■ガンと糖質栄養素■

≪がんワクチン療法≫⑪                               【たけしの家庭の医学】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Baner


Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Logo

2010年9月28日「3時間SP=たけしの家庭の医学」で”情報や本舗にて数回ご紹介の≪がんワクチン療法≫が特集されていました!今年5月、厚生労働省が、これを高度医療に認定して保険の一部併用を認可されたことでもあるし!

4a1ebfcb■≪がんワクチン療法≫①~⑩までの書き込みは右のカテゴリー【がんと糖質栄養素】にて


免疫の力」でガン細胞を退治!私達の身体の中では、毎日、2.000個とも5.000個とも言われるガン細胞が発生しているのに、ガンになる人とならない人が!その大きな要因の一つが「免疫力」だと。免疫とは、細菌やウイルスといった侵入者や、体内で発生した数千個のガンなどの異常な細胞を見つけ、攻撃してくれる防御システムのことなのです・・・・・・

Photo_4【番組で放映のガンを攻撃するアニメー動画】は下段に⇒スクロール

Photo突起を持った細胞ががん細胞!


私達の身体には無数の免疫細胞があり、それらが力を合わせて体内の異物を攻撃【ウイルスに感染した細胞を撃退するなど】し病から身を守ってくれています。中でも、血液の中を絶えずパトロールし、異物を発見すると真っ先に攻撃を仕掛けるのが、「ナチュラルキラー細胞」、通称「NK細胞」。NK細胞とは、白血球の中のリンパ球の一種。ガン発症を未然に防ぐ頼もしい存在なのですが、このNK細胞をはじめとする免疫細胞は、年を重ねるごとに機能が低下していくのですね


Photo_6キラーTー細胞=攻撃部隊】が今や攻撃しようとしている後ろから【Bー細胞】から情報を得た【ヘルパーTー細胞=司令官】が指令を出している画像です

このような時に、様々な身体の不調を引き起こすだけでなく、ガン細胞も抑えきれず、最悪の場合、ガンを高下しきれない時に、今回の「がんワクチン療法」で活性化してがん細胞に立ち向かってくれるのが「キラーTー細胞」で、強力に攻撃!防御!をしてくれるのです!番組の免疫細胞の主役は。この「キラーTー細胞」なのでねす


Nk

しかし、その免疫力を人工的に上げることによって、ガンを退治する新しい治療法が今、注目を集めています。いったいどんな治療法なのか?ここで番組では久留米大学先端癌治療研究センターの野口正典先生が登場して、それは 【ガンペプチドワクチン療法】という最新のガン治療法だと!

NK細胞が異物を撃退する決定的瞬間の映像が紹介された。NK細胞はパーフォリンというたんぱく質をがん細胞に撃ち込むことで死滅させるが、NK細胞をはじめとする免疫細胞は加齢とともに機能が低下する。

Photo_2⇒コチラ【動画】情報をゲットしたNK細胞は酵素(ドリル?)で穴を開け、パーフォリン(タンパク質)を撃ち込んで死滅させる動画をアニメーションにて・・・(細胞の外に突き出た目印が細胞のアンテナ「糖鎖」です!)

Photo_3⇒コチラ【動画】≪マクロファージの異物の補足映像を入手!≫・・・(後半の触手を伸ばして捕える映像は実写だけに迫力がある・・・触手の先に「糖鎖」が出ているのです)

免疫力を人工的に上げ、がんを退治する「がんペプチドワクチン療法」が摘出手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第4の治療法として注目を集めている

Health_0001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪がんペプチドワクチン療法≫⑧                          【産経新聞ニュース】の最新ニュース


_news■最新⇒ガンワクチン療法⑩クリック!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

200pxjhu_homewood_sign

がんワクチン療法 ≫については7回書き込みしています、そしてグーグル検索ページのスポンサーサイトには⇒【科学的根拠に基づくがんワクチン療法 肝がんの再発リスクを81%減少!】とある、クリックするとこの≪がんワクチン≫の研究開発会社「セルメディシン」のとても分かりやすいサイトに行き着く!

