■再生医療と糖質栄養素■

≪再生医療≫≪幹細胞≫≪糖質栄養素≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Barner_3


この栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】「糖質栄養」が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが判っています・・・・

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Illust_p52_2画像クリック!すると「赤チャン」の変化が観れます


■【再生医療】≪新たなる挑戦!脳梗塞&胎児期アルコール症候群
治療効果に関する科学的な検証は、まだまだとは言え札医大の脳神経外科の「宝金清博教授」らの脳神経細胞の再生を促す国内初の脳梗塞の治療に同大学医学部の「神経精神科」の「斉藤利和教授」が、神経細胞の元になる神経幹細胞が、うつ病やアルコール依存症・胎児期アルコール症候群などの病にも有効ではないかと?ラットを使った動物実験で、可能性が今後あるのではという研究結果を出したと!
続きを読む

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_2■「宝金清博教授」は出身校である北海道大学の神経脳神経外科の教授として戻られています⇒ここからは【勝手な私論】再生医療「幹細胞」による脳梗塞の改善がみられた札幌医大での臨床を「宝金教授」は北大にて、脳神経外科の「黒田敏」講師が、脳の疾患箇所にラットの実験とは言え、細胞の表面についている、あるタンパク質をそのままの状態と、そのタンパク質を取り去った状態での実験でタンパク質を付けた細胞群が脳の疾患箇所に行きつき血管形成も始まることをメディア発表≪NHK「サイエンスZERO」で!≫(2007年12月15日放映)


Houkin

「宝金教授」と「黒田講師」のコラボでその内、驚きの発表でもあるのではないか?と期待に胸膨らませています≪北海道大学といえ」ばノーベル賞候補にもノミネートされた理学部の西村紳一郎」教授「糖鎖」研究の日本の第一人者であることは周知の事実です・・・・人の体の重要な働きを持つすべてのタンパク質には「糖鎖」がついている事は明らかになりました!なら「黒田敏」先生実験でのタンパク質には当然「糖鎖」の働きがあるのではないでしょうか!と素人考えの全くの推測ではありますが水面下で「何か?」が・・・・


Top_img

【(社団法人)日本脳神経外科学会の脳神経情報ページ「脳の再生医療」【4項目】にも札医での臨床!北大での実験!が記載されています⇒コチラから【記載内容詳細】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Brain2

■2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)の雑誌に注目に値する記事が掲載されました。全米人気ナンバー1のジョンズ・ホプキンス大学医学部では、初めて、ドナー幹細胞が血液脳関門を通って移植者の神経細砲になったと!神経細胞は人体の中でもっとも高度に発達した細胞【体内のすぺての脳や筋肉の機能をコントロールしている】で、これまでは脳細胞も含め神経細胞は再生できないと云うのが、通説だったわけですから、この事実は人間の脳を修復したり再生したリする可能性に関する革命的な発見なのです!

Photo_6

3_2


■【脳梗塞、骨髄幹細胞で治療】≪国立の施設が臨床試験!≫
NHK教育のサイエンスZEROで驚きの再生力! と題して骨髄幹細胞を自分の骨髄幹細胞を増殖培養して注射することにより脳梗塞や心筋梗塞で傷ついた組織を修復すると言う画期的な治療法が札幌市立札幌医科大学での臨床の場で応用されて結果を出された梗塞患者の追跡番組を紹介していましたが!
臨床試験とはいえ治療法として国立の施設が昨年11月に年内にも始めると朝日新聞に掲載されていたそうです

P_vol2no2big


■【スクリプス研究所】≪幹細胞による再生医療の凄いニュース!≫
さまざまな細胞に変化できるiPS細胞を、四つの遺伝子のうち、がん遺伝子を含む二つを使わず、代わりに「スクリプス研究所」が持つ数万種類の化学物質の中から、体細胞にiPS細胞のような万能性を持たせることができる物質を探し、その結果、2個の遺伝子と化学物質の組み合わせで、マウスのiPS細胞を作ることができた上に、作製に成功する割合も、4個の遺伝子を使う場合よりも高かったという・・・
続きを読む

Nhk_special_op_ig_1


■【NHKスペシャル再生医療】≪脳梗塞治療への挑戦!≫
NHKスペシャル「眠れる再生力を呼びさませ ~脳梗塞(こうそく)・心筋梗塞 ...治療への挑戦」とタイトルで放映された番組は凄い反響だったそうです≪NHKに投稿が800を超えてあり、再々放映を≫札幌医科大学医学部で1月に始まった骨髄幹細胞による再生医療のNHKによるこの臨床試験に挑んだ脳梗塞患者を8ヶ月に渡っての追跡取材!でNHKスペシャル番組サイトで【短編の動画予告が見れますよ!】残念!公開終了となっていました
続きを読む

