■自閉症&ダウン症■

≪オバマ大統領≫は≪医療のトップ≫項目に【自閉症スクリーニング】

Photo貴方の貴女の大切な【お時間!】4分間!をこの動画を観るために貸して下さい!あなたの体の中の【細胞のアンテナ=糖鎖】が体に何が必要で【栄養・・】そして何が不要か【ウィルス・細菌・バクテリア・化学物質・・・】認識選別しているか?日常何が起きているのか?その情報をCGグラフィック動画で見ていただきたいのです

■【さてその4分間】 ⇒ 左下の再生 ▼をクリック!


Btn_play_movie ⇒ ■■■【この動画≪日本語の字幕入り≫で観れます=1分40秒!】■■■

Photo_2資料・製品・購入のウェッブサイト!】     ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Photo_2【メルアド】ここをクリック!


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Photo

2006年アメリカの議会は自閉症対策法案【Combating Autism Act】毎日のように自閉症に苦しむ何千もの家族の日々の窮状認識しての疾患関連の画期的な法案だった!当ブログでも≪自閉症の新しいガイドライン=米国小児学会≫で書き込みしましたが、2009年9月にオバマ大統領実践すべき医療のトップ項目に”自閉症スクリーニング”【選別検査


大統領のホワイトハウス 24ポイントの政策リストの中に自閉症のことが入っています、4つの箇条書きにて自閉症との取り組みを次のように

Photo_2

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■ 1.自閉症のための研究、待遇、治療、検査診断、国民意識の向上とサポートサービスのためのさらなる資金提供。

■ 2.自閉症の人々のための「一生涯のサービス」(子供たちの、また大人たちの)多くの両親は、自閉症児のために治療や診断の為にお金を払おうとするが、彼らの子供たちスクリーニング【選別検査】と治療の料金を払うのに苦労するため、この個人負担を少なくする

■ 3. 2006に制定されたCombating Autism法【自閉症の為の法律】のための、より多くの資金提供をします。


Photo_4

■ 4. 2歳児のうちから自閉症を見つけ出すために、すべての幼児に普遍的なスクリーニング【選別検査】による全ての乳幼児を再度診断し、自閉症を見つけ出すことを行います。この事はとても大事なことで、自閉症の子どもたちは両親・小児科医が心配事を口にしない限り、小学校入学まで自閉症への治療が行われない。早期の診断と治療がより早く始まるほど、それはより効果的なのですが、国のスクリーニング計画で見逃してしまうのです!こうした行動で子供の数を減らすことができます

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Cover_nature11

またこのような事で、政府と個人で加入している保険へのおおきな保証をすることもできるだろうし、最近の調査で、自閉症の親の52パーセントが、そのケアと治療の為に家族のためのお金を使い財政を逼迫していると答え!自閉症を持たない家族の13%程度の親が子供の病気やケアが家庭の財政を逼迫させると答えた、


2006年に制定された法律(Combating Autism act)は5年間の間に自閉症の研究や治療リサーチ等に10億ドル【1.000億円】を供給するという事が決定されたが、【米国の経済事情もかさねっていることも加わってか?】まだ2億ドル【200億円】しか供給されていない。

疾病対策センター(The Centers for Disease Control and Prevention)は、9ヵ月18ヵ月&24ヵ月または30ヵ月に健康な赤ちゃんに対して自閉症の検査をすることを小児科医に勧めるのですが、多くの小児科医がそれらのスクリーン・テストに手が回らないのと、推薦されたこのテストが軽い自閉症には十分敏感でないことが、対応の悪さだったようです!自閉症の早めの検査は、本当に素晴らしい考えですが、この問題に意欲的なオバマ大統領のチームであっても、この事は、とても困難なことでしょう

Photo_3

| | Comments (0) | TrackBack (1)

■ダウン症の英語論文を要約しているブログの紹介!■

        ■■■【2009年11月=更新!】■■■

   ■ダウン症の英語論文を要約してブログの紹介!■

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・

【糖鎖は細胞の「言葉=ことば」】 もっと分かりやすく言いますと、人間の身体は60兆個の細胞が情報伝達をし合う"細胞間コミュニケーション=会話”によって機能しています「ことば」を使ってね!・・・この”ことば”の役割を担う「糖鎖」は近年の生化学上の大発見によって8種類の「糖」で構成されることが解明されています!「細胞間コミュニケーション」が最大限に効果的に行われる時、60兆個の細胞は最適な状態で機能し、健康な身体が維持でいきるのです!その「糖鎖」を適正に働かせる栄養素とは?・・・・

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Moviecamera_3上映中!「細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・・」
上映ここをクリック!【7分間のビデオ】                                    

Images111資料・問い合わせのウェッブサイト!】     ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Btn_msg<【メルアド】ここをクリック!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Photo_2

昨年5月に三人目のお子さん(プリンセス)が授かった医療翻訳を目指していたブログ名「働く主婦の独り言」の家族に思わぬ出来事が!生まれたお子さんに、ある不測の事【←詳細はクリック!】が!