このペプチドワクチン療法と同じだと考えられるレポートがNEDO海外レポートに2005年の4月に公開されていた⇒≪癌を撃退するように身体を教育する試みの中で、研究者達はある免疫細胞が他のものより「賢い」ことを発見したジョンズ・ホプキンス・キンメル癌センターの研究者達は、ガンに狙いを定めているT 細胞2 種類の癌殺傷率を調べた結果、骨髄に存在するT細胞は血中を循環するものよりも90%以上効率が良いことが判明した≫と


Photo

Cancer Research 誌”(3 月1 日号)に掲載したこの研究の「イワン・ボレロ医学博士」は⇒「今回、私達は骨髄にあるT 細胞を『教育すること』で、最も効果的に抗腫瘍反応を得ることができるという証拠を掴んだ」と

とても私、素人には詳細は難しく!お知りになりたい方は⇒【NEDOレポート】←37ページ(PDF)         

Sankeinewslogo

先月ガンの3大療法の1つ放射線療法の効果に疑問符が投げかけられた!ここ数年前から既存療法に問題提起の情報が傑出してきていますよね
11月7日には、オンラインの「産経ニュース」で【がんと闘う ワクチン療法】(中)免疫療法 人により効果に差≫このニュースの中で「丸山ワクチン」の謎が解けたのでは?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Maruyama_img

1980年代には米国でも初期のがんワクチンが臨床に導入されたが、期待されたほどの効果がなく、丸山ワクチンの承認見送りと合わせ、「免疫療法は怪しげなもの」との印象が広まり、現在に至っていますが、ここにきて、「自然免疫」の働きが解明され、 丸山ワクチンは自然免疫、現在のがんワクチン獲得免疫を主に利用するという違いはあるが、がんワクチン療法もこれまでに解明された免疫の理論に基づいて行われている・・・・・・

■コチラも⇒【詳細】=産経ニュース(2009年11月7日)


Photo_3
情報や本舗がんペプチドワクチン療法≫新聞記事【ワクチン療法の詳細!】に丸山ワクチン書き込みをしています!虎ノ門病院の病理部で多くの病巣を見てこられた「遠藤雄三」医学博士は≪丸山ワクチンとがんを考える会≫の2006年の講演会で「大人のがんは生活習慣病・・・従ってがんは予防できる」と演題で講演されています

■≪補足:病理医って?それは、重大な病気,例えば”がん”などが疑われた時には,病理医の診断によって治療が大きく変わると言うことをご存知でしょうか≫

Photo_2

ホリスティックケアーで多くのがん患者の信頼も厚い「帯津三敬病院」院長帯津良一先生がこの講演会で登壇しています

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪がんペプチドワクチン療法≫⑦                          NHKの【クローズアップ現代】

New最新情報=がんワクチン療法⑨≫ 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

                                
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_2

10月26日(月)に■NHK【クローズアップ現代で「実現するか”夢”のガンワクチン」と題して放映がありました。がん細胞を体の中の免疫システムを利用して攻撃する「がんワクチン」。手術・放射線・化学療法につぐ第4のがん治療法として注目されている。

Photo_2⇒【実現するか”夢”のがんワクチン】と余命数ヶ月と宣告されたがん患者が2年以上も生存した方の体験談を動画で!

NHK教育の【サイエンスZERO⇒(4月4日)「ガンの個性を探れ」

TBSの【総力報道!THE NEWS】での「ガンが小さくなる」⇒(6月6日放映)に引き続いての特集ですね!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Tousa0103

治療の仕組みはここまで数回書き込みしていますが、ガン細胞の表面【全ての細胞60兆個には「糖鎖」がついている・・情報や本舗述】にはペプチドという組織ができるが、もともと患者の細胞だからリンパ球はこれを敵と認識しない⇒≪自己≫≪非自己≫・・・【認識するのは受容体⇒この先端には「糖鎖」がついているのです・・情報や本舗述】そこで同じペプチドを注射してリンパ球に異物であると認識させて、攻撃させるという⇒テーラーメード≪紳士服・婦人服のオーダーメードのようにそのガンに合わせた?≫・・・認識をしたリンパ球はがん細胞のペプチドを攻撃するようになる!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo 
これで進行が止まって、縮小したという「男性のがん患者」の話をTBS【THE NEWS】が取り上げての特集だったのですが、男性ガン患者は和歌山県立医大で すい臓がん治療をうけていたのですが、2007年に「余命7か月」と診断された。すでに手術には遅く、このガンペプチドワクチン療法でかなりの確立でガンが小さくなった!

