロソフト会長のビルゲイツ氏も世界の子供を救うための子供財団を設立!その後すぐに、追いかけニュースで投資家として有名で世界で2番目の資産家ウォレンバフェット氏が自身で財団を設立せずにゲイツ氏の財団に、なんと資産のうちの370億ドル(4兆3000億円)の大半の300億ドルを贈与・譲渡したと云う(バフェト氏の子供たちの財団には無し?)
Im20060627as2m2700r2706200613

テキサスのコッフェルという所に、非営利ボランティア団体「マナリリーフ」を運営し、発展途上国の後援をしている会社があります!世界中の孤児やHIV感染の子供達に糖質栄養素を無償で 提供しているのです。

Photo■【この活動の最新動画


この耳慣れない「糖質栄養素」とは、革新的な科学技術を利用して、これまでに誰も想像しなかった特殊な栄養補助食品(世界各国で特許取得済み)を開発しています。マナリリーフの『糖質栄養素』は、科学者や医療・健康の専門家の間でもまだ一般には知られていないほどのまったく新しい栄養素です。アフリカの一 部の国では、「糖質栄養素」がエイズ孤児の子供たちの質を高めることで、このマナリリーフの活動 が国家プロジェクトとなっているそうです!
2151rmfncx_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

わずか3セント(約3円50銭)でエイズ孤児を救えるなら!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

        ■■■糖鎖の働きをメディアが!■■■

S004


読売新聞【ガン・アトピー・じん不全・・発病に関与=治療法に期待】

Photo_2資料・製品・購入のウェッブサイト!】 ↑クリック!


日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
_news_2マナリリーフのホームページJAPAN(ジャパン)国旗をクリック!日本語で・・・


DID YOU KNOW? (知っていましたか。) MannaRelief has affected the lives of over 47,000 children in over 72 countries! (マナリリーフは、72か国以上で47,000人以上の子供の生命に影響しました!)

東京でチャリティーコンサートが開催されたプログラムの中でユニセフのユニセフ本部事業局ピーターマクダーモット氏の皆さんにも是非知ってもらいたい基調報告の紹介がありました20年間ユニセフにて「子どもとエイズ」世界キャンペーン統括責任者としての仕事をしてきてここ数年はH工V(ヒト免疫不全ウイルス)・エイズ問題に取り組んでいます。ここから内容の要約

Photo_4

子どもたちは、世界のエイズ対策から、置ぎ去りにされた状況にあります。世界で今、15歳未満の子どもが毎分1人感染し、毎分一人の割合で亡くなっています。15歳~14歳の若者は毎分4人の割合で感染しています。
エイズで親を失つた子どもは1500万人。新たなHIV感染者のうち、7人に1人が子どもです。

Photo_2

アジアも事態は深刻です。子どもは2005年に1万1000人が新たに感染し、約8000人が亡くなりました。現在、3万1000人の感染者がいます。インドネシア、インド、ネパ―ル、べトナム、中国の特定の地方では感染者が急激に増えています。

対策のカギは四つあります。1番目は、母子感染の予防です。何らかの予防摺置を講じないと、感染した母親からの出産により 約3分の1の確率で、子どもに感染します。

2番目は、子どもの感染者に対する治療です。エイズを発症した子どもたちは免疫力が落ち、肺炎などの感染症にかかりやすくなり、命を落とします。

3番目は若者の感染予防です。予防の知識を十分に持っていない人が多くいます。

Photo_5

【”コンドームを使用するとエイズになる”という間違った知識を持った人達もいるという】
最後は、立イズにより因難な状況にある子どもの保護です。サハラ砂漠以南のアフリカ地域では、2010年には1800万人以上の子どもだちが、エイズでどちらかの親を失います。これはイギリスの子どもの数に匹敵します。最後にエイズは国や子どもの未来を壊す、しかし決して差別されるような病気ではないし治療もできることを訴え、資金がかかるが”予防キャンペーン”が一番大事だとしめた。

Photo

この2番目・3番目の問題解決に向けて冒頭の「マナリリーフのリーダー・カンパニーがメインの糖質栄養素は免疫を高めることでエイズの子供たちの質を高めることで現地では多くの人に知られているのですがまだまだ,日本はもちろん世界でも知られていない「糖質栄養素」←をクリック )を多くの人に知ってもらい、より多くの人々を健康に!と言うビジョンを掲げてこの糖質栄養素の開発会社は、アメリカで1994年に設立されたナスダック上場の企業なのです

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ


Photo_6

マナリリーフと云う非営利の団体は、寄付金の100%が必要なところに届けられるのです,そのようなことが出来ないのが通常なのですが?と云うのは非営利団体であっても運営費はかかるし、給料をもらう人がいますよね?それがマナリリーフで可能なのは、なんと糖質栄養素ビジネスのCEOの人が、収入の数十%をマナリリーフの運営費として個人のお金で寄付をしているから、寄付が100%届けられるようになっているのです。

抗生物質・コトリモクサゾールを使えぽ死亡率を下げるこどができるのに、この薬を必要とする子どものうち1%しか手にじていません。
3

子ども1人に必要な費用は1日わずか3セント(約3円50銭)なのに。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

音楽好きの方!映画ファン―特に「ブラビ」の好きな方は・・・・

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


糖鎖は細胞の「言葉」 もっと分かりやすく言いますと、糖鎖とはいわば「言葉」のようなもので、人体の細胞同士がお互いにさまざまな形(構造)の糖鎖を使ってお話しているんですよ。その「糖鎖」を適正に構築、働かせるためにも「糖鎖」「糖質栄養素」「糖鎖構造栄養素」呼び方はどうあれ現在、生体には必要なのです!