今年11月の事なのでしょうね?ネットサーフで13歳のダウン症の男の子ダウン症の健康問題についていろいろな情報を提供をウェッブサイトで小児科医でもある父親が1997年から今日まで配信し続けている!その貴重な情報を要約して公開しているのです

Photo_3

情報や本舗の「自閉症&ダウン症」のカテゴリー・ページにも多くのヒットがあり、是非是非情報を求めている方にとって役立てばと思い「働く主婦の独り言」の管理人さんに連絡をとってリンクを貼ることの許可を頂きました!是非!是非!読まれる事をお奨めします!この翻訳サイト13歳のダウン症の男の子のお父さんであり、小児科医でもある人が作っているサイトだそうで、ダウン症の健康問題についていろいろな情報を提供してくれているとのことでした!


             ■■■【ダウン症関連論文】■■■

お断りが一つ!私のブログにて書き込みしている「糖質栄養」を働く主婦のお子さんが摂っていることはブログ内に書き込みがありますが以下の「働く主婦の独り言」さんの翻訳文のダウン症候群のお子さんが摂っていたわけではない事を強調しておきます】

■ ダウン症関連論文(1)  ←クリック  ≪思春期前のダウン症児のレプチン値を兄弟と比較したもの≫

■ ダウン症関連論文(2  ←クリック! ≪ダウン症児の認知症と死亡率

■ ダウン症関連論文(3) ←クリック! ≪ルームランナーを使ったダウン症児の(歩行)訓練~根拠に基づいた発達成果

■ ダウン症関連論文(4)  ←クリック!  ≪ダウン症児の母親が、産後に受けたサポート(告知含む)について振り返る ≫

■ ダウン症関連論文(5))  ←クリック!  ≪学齢に達したダウン症の子どもの医学的側面 ≫

ダウン症関連論文(6) ←クリック   ≪ダウン症児の睡眠の特徴≫

ダウン症関連論文(7) ←クリック  ≪ダウン症者発話言語理解の長期的な変化を予測する≫

ダウン症関連論文(8) ←クリック   ≪ダウン症者の身体測定値(頭蓋顔面部と身長)の年齢による変化

ダウン症関連論文(9) ←クリック   ≪成人ダウン症者の言語障害に対するドネペジル投与:24週間に渡る予備的なオープン試験

ダウン症関連論文(10) ←クリック   ≪ダウン症児に、新生児の時期にチロキシン投与を行うと2年間の発達と成長にどのような効果があるか:無作為化臨床試験

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自閉症の子供等10万人調査を米国立衛生研究所【NIH】が開始する!

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


糖鎖は細胞の「言葉」 もっと分かりやすく言いますと、糖鎖とはいわば「言葉」のようなもので、人体の細胞同士がお互いにさまざまな形(構造)の糖鎖を使ってお話しているんですよ。その「糖鎖」を適正に構築、働かせるためにも「糖鎖」「糖質栄養素」「糖鎖構造栄養素」呼び方はどうあれ現在、生体には必要なのです!

                               

Images111資料・問い合わせのウェッブサイト!】     ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Photo

2006年12月19日、アメリカで Combating Autism Act of 2006 【自閉症対策法】が成立していました!この法律は自閉症に対する社会の認知を高め、自閉症児・者への支援と研究を促進させると言うことで、連邦議会を承認通過して、ブッシュ大統領が署名した自閉症対策の法律でした。

翌2007年11月30日には米国小児科学会(AAP)が自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表しました。


Photo_2

【第1の報告】は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもの【詳細はコチラ!】 ←クリック

【第2の報告】は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。

Photo_3

2006 年成立の自閉症対策法に対して2007年予算では一億ドル (120億円)を計上【ホワイトハウスの発表による】そしてこの法律は、全米規模で2011年まで、自閉症やそれに近い症候群に関する予算を計上し、各地に拠点を設けることなどが盛り込まれていたわけで、この以下のニュースは、生活環境や遺伝によって、自閉症や肥満・学習障害・小児糖尿・小児ぜんそく・出生異常など対策をしているにも関わらず近年増えていく現況を危惧してのアメリカ政府の対応でしょうか?10万人を出生前から21歳まで追跡する「全米子ども調査」を来年から始めると発表したのです!