Cancer

また完全に消えたという情報を知った、病院の提案でがんワクチンの臨床試験を受けることをきめて、「すい臓がん」で好結果をだしている遠く離れた「岩手医科大学付属病院」に出向いたのです

■【ここからのニュースは今回知りました!】

Photo28061⇒【クローズアップ現代⇒ウェッブより】


注射で8回投与されたが、がんの進行が止まり、1年後の2008年、2年後の2009年と、変わりなく、普段の生活に戻って、仕事もつづけ、旅行にも行き順調な生活を送っていたのにも関わらず、今年の8月残念なことに容態が急変!亡くなったそうです、当初の診断【余命7ヶ月】を超えてのことでした

また番組内で、国内のすい臓がんのワクチンが臨床試験の最終段階に来ているというのに、一方で他の肺、胃、ぼうこうなど13種類のがんワクチンの臨床試験は進んでいないのが現状で、その理由は臨床試験を行うための資金不足にあると!


_100_bills112x180

アメリカではがん患者を支援する民間団体が研究資金を提供【NPOの支援団体、1万7000人がネットやイベントで寄付を募り、27億円を提供】、政府も動かし開発を強力に推進させている【公的資金でも、米政府のがん研究費は5000億円以上です!日本では数百億円!これが現実です


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪がんペプチドワクチン療法≫⑥                          【日本経済新聞】の最新ニュース

Newがん治療最前線の「ガンペプチドワクチン」の最新情報!■

【最新情報!=2010年1月】

         ■【ペプチドワクチン臨床試験受付情報】■

クリック!⇒ 久留米大学での外来受付更新情報】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■【さてその4分間】 ⇒ 左下の再生 ▼をクリック!



■■■【
この動画の説明はコチラ!】 ←クリック ■■■

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

F2009081108301602207


6月10日のTBSの総力報道!THE NEWSで「ガンが小さくなる」というタイトルでガン治療"がんペプチドワクチン”の特集を放映から、ちょうど3ヶ月が経ちました、昨日(9月10日)!日本経済新聞にガンペプチドワクチンのニュースが・・・・・以下


Newsstand_2

≪バイオベンチャーのタカラバイオ(株)、同社が「複合的がん免疫療法の研究開発プロジェクトが文部科学省及び経済産業省/NEDOの橋渡し研究推進合同事業に採択された」と発表した同社と三重大学慶應義塾大学が共同で申請していたプロジェクトで、がんに対する特異的T細胞輪注療法を【ガンペプチドワクチン】と組み合わせた新しい治療法の開発を進めるもの。3つのプロジェクトを推進する計画という。≫

Man_newspaper_2

日本経済新聞に記事より・・・今は見れます】

タカラバイオといえば、フコイダンの研究を(20年とか!)早くから取り組み代名詞的存在なのでしょう、今は函館のガゴメ昆布【由来:表面模様が籠目(かごめ)の様】のぬめりに多く含まれる多糖類フコイダンの単糖「フコース」のバイオ研究での医食品バイオ?開発を・・・・・他にはガラクトース・マンノース・キシロース・グルクロン酸とかが含まれている⇒【http://www.maruibussan.co.jp/definition.pdf

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Tousa0103

■ブログで書き込みの「糖鎖」!その生体【細胞】での役割・はたらきは”4分間の動画”↑ ↑ ↑でご覧いただけたと思いますし、その「糖鎖」の簡単に言うと栄養分・栄養素が「糖鎖の栄養素」なのです!この【栄養素】には、上記4つのほかにガラクトース・N-アセチルグルコサミン・Nーアセチルガラクトサミン・そして脳の栄養素とも言われるシアルサン=N-アセチルノイラミンサンをコンプレックス=複合体!すなわち体内【細胞】で構成できるように植物由来の自然多糖類で開発されているものです!1996年に生体にとって必要不可欠なる8つの単糖が学術的【医学の生化学】の本に・・・・・


Photo_8

クリック⇒≪がんペプチドワクチン療法≫②TBSの【総力報道!THE NEWS】


クリック⇒≪ガンペプチドワクチン療法NHK教育TVの「サイエンスZERO」【がんの個性を探れ】


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪24時間テレビ≫【にぃにのことを忘れないで】【川上浩輔】【脳腫瘍】                          ≪自家ガンワクチン≫≪糖質栄養≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】
                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

                ≪お断り!!!≫               【がんワクチン】【糖質栄養】24時間テレビには登場しない


Photo

盆の釜が閉じられて、毎年この時期に、日本テレビの「24時間テレビ!」が、今年はこれはこの時期珍しい「衆議院選挙の投票日」と合間っての始まったのですが。昨晩、24時間テレビでのスペシャルドラマ「にぃにのことを忘れないで」が放映されて、明けて今朝7時半ごろメインキャストの一人「田中麗奈(ドラマでは看護師役)」さんがご家族一緒に出番されていました