Brainfunction

再生医療最前線【脳神経再生が現実に!】
12月15日にはNHK教育TV「サイエンスZERO]では札幌医科大学の脳神経外科研究室での「骨髄幹細胞」培養によって患者の幹細胞を増やした後、患者自身に点滴することで、 今までの治療では考えられないような回復を続けることに成功例を、そして北海道大学?学部では、脳内で脳梗塞を起こした細胞に向かって移動する骨髄幹細胞の様子を 撮影することに成功したとの報道


Timemagazinecover4150x150


■【再生医療!新旧の情報!】
再生医療のTV放映が、明日2月12日【日】18:30よりTBS系北海道放送にてあるそうです!3年前にお気に入りに入れておいた、損傷した心臓を幹細胞の移植によって劇的に回復という記事を探してきましたので情報公開します!AP通信が協力のコメントですから「ガセネタ記事」では有りません!といっても韓国の黄教授の例もありますが?また身近な札幌医科大学の再生医療は以前NHKで最前線ということで紹介もされていますし!(NHK教育「サイエンスZERO」で放映)このブログの冒頭にある糖質栄養素この分野にても再生医療に関わることが・・・・・・?有るのですよ!
続きを読む

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪幹細胞による再生医療≫≪歯周病≫≪広島大歯学部≫≪歯ぐき再生≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Baner

植物由来の栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】糖質栄養が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが判っています
糖質栄養が、健康回復、維持向上の役に立っています【最新の糖質栄養学なのです】

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

                    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【画像クリックで拡大】⇒
New_tooth


幹細胞による再生医療のニュースが⇒歯周病に患う人には朗報でしょう!幹細胞を使った再生医療は、さまざまな細胞になる能力を持つ【iPS細胞】の研究が盛んで先日も腸の再生がみられたニュースも!しかし、がん化などの副作用の問題など?病気の治療に使うには10年以上かかるのでは⇒一方、【幹細胞】はもともと体内に存在し特定の部位の細胞になる能力を持つものだから、副作用の危険性が小さく、治療への応用が始まっている例も≪札幌医大の脳梗塞の幹細胞による臨床事例など⇒後述!≫

Perio0901b■歯周病になると・・・

歯周病患者は約3700万人いるとされています≪補足: 歯周病とは歯ぐきが細菌によって溶ける疾患≫今回の臨床研究は歯周病患者から骨髄液を採取し、患者の骨髄液から骨や筋肉のもとになる幹細胞を採取して培養後に患部へ戻す(移植)というもの、その患部が4~8ミリほど歯ぐきが回復&再生したという発表でした!⇒【広島大の研究グループ】

■その詳細は⇒【毎日新聞オンラインニュース

≪上記ニュースがクローズ!毎日新聞の抜粋記事≫004


歯ぐきが細菌によって溶ける歯周病について、患者の骨髄液から骨や筋肉のもとになる幹細胞を採取して培養後に患部へ移植し、 歯ぐきを再生させることに広島大の研究グループが成功した。患者を対象にした臨床研究で、移植をした患部は4~8ミリほど歯ぐきが回復した。 細胞培養技術の向上などで再生効果を高め、3年以内に厚生労働省へ先進医療を申請、実用化を目指す。【野田武】

Photo_7

30~65歳の歯周病患者の男女11人から骨髄液を採取。この中に含まれる間葉系幹細胞を培養・増殖させ、医療用コラーゲンと混ぜて歯周病患部へ注入した。11人のうち、転居などで経過を追跡できなかった3人を除く8人中6人で、 歯ぐきの回復や、歯周病で生じた歯と歯ぐきの間のすき間(歯周ポケット)が小さくなった。 移植した幹細胞が歯周組織となったり、もともとあった細胞の増殖を促す物質を出して自力での組織再生を後押ししたとみられる。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_4


≪下の図はNHK教育のサイエンスZEROで驚きの再生力! と題して骨髄幹細胞を自分の骨髄幹細胞を増殖培養して注射することにより脳梗塞や心筋梗塞で傷ついた組織を修復すると言う画期的な治療法が札幌市立札幌医科大学での臨床の場で応用されて結果を出された梗塞患者の追跡番組を紹介していましたが!