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Moviecamera_3上映中!「細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・・」
上映ここをクリック!【7分間のビデオ】
                                    

Images111資料・問い合わせのウェッブサイト!】     ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

banner_logo


昨年「ライブエイド」―20数年前あの「ウィアーザw―ルド・・♪・・♪」のコンサートのDVDが発売され将にあっという間に「売り切れご免」状態だった訳ですが

このコンサートを「ライブエイド」を製作総指揮したことで知られている、アップリンガー氏は今回HIVエイズの孤児たちに質の良い栄養素を摂ってもらう事で罹病した子供らの質の向上を高めると言うことで・・・当時は世界の恵まれない栄養不足で困窮している子供達の質を高めるということで、130カ国の億という単位の人々がキャンペーンに賛同をしたお話しを思い出していただけましたか?

今回は20数年経った現在、HIV/エイズに罹病した人の子供らを救いましょうとハルアップリンガー氏がエイズの子供達の質を高めようと企画立案したものです
今回は名づけて"One Day, One World." ーある日、一つの世界に!―とグローバルなロックグループの「U2」を筆頭に多くのミュージシアンが集まり一大イベントを開催します

≪このプログラムに、あの「ブラビ・・ブラッドピッド」がパートナー参加しています≫
b0006d

糖質栄養素の開発供給会社の会長である「サム・キャスター夫妻」が数年前に私財を投じてマナリリーフという慈善団体会社を創設して世界中の困窮している子供達に糖質栄養素を摂ってもらって、質の改善をという趣旨で難民を抱えている
ルーマニアの子供達が・・最近ではアフリカのウガンダ共和国のHIV/エイズの子供らに供与した糖質栄養素が多くの罹病した子供らが元気を取り戻しまた質の向上を計れたことで、今年ウガンダの大統領がお礼の親書をしたためてアメリカ駐在大使に親書書簡を託して、大使がマ・・・・本社を表敬訪問しました。
180px-Bill-Clinton-with-Nelson-Mandela

耳慣れない「糖鎖」「糖質栄養素」「糖鎖構築栄養素」「糖鎖構造栄養素」は21世紀の将に新栄養素になりうる実証ではないかと?

                             情報や本舗
以下訳文の要約です
―――――――――
マナリリーフのプログラム

インド・イギリス・アフリカ・ロシア・中国およびアメリカでの6つのコンサートを通じてHIV/エイズキャンペーンでの世界に注意勧告&エイズ孤児を救う資金の喚起をと、まずはインド10月2日の予定≪今日ではないですか!MORY≫―ムンバイと言うところで幕開け?

10月15日にはアメリカ・カリフォルニアのロスのロサンジェルス・コロシアムでいよいよ始まります

マナリリーフ社はこのプログラムに「1,000人の天使?」とパートナーシップを組んでいます、この中にはネルソンマンデラ」「ノール(Queen Noor)女王」ブラッドピット≪あの「ブラピ」!ーMORY≫・リチャード・ブランソン卿・そしてジョン・ポールデジャリア氏と他にもこのプログラムには「ポールミッチェル財団」のマインシーカーズ氏・ディーバック・チョープラ財団、そして数人の国連大使もパートナーシップを組んでいます
――――――――――――――
「ライブエイド」は20数年前あの「ウィアーザw―ルド・・♪・・♪」のコンサートの事でその仕掛け人の「ハルアップリンガー」氏が多くの世界中のいまやHIV/エイズで孤児になっている子供たちの心&健康の質を高めるために一昨年マナテック社を訪れて、糖質栄養素が子供たちのために、特にエイズの子らに必要性があるとこのプログラムを通じてイベントが開催されるのです                  以下原文です

Other MannaRelief Programs
In addition to the MannaWalk program, MannaRelief has joined with HalUplinger, executive producer of the well-known LiveAID and SportAIDconcerts, to produce a series of concerts benefiting the Global AIDS
Awareness program and called, "One Day, One World."
A total of six concerts in India, Great Britain, Africa Russia, China andthe United States will be held to raise awareness and funds worldwide forHIV/AIDS causes.The first concert is scheduled for October 2, 2005 at theGate of India in Mumbai, India and the second for October 15, 2005 at theLos Angeles Coliseum in Los Angeles, California, USA.

MannaRelief is partnering in this program with 1,000 Angels, includingNelson Mandela, Queen Noor,
Brad Pitt, Sir Richard Branson and John PaulDeJoria.Other partners include Mineseekers (Paul Mitchell Foundation), theDeepak Chopra Foundation, and several United Nations Ambassadors.
 --        
Δ-Δ   マナリリーフのサイト
(=Θ_Θ=)  http://www.mannarelief.org/mr/html/index.html   
( )ξ
υ υ moridonya http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|