実際のの主人公「川上浩輔」君の15歳での発覚・発病の脳腫瘍のCTスキャンの写真が映し出された時、今年ブログで5歳の男児の「脳腫瘍」のCTスキャン画像が一瞬、「脳!」をよぎりました。
↓ ↓ ↓  ≪下の画像は川上浩輔君の写真ではありません!≫


New1_3
川上浩輔君の病名を確定するために開頭手術を余儀なく?その説明を受けた時の画像上での診断が「グリオーマ≪神経膠腫≫」との病名だったそうです】・・・・後述の「なか見!検索」でもっと読む
 

Nktato8y2
 ■クリック!⇒≪拡大画像で観れます!


クリック!⇒【詳細は⇒ブログ】「自家ガンワクチン」(←がんペプチドワクチンとは否する?)による投与前と投与後がこの画像です

まさにビフォアー&アフターの分割画像も、この「がんワクチン」を研究開発の「セルメディシン社」のオフィシャルサイトにありますが、ここでは経過良好から寛解?【聴きなれない言葉ですね?】に至ると!腫瘍体積がワクチン接種後、一部縮小、その後部分寛解、術後24ヵ月以降は完全寛解となり、07年5月現在再発がありませんと公開ウェッブに書かれてあります

Photo_2 ■この本の「なか見!検索」で立ち読みできます!↓ ↓  
【コチラ!】浩輔君の発病・発覚の状況が・・・!


情報とは全て知りうる事など到底、不可能とはいえ「にぃに!=川上浩輔」君に、この情報が行き付かなかったのかな~?と本人とご家族の脳腫瘍とのこの闘いを知って、”免疫で病は治らない!”が”免疫で病は治る!”こうした傾向がでつつある新療法にかけてみる英断も必要では?・・・・

_news_3

この実話をドラマで、演じた主演・共演者コメントがコチラから読むことが出来ます!↓ ↓ ↓
錦戸亮・田中麗奈・黒木瞳・山田涼介・陣内孝則・白川由美


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Cy_050101_2

補足】:「寛解」=症状が落ち着いて安定した状態で、症状が一時的に軽くなったり,消えたりした状態ですから、このまま治る可能性もありますが、場合によっては再発するかも知れないと?・・・・・病院用語ですかね?ワード転換では「糖鎖」同様にでてきませんから」


Japanelections09 このグーグル選挙ロゴで検索!↓ ↓

クリック!⇒≪ストーリーはコチラ!≫

クリック!⇒≪原作はコチラ!≫本をクリックすると「なか見!検索」で数ページ読むことが!【原作者は浩輔君の生みの親!本の生みの親!”ますみ”さん】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【川村カオリ】【ロック歌手】【ZOO=愛をください】【シングルマザー】【乳がん】【2009年7月28日天国への旅】】

   New1
川村カオりが求めていた

自分の体は自分で守るんだよ! ≫

Format_header_2

2009年もピンクリボンキャンペーンが始まった!なのに”川村カオリはここにいない・・・・毎年4万人が罹っている”」乳がん”!彼女の思いを無駄にしないで下さい!

コチラクリック⇒ 【ピンクリボン特集2009

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

昨日【2009年7月28日】一人のガンと闘う、女性ロック歌手が都内の病院で永眠してしまった!■

Photo

2004年に乳がんが発覚!手術!その時の決断は『胸よりも生きる事が大事、ジャー要らないと・・』そして手術は成功していたかに見えたものの?2008年に多発性リンパ節・胸骨・肺と転移が見つかる、昨年久々に封印していた?デビュー曲≪ZOOを原宿のアストロホールの誕生コンサートで10数年ぶりに歌い、愛娘の「ルチア」ちゃんの為にもと精一杯ガンとの闘病を続け生きると言う事に決してあきらめない姿に、スタッフが、彼女の38回目の誕生日にビッグなプレゼントを申し出た・・・・

申し出を受けたのは、39回目を迎えることなく旅立ってしまった女性ロック歌手≪川村カオリだ!38歳!シングルマザーで3ヶ国語を話す女性ロックーそしてトップモデルで、女優としても活躍という多芸多才な≪川村カオリ
≫!今はいない!【本当に、残念なことです】