総費用は、なんと32億ドル(約3370億円)に上るという。大学や病院、政府機関など全米約40カ所の拠点施設で、妊娠中や妊娠予定の参加希望女性を募り、生まれた子どもの健康診断データや遺伝子のほか、住居内のごみや飲料水といった環境試料も収集、発症した病気などとの関連を解析するという!
Gmp


| | Comments (0) | TrackBack (0)

自閉症の新しいガイドライン               【米国小児科学会】

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・

【糖鎖は細胞の「言葉=ことば」】 もっと分かりやすく言いますと、人間の身体は60兆個の細胞が情報伝達をし合う"細胞間コミュニケーション=会話”によって機能しています「ことば」を使ってね!・・・この”ことば”の役割を担う「糖鎖」は近年の生化学上の大発見によって8種類の「糖」で構成されることが解明されています!「細胞間コミュニケーション」が最大限に効果的に行われる時、60兆個の細胞は最適な状態で機能し、健康な身体が維持でいきるのです!その「糖鎖」を適正に働かせる栄養素とは?・・・・

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Moviecamera_3上映中!「細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・・」
上映ここをクリック!【7分間のビデオ】                                    

Images111資料・問い合わせのウェッブサイト!】     ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Btn_msg<【メルアド】ここをクリック!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


=============================

20071108hjab8000_08

米国小児科学会(AAP)は、自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表しました。【第1の報告】は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもので、その兆候は

■両親や世話をする人を見つめるとき、嬉しそうな表情がみられない
■生後5カ月ごろ以降、親子の間での喃語でのおしゃべりがない
■親の声を認識しない。親が子どもの名前を読んでも振り向かない
■目を合わせない
■9カ月を過ぎても喃語(なんご=片言を言う)が出ない
■手を振る、指差すなどの身ぶりが少ないか、全くない
■反復的な行動がある

言語が発達するころに明確に現れる危険信号は以下のとおり:

■16カ月までに単語が出ない
■1歳までに喃語がなく、指差しなどの身振りによる伝達もみられない
■2歳までに2語文が出ない
■年齢にかかわらず、言語能力が低い

Photo

小児の発達には大きな個人差があるとして親を安心させる傾向があるために、小児が正式に自閉症であると診断されるまでに1年以上を要することもあり、治療に最適な時期を逃してしまうことがある(ニューヨーク大学小児研究センターMellissa Nishawala博士)ですから、たとえ親が特に心配していなくても、生後18カ月から24カ月の間にすべての小児について共通のスクリーニングを実施するよう推奨している。
20070614hja6e001_14

【第2の報告】は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。

小児科医へは家庭で行われる可能性のある補完療法代替療法を知っておくよう推奨している。例えば、自閉症改善のために子どもにカゼイン・グルテン除去食を与える親がいるが、栄養障害を生じる危険もある     ≪2007年HealthDay Newsより≫

Photo

アメリカでは数年前から「リタリン」と言う薬を自閉症児・ADHDの子らに使われている事実が問題視され続けてきていました【風刺漫画で学校にダンプカーが横付けで満載の「リタリン」を荷降ろししている】なぜなら「リタリン」はマリファナなどと同類項の基準の薬だそうだからです!
つい最近日本でも抗ウツ剤として処方どおりに使用せずに問題提起されてマスメディアでも取り上げられていましたが!抗ウツ剤としては使用しないということで野放し状況【自閉症・ADHDに使用は医師のモラルの問題】
小児科で投薬されていると言う話も聞こえ始めています

Photo_8

3年ほど前に、清田区美しが丘で開院の”ながの小児科”の院長長野先生が「リタリン」を日本の子供に使い始めだしてしまったら大変なことになってしまうと懸念され、以前からの「食育」は勿論、今回の自閉症ガイドラインにも小児科医に提唱されている補完栄養も取り入れられている”子供の健康”を最優先に考えられている先生です


| | Comments (0) | TrackBack (1)

自閉症対策法がアメリカで成立 !

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


【糖鎖は細胞の「言葉】 もっと分かりやすく言いますと、人間の身体は60兆個の細胞が情報伝達をし合う"細胞間コミュニケーション”によって機能しています!この”ことば”の役割を担う「糖鎖」は近年の生化学上の大発見によって8種類の「糖」で構成されることが解明されています!「細胞間コミュニケーション」が最大限に効果的に行われる時、60兆個の細胞は最適な状態で機能し、健康な身体が維持でいきるのです!その「糖鎖」を適正に働かせるためにも「糖鎖」「糖質栄養素」「糖鎖含有食品」呼び方はどうあれ現在、生体には、なくてはならない栄養素なのです!