Photo_2

今年5月5日にデビュー曲≪ZOO=愛をください!≫をツアー活動の拠点としていたステージ、想いで深き渋谷のC.C.Lemonホール【渋谷公会堂のことです】でのライブが彼女を奮い立たせたプレゼントだったのです!2008年の10月にピンクリボンフェスティバル終了後の驚きの会見からか、マスメディアでの特番などの出演が多く、そのうちの一つ、7月17日に川村カオリと一人娘の「ルチア」ちゃんに密着取材の全てを「金スマSP」で紹介のYou-Tube検索をして観たところ、金スマのメインMC仲居正広さんの「何がつらいことでしょう?」の質問に「自分の寿命が見えないことは、つらい!何月何日と言われたほうが・・・良い・・!」と彼女は答えました

■今になっては、子供の日のライブがラストステージになってしまったが、集まったファンに語りかけた「奇跡を信じよう・・!奇跡を起こしてみたいな・・・」がむなしく、胸に残る一日になってしまった

【You-Tube】川村カオリに追悼の意をもって観ました!(全篇30分強の動画です)

Photo_4

金スマSP 4-1
金スマSP 4-2
金スマSP 4-3
金スマSP 4-4

川村カオリの【ブログ=調子はいいんだけど・・・・

Photo_3

昨年やはりガンとの闘いをブログにも書きこみ、教え子、大学関係者のまえでの大学の講堂ラストメッセージとして「最後の授業」を終えた「ランディバウッシュ教授」のお話と、何かしらダブってしまいました!バウッシュ教授はブログ、本の中で子供達へのメッセージを沢山残し、川村カオリさんもブログ、愛娘の為にいつとも知れず確実に近づきつつあるカウントダウンの無い「死!」と直面しながら・・・・ガンは容赦なく身体を蝕んでいく

そんな中・・・人の為に!誰かの為に!生きていたいと、ここにきて考えるようになって、抗がん剤の副作用による痛み・不調にも絶えて、川村自身で作詞作曲したロック「リメンバー 17歳の君へ」」の曲は間違いなく最愛の娘「ルチア」ちゃんへのラストメッセージだったのでしょうね・・・・音楽活動から離れていたとは言え、片時も唄は忘れる事はなかったのでしょう!『人と出会い!別れ!そして経験!深さを増して、人とともに成長する、人に伝わる唄を歌いたいものです・・・』

Twitter168⇒■■■ @tenboss ■■■

| | Comments (0) | TrackBack (2)

≪がんペプチドワクチン療法≫⑤                          産学官事業に国の委託事業として  文科省が3億円を!

【日経サイエンス情報】ガンを知るためのホームページ

_news_2■情報は⇒【コチラ!クリック!】


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Cell

この糖質栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】「糖質栄養」が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが判っています
「糖質」と聞くと、すぐに甘い糖のことをイメージする方が多いですが、それとは違いますガンや糖尿病患者が減少しはじめいている米国では、この糖質栄養が、150万人以上の健康回復、維持向上の役に立っています【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学なのです

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_2

資料・製品・購入のウェッブサイト!】    ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ
                  
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2

がん患者それぞれに最適なワクチンを処方する久留米大(久留米市)の「がんペプチド(タンパク質)ワクチン療法」を核とした産学官事業「久留米高度先端医療開発クラスター」が、文部科学省の委託事業に選ばれた。本年度から5年間、年間約3億円の委託費が支給される。全国で4件が採択され、九州では唯一。県や久留米市が7日に発表した。

同事業に参加するのは久留米大や九州大、県や県内企業など。肺がん、肝臓がん、ぼうこうがんに有効ながんペプチドワクチン療法の実用化研究▽大学や製薬企業の技術者などを迎えた講座による人材育成事業▽海外との人材交流や技術開発による国際展開の強化‐などの事業を展開する。


Photo

久留米大の がんペプチドワクチン療法は、患者への負担が格段に軽い「第4のがん治療法」と注目される技術で、全国初の取り組み。患者やがんの種類によって異なるがん細胞の表面に存在するペプチドを識別。【この識別作業は受容体と言っていますが、糖鎖の働きなんですよね!・・・情報や本舗】

化学合成した30種類のペプチドの中から、患者の免疫機能を最も活性化させるペプチドを選び注射することで、免疫細胞にがん細胞を認識【免疫細胞の先端にも細胞のアンテナ「糖鎖」がん細胞の先端にもアンテナ「糖鎖」・・・・情報や本舗】させ攻撃するという治療法だ。

Photo_3

県庁での会見に出席した久留米市の江藤守国市長は文科省の委託事業採択を受け「われわれのプロジェクトに大きな弾みがつく。将来的には世界から治療に来るような都市になれば素晴らしい」と期待を込めた。

               =2009/07/08付 西日本新聞朝刊=より

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Photo_4

久留米大学(福岡県久留米市)と関西医科大学付属枚方病院(枚方市)との共同で、膵臓がん≪膵臓がんは発見時には手術できないことが多く、放射線・化学療法の効果も十分ではなく、一年生存率は10-15%≫ がんの中でも難敵の1つとされている≫に対するワクチン療法開発に取り組んでいます

このがんワクチンは久留米大学の伊東恭悟教授らが開発した「テーラーメード型ワクチン」。がんの目印となるたんぱく質の断片(ペプチド)約70種類の中から、患者の血液検査で、反応性の高い4種類を皮下注射する。これによって、患者のがんに対する免疫力を高め、腫瘍(しゅよう)を攻撃させる。患者ごとに投与するペプチドが異なるため、「テーラーメード型」と呼ばれる。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪がんペプチドワクチン療法≫④                          もう一つの【自家がんワクチン療法!】

New毎日新聞ニュース■【がんペプチドワクチン療法:先進医療に承認--厚労省会議】⇒(2010年5月19日)⇒■≪毎日の記事が削除≫されていましたのでコチラから【記事全文


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
Photo_2

資料・製品・購入のウェッブサイト!】    ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

767■最新⇒■≪がんペプチドワクチン療法のすべて!≫⇒【1】から【11】まで⇒【カテゴリー

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_7

6月10日の総力報道で反響を呼んだ「がんペプチドワクチン」!と言うのも,4月にNHK教育のサイエンスゼロで放映された「がんペプチドワクチン」の書き込みをしていたことから総力報道」=TBSの特番終了後!情報や本舗の「がんペプチドワクチン」の書きこみに数時間の間に1.000件を超えるアクセスがありビックリしていましたが?

がんペプチドワクチンの研究開発での東京医科学研究所を中心とする60を超える大学医学部の研究が功を奏しそうですね!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

02_2

コチラは⇒自身のがん組織が残っていれば可能だと言うコチラの療法!上の画像は「自家がんワクチン療法」によって回復過程にあることが見られます

Photo

■【自家がんワクチン療法】の図解と動画で見られる≪コチラ動画!≫


■【最新サイト!】■ 自家ガンワクチン療法(詳細)≫【コチラ←クリック

Photo_2 ←【ノーベル化学賞の「野依良治博士」】

2001年に「ノーベル化学賞を受賞している「野依良治」博士が理事長を務める文部科学省が所管する独立行政法人で、かつ、日本で唯一の自然科学の総合研究所【ご存知でした?】この理化学研究所から巣立った企業でセルメディシン(本社・茨城県つくば市)の技術により、現在既に「自家がんワクチン療法」と言う免疫療法が保険適用外の自由診療【全額患者様負担】ではありますが、全国の各病院で始まっています!「自家ガンワクチン」治療にかかる費用は、現在150万円で、投与は1回きりが基本だそうです

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_6


このがんワクチン療法での免疫細胞=キラーT細胞に異物(抗原)として認識させる必要があります、このことに「糖鎖」が関割っていると!ノーベル賞受賞の「田中耕一」さんの在籍している 、島津製作所のウェッブの糖鎖研究開発の背景に次のように書き込みがあったからなんですが、

Photo_2⇒【画面クリックで拡大

「・・・糖鎖はがんの発生や転移などのメカニズムに影響を与えることが最近の研究によって明らかに・・・」 「・・・・タンパク質の正確な同定と詳細な構造解析を行うことができます・・・・・」「・・・・・一方、タンパク質の一種であるヒトの抗体を利用した抗体医薬品の研究も急ピッチで進められています。抗体医薬品は病気に関わる特定のタンパク質を標的分子として治療を行うため、副作用が少なく効果も高いとして、がんやリウマチなどの新しい治療法として脚光を浴びています・・・・」


No1_01受容体の先には細胞のアンテナ=糖鎖がついている【画面クリックで拡大

香川大学生命研究センターのウェッブでの書き込みです!⇒≪糖鎖は細胞表面に存在し、糖鎖結合タンパク質がこれを認識することにより、免疫細胞の活性化や、ウィルス・細菌感染に深く関与しています・・・≫と

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Fig_1_1b2000年に総理官邸会議の議題に「糖鎖」が!その時の配布資料 ↓  ↓  ↓
                                                                   Photo_4

上記画像の拡大画像⇒【コチラ産総研

糖鎖」と言う言葉を2005年に初めて聞き及んで新聞をはじめマスメディアの検索でも、今ほどではなく!アメリカのテキサスにある会社”糖鎖の働きが現代の【栄養素供給源】からは不足していると言う事から研究開発して「世に糖質栄養素」の必要性を今日まで言い続けてきたわけですし!