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Moviecamera_3上映中!「細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・・」
上映ここをクリック!【7分間のビデオ】                                    

Images111資料・問い合わせのウェッブサイト!】     ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Btn_msg<【メルアド】ここをクリック!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Photo_2

2006年12月19日、アメリカで Combating Autism Act of 2006 (自閉症対策法)が成立しました!

日本でも自閉症と言う言葉が聞こえ始めていますし論議もされてはいますがその対策は?アメリカでは、ついに成立したようです。自閉症に対する社会の認知を高め、自閉症児・者への支援と研究を促進する法律が連邦議会をとおり、ブッシュ大統領が署名しました!

200pxgeorgewbush


ホワイトハウスのウェッブサイト記事です
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2006/12/20061219-3.html

この法律は、全米規模で2011年まで、自閉症やそれに近い症候群に関する予算を計上し、各地に拠点を設けることなどが盛り込まれています。はっきりと研究に重点が置かれた法律になっています。

主な要旨は以下に↓

The Act Authorizes Research Under NIH To Address The Entire Scope Of Autism Spectrum Disorder (ASD).
NIH (国立衛生研究所)の主導のもとで、自閉症スペクトラム全体を視野に入れた研究を進める。The Act Authorizes Regional Centers Of Excellence For Autism Spectrum Disorder Research And Epidemiology. 各地域に自閉症の研究と疫学のためのセンターを設置する。・・・・・・・・・・・

ホワイトハウスの発表によると、2007年予算では一億ドル (120億円)ということらしいです。日本は,どうなのでしょうか?
450pxwh_from_north

以下のリンクは、ホワイトハウスの発表です。
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2006/12/20061219-3.html


自閉症は社会性や他者とのコミュニケーション能力の発達が遅滞する発達障害の一種で、ただ単に「自閉症」という場合は、低機能自閉症の事のみを【フリー百科事典ウィキペディア
糖質栄養を摂ることで、成体幹細胞が自身の体内で1兆個も増えた治験をアメリカの糖質栄養ではオンリーワンのM社が開発特許取得の糖質栄養の粉=パウダーと言う食品【糖質栄養】を摂らせての・・・・近年この成体幹細胞が体内で熟成細胞になる時点で何らかのルートで損傷箇所に働くと言うことが分ってきたのですね!
P1

ある人が島根でハンディを持った児に情報交換などの活動をしている「七田まこと」さんの会に伝えたことが・・・多くの自閉症・ダウン症・多動症・・・・の子らに質の改善【クヲリティ・オブ・ライフ】をもたらし始めたのですね!まこと会の掲示板を見てください!⇒
まこと会の掲示板のウェッブサイトhttp://www.shichida.jp/mamas/makoto/bbs/makotobbs.cgi


| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本テレビの24時間TVに「糖鎖」「糖質栄養素」に関わるお話しが

New1■■■【更新!更新!更新!】■■■


Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・

【糖鎖は細胞の「言葉=ことば」】 もっと分かりやすく言いますと、人間の身体は60兆個の細胞が情報伝達をし合う"細胞間コミュニケーション=会話”によって機能しています「ことば」を使ってね!・・・この”ことば”の役割を担う「糖鎖」は近年の生化学上の大発見によって8種類の「糖」で構成されることが解明されています!「細胞間コミュニケーション」が最大限に効果的に行われる時、60兆個の細胞は最適な状態で機能し、健康な身体が維持でいきるのです!その「糖鎖」を適正に働かせる栄養素とは?・・・・

Tousaf2overもっと詳しく⇒糖鎖情報や本舗

Moviecamera_3【細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・・・・日本テレビ】
観るここをクリック!                                    

Photo資料・製品・購入のウェッブサイト!】     ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Btn_msg<【メルアド】ここをクリック!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


   ■ダウン症の英語論文を要約してブログの紹介!■

Photo_18

昨年5月に三人目のお子さん(プリンセス)が授かった医療翻訳を目指していたブログ名「働く主婦の独り言」の家族に思わぬ出来事が!生まれたお子さんに、ある不測の事【←詳細はクリック!】が!

今年11月の事なのでしょうね?ネットサーフで13歳のダウン症の男の子ダウン症の健康問題についていろいろな情報を提供をウェッブサイトで小児科医でもある父親が1997年から今日まで配信し続けている!その貴重な情報を要約して公開しているのです

Photo_3

情報や本舗の「自閉症&ダウン症」のカテゴリー・ページにも多くのヒットがあり、是非是非情報を求めている方にとって役立てばと思い「働く主婦の独り言」の管理人さんに連絡をとってリンクを貼ることの許可を頂きました!是非是非訪問することをお奨めします!