Photo_5


糖鎖の研究が進む中で、糖鎖と免疫は切っても切れない関係にあることがわかってきました、免疫システムを総合的にコントロールしていて、糖鎖が認識の働きをしているのですから、補完栄養としての糖質栄養の必要性も認識していただきたいものです!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ

糖質栄養素■は、最良の健康=(オプティマルヘルス)をサポートするための補完栄養を目的に開発されたものであり、疾病の診断、治療、治癒、あるいは予防を目的としたものではありません。当ブログに記載された情報は、医師による治療などに取って代わるものではなく、栄養に関する一般的な知識を深めていただくことを目的としています
Photo_3

| | Comments (1) | TrackBack (4)

【正常細胞】が【癌(ガン)】の悪性度を決めると米科学誌「Science」に!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・
                               

Images111資料・問い合わせのウェッブサイト!】     ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!


Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo

信頼性の高い医療ニュースは配信しているHealth Day ジャパン新医学見識の掲載記事です!この研究は米科学誌「Science(サイエンス)」オンライン版に昨年の8月に掲載されていて、その内容は「腫瘍が出現するはるか前から存在する正常細胞の性質により、癌(がん)の悪性度【下記に補足説明】が決定される可能性!すなわち、このような細胞は早い段階で身体の離れた場所へ移動し、癌遺伝子が活性化されるまで何食わぬ顔でそこに留まっているのだという新しい研究結果がで示されたのです!

Img_buy_1_01_3【結核菌もじっと息を潜めて隠れていると言った話を聴いたこともあるでしょう!】


■補足:【悪性度とは、癌としての性質(たち)の悪さの度合いのことで、悪性度が高いほど、転移・再発しやすく、治療がしにくい傾向がある】とのことです

Cancer


この知見は、悪性細胞だけを標的とする治療は効果的ではないことを意味する。 【標的ガン治療の放射線治療!科学療法(抗癌剤)が近年、正常細胞も攻撃してしまうのではないか?危惧されてきましたが!ここにきて現実と成りつつあるのでしょうか?≫・・・・・では≪がんワクチン=がんペプチドワクチン≫がテーラーメード療法ということも正常細胞の性質?によって度合いの変化があるなら、この療法は確かにガン患者にとっては光明が見え隠れしていません?・・・・・情報や本舗】

Photo_2

従来の医学的見識では、癌の転移は比較的後期の段階で起こるものであり、原発腫瘍の細胞が十分な変異を経て、さまざまな癌遺伝子のスイッチがオンになって初めて生じるものと考えられてきた。

≪遺伝子(ガン遺伝子も含む)のスイッチがオンについてはハーパー生化学の筆頭著者である”ロバート・K・マレー博士”が「・・・・糖質栄養が体内でどのような働きをする可能性があるのかについては、さまざまな働き方をすることが研究で立証されています。第一に、糖質栄養には、細胞にウィルスや細菌が結合することを阻害する働きがある・・・・・

【中略】・・・・

第四に、遺伝子の活動をONにしたりOFFにしたりするスイッチ機能の可能性です・・・・」とならば、正常細胞が正常細胞でいられる可能性は、極めて糖質栄養の働きによるものではないかと推察できませんか?   (Robert K. Murray)

Img_buy_1_01_3詳細全文読む】←クリック!―――by 情報や本舗≫


Photo_3←【ロバート・K・マレー博士

今回の研究では、現在がんの情報では絶対的信頼度の於ける米メモリアル・スローン・ケタリング癌センター!(ニューヨーク)そのセンターの「カトリーナ・ポドスパニア(Katrina Podsypanina)博士」らが、マウスを用いて一連の実験を行ったこの知見は、転移カスケード(編集注=1つの反応が生じるとそれに派生して連鎖的に反応が継続していく現象を、階段状の滝を水が流れ落ちる様子にたとえたもの)の第一段階が正常細胞によって起こるのかどうかを示す重要なステップであると「ポドスパニア」氏は述べている。


Photo ←【米メモリアル・スローン・ケタリング癌センター

補足:医学や科学に関わったことのない人が癌やほかの疾患の治癒法にたどりつこうとしても信頼できる情報の発信元に行き着くことが難しい!そこで信頼できる情報元としては、米国癌協会(ACS)、米メモリアル・スローン・ケタリング癌センター(ニューヨーク)、米テキサス大学M.D.アンダーソン癌センター(ヒューストン)などがあり、特にこの記事の発祥元”米メモリアル・スローン・ケタリング癌センター”はU.S.News & World Report マガジンから “米国一の癌治療センター ”であるという栄誉を受けています!


Data1

(HealthDay News 8月28日ー2008年)原文ニュース ←コチラをクリックで読む事が出来ます【英文】


| | Comments (0) | TrackBack (2)

≪がんペプチドワクチン療法≫③                          新聞記事【ワクチン療法の詳細!】

Photo_2≪産経新聞ニュース≫】謎解けた丸山ワクチン

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Man_newspaper_2

昨年の【読売新聞】(2008年12月4日)に来春から大学病院内に「がんワクチン外来」を設置し、全国初のがん患者らへのワクチン療法を始めると発表記事があり、今年、国内初「がんワクチン外来」開設に2時間で1700人が殺到した久留米大学医学部での「がんペプチドワクチン療法」の記事が【J-CASTニュース 】(2009年4月2日)の二つのニュース記事に「ワクチン療法」の詳細がありましたので書きこみ!

Img_buy_1_01_3■【久留米大病院外来での療法とは!】


補足:1700人が外来に殺到したわけではなくホームページと自動応答による電話で受け付けだった!(内訳はホームページに1600人、自動応答に100人)・・・・・最新のガン情報を多くの人がインターネットから≫


Newsstand_5

■■■【讀賣新聞】

■吐き気などを催す抗がん剤などと違って副作用が少ないほか、週に1度注射するだけで入院も必要ないなど、従来の治療法に比べ患者の負担が少ない。

前立腺がん・膵臓(すいぞう)がんなどの患者500人余に対する臨床試験で安全性を確認。延命効果が得られた患者も多かったとして、がんワクチン外来の新設を決めた。患者には少なくとも計6回、ワクチンを投与する

Pep51

ペプチドワクチンは医薬品として国の承認を得ていないため、公的医療保険を使えないが、患者の治療費を数十万円(6回分)に抑え、残りは大学側で負担する方針。 5年以内の医薬品承認を目指している。

国内初の外来開設の久留米大学(福岡県久留米市)の薬師寺道明学長は「どの治療からも見放された『がん難民』と言われる患者への治療法を考えてきた。患者に『第4の選択肢』ができたのではないか」

■■■【J-CASTニュース

■治療は週に1回注射を打ち、6週連続で行う。注射を打った後は帰宅できる。

02

■かかる費用はおよそ60万円弱にものぼる。保険が効かないので患者には大きな負担だ。【6回ですから¥3.600.000!現在は臨床試験でしょうから、大学側が負担するのでしょうね?】

効果については、「腫瘍の縮小がみられるのは、ごくごく稀で、効果としては認められていません

■ただ、免疫反応が増強するのは確実であること、一部の患者については生存期間が延長するといった効果が見受けられます」

Photo_12⇒【ガン細胞】

■ただ、がんワクチンの利点は副作用が少ないことで、他の治療法を組み合わせた利用が期待されている。

≪がんペプチドワクチン療法≫②で東京大学医科学研究所の「中村祐輔教授のビデオ紹介している【講演】をご覧くさい!・・・・・映写機の画像のところ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ここからは上記とは関連の無いとは云えない!・・・ガンに関するブログ情報

Photo_3

上記のビデオの冒頭でも中村教授は「免疫療法と言うと、なんとなく先生方は胡散臭い療法だと思われがち・・・・・」とお話されていますが!
ここに虎の病院で病理専門医として28年間在職されていた「遠藤雄三」先生が”大和薬品のコラムに無学無知の私にも分かりやすく、またためになるお話を書かれています!

そのコラム⇒クリック!【炎症と免疫】・・・病理専門医からみた一人ひとりのガン戦略とのサブタイトルで、コチラもテーラーメードのお話では?前シリーズでは”・・・・生体に対する糖鎖による免疫賦活作用については無数の研究結果が検証されていて、丸山ワクチンの「アラビノマンナン」大和薬品「アラビノキシラン」マナテックの「アラビノガラクタン」など免疫賦活作用が証明されています・・・・」とコメントしていました

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


糖質栄養=アンブロ】には多糖類としてカラマツ由来の「アラビノガラクタン」が、シッカリと採り入れられています

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ


| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