⇒クリック! ■■■【ダウン症関連論文】■■■

お断りが一つ!私のブログにて書き込みしている「糖質栄養」とは何のかかわりも無い「働く主婦の独り言」さんである事を強調しておきます

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

00

甲子園の球児たちの夏!「真っ盛り」そして毎年お盆の極楽も地獄の蓋もしまる16日をすぎると、日本テレビの「24時間テレビ!」の放映が・・・

札幌テレビでも、きっと放映されるでしょう!中京テレビでは私達のお仲間「糖鎖栄養研究療法」のメンバーリストのお1人が「ダウン症」のお子さんに「糖質栄養素」を奨めたことが発端でダウン症のお子さん「太光」君が成長過程で大きな変化と効能効果があったことで、中京TVが2月に放映したことで反響が大きく、今年は「生きる!」がテーマこの夏の「24時間マラソンテレビ」全国放映をという事で≪8月27日・28日≫は是非ご覧下さい≪放映したサイトがありました下記の「太光君の成長日記」の文字をクリックすると・・・・・
title2005


太光君の成長日記

先日名古屋の4年生になるダウン症児太光君の様子が中京デレビで15分間に渡って放映されました。これは大光君に関する成長日記です。                    新井
――――――――――――――――――――――――――――

ダウン症児 太光君の成長日記
テレビ放映後、多くの方々からお電話、メールを頂き大光の成長を喜んでいただきました。知らない方からも「テレビ見たよ!」と大光に握手を求められたり、声をかけていただいたりと沢山の反響があり驚いています。

3501

成長過程の太光は糖質栄養素と言う素晴らしいサプリメントに出会い、いっそうの効果がありましたことは実感しております。昨日より今日、今日より明日を目指して大光とともに歩んで参ります。これからもよろしくお願いしす。            
太光の母より

**********************************************************************************
men_cool


生後4ケ月目で心室欠損症の手術を受ける。その後合併症はなく、耳にあかが溜まったり、肌荒れ、脱毛、乱視、遠視、言葉は単語1語分、舌が出ている。と言った生活を送っていました

最初のビデオは、15年12月の物です。このときはまだ糖質栄養素は摂っていません。16年5月13日よりアメリカで20世紀10大テクノロジーで栄養素とした開発会社の”糖質栄養素”を摂り出しました。Pw(パウダー)小匙3杯、1ケ月ほどして顔に赤いちいさな斑点が出ました。好転反応であると直感しました。

しばらく経ちそれも消えたころ、前とは何かが違うと感じるようになりました。学校の先生も「良い方向に向かっている。前と比べるとちょっと違う」とおっしやいました。
Photo_19

7月20日より糖質栄養(パウダー)を増量。10月13日より紹介者の勧めもあって、糖質栄養(パウダー)≪補足:糖鎖構築栄養素100%≫、植物由来の天然ビタミン≪補足:糖質栄養素入りのマルチビタミンと話題のコーキュー10≫、ヤムイモ主成分≪補足:糖質栄養素入りのホメオスタシス―すなわち体の恒常性を微調整してくれるという役割を果たす天然材料を豊富に取り入れ特に植物ステリン(植物由来のステロイド≫を含むワイルドヤムという非常に薬効効果があるといわれている天然植物が≫、13種類の完熟野菜&果物≪補足:糖質栄養素入りの天然の完熟野菜・果物~抽出したファイトケミカルを豊富に≫を毎日摂りだしました。2学期になって先生から自分の事をさっさとやれるようになったとの報告がありました。11月10日よりパウダー、総合ビタミン、ヤムイモ、完熟野菜&果物をそれぞれ少量増やして摂取して現在に至っています。
041209shokubutu

舌はもう出ていません。筋力がつきました。言葉が3語分繋がるようになり、九九算、漢字、と学習能力も向上し、サッカー、水泳、合気道、と運動も得意になりました。普通学級で何とか皆の助けを借りながら楽しくやっています。4月から4年生です。父親の仕事である仏像彫刻を、今年から伝授させたいと思っています。中京テレビが大光のことをニュースで取り上げてくださいました。また大光のより良い成長をご報告させて頂く事が出来ると思っています。

Photo_20

※今年(05年)の日テレ24時間テレビで、太光が中京テレビで大きく紹介させて頂く事になりました。
クリック!⇒ 画像と記事

| | Comments (1) | TrackBack (1)