Download_pdf⇒【その詳細全容≪PDF≫ダウンロード


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Scrap似て非なることであっても似た事なんでしょうね!】

Aphoto

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【再生医療】新たなる挑戦!                              脳梗塞&胎児期アルコール症候群

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

        ■■■糖鎖の働きをメディアが!■■■

S004


読売新聞【ガン・アトピー・じん不全・・発病に関与=治療法に期待】

Photo_2資料・製品・購入のウェッブサイト!】 ↑クリック!


日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_9


札幌医科大学脳神経外科の宝金清博教授
らは、脳梗塞患者の骨髄液を採取して静脈内に注入し、神経再生能力で脳梗塞の症状改善を目指す世界で初めての治療法を始めたのが2004年の2月の事でした!【宝金清博教授は2010年出身校の北海道大学医学部に戻られたそうです】

2006年の8月、医学部の倫理委員会の承認を得られた事で、ラットではなく脳梗塞で傷ついた患者に適用することで始まりました

Cover_nature

2006年の10月に患者本人の骨髄の幹細胞を使っての国内初の脳梗塞の治療を行う予定が、医学的な条件(患者の)が整わないとして、延期していたのですが、11月になって脳梗塞を発症した半身が不自由になった50代の女性に実施すると発表しました。

骨盤から12月下旬に骨髄液を採取し、幹細胞を抽出し約2週間かけて培養して、細菌やウイルスに感染していないか検査した上で、12日午前に腕に点滴で投与したところ、その時点では拒絶反応は見られなかった事が2007年1月に言及されていますこの詳細を読む

2007年の2月まで50代の女性を皮切りに、数人(12名?)の例の実施!50代の男性【登口さん】例が明らかに効果が表れた事から【詳細を読む!】11月5日NHKスペシャル「眠れる再生力を呼びさませの~脳梗塞・心筋梗塞治療への挑戦~」で放映されたのです【←ブログの書き込み!】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo 齋藤利和教授(左)と研究者たち(札幌医大提供

治療効果に関する科学的な検証は、まだまだとは言え札医大の脳神経外科の「宝金清博教授」らの脳神経細胞の再生を促す国内初の脳梗塞の治療に同大学医学部の「神経精神科」の「斉藤利和教授が、神経細胞の元になる神経幹細胞が、うつ病やアルコール依存症・胎児期アルコール症候群などの病にも有効ではないかと?ラットを使った動物実験で、可能性が今後あるのではという研究結果を出したと!

札幌医科大学のウェッブが刷新され、医科大に関わるニュースが紹介されていて【asahi.com 】の"知に挑む”脳研究「再生医療」の記事に遭遇しての書き込みです!

Photo_2 神経幹細胞の実写

以下上記記事の続き・・
最初に試みたのは、赤ちゃんが母胎にいる間に引き起こされる胎児性アルコール症候群の実験だ。母ネズミにアルコールを与え、この障害のモデルネズミをつくる。外見は正常だが、非常に多動で恐れを知らない行動を示す子ネズミになる。生後1カ月のとき、シャーレの中で増やした子ネズミの神経幹細胞をしっぽの静脈から注入してみた。

Photo_8 ← 【神経細胞】その結果、子ネズミの多動などがなくなった。神経幹細胞の移植によって治療ができる可能性が、動物実験で示されたわけだ。ほかに統合失調症のモデルネズミでも、神経幹細胞を入れてやると、脳のネットワークが復活していることも突き止めたという

齋藤利和教授は小樽の病院で断酒会をつくり、アルコール依存症の患者と格闘を重ねてきた。その中で「アルコールの病気は人格障害などではなく、脳で何かが起きている」との確信をもった。教授は、アルコール依存症、統合失調症やうつ病、さらには「キレる」といわれる子どもたちにも脳内神経回路の障害があり、幹細胞移植法が考えられるとみる。


Photo_3

難治性のうつ病は抗うつ剤でかなり治せるが、1割くらいは治りづらい人もいるという。神経幹細胞の移植はこうした難治性のうつ病をはじめ、統合失調症などさまざまな精神の病気の治療に使える可能性もありそうだ。「次はサル。成功したら、精神科でも幹細胞を治療に使える時代が来るかもしれない」と斉藤利和教授は話す。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photo_4

このニュース記事に以前書き込みをした糖質栄養を摂る事で胎児期アルコール症候群からの回復改善の報告事例がありました、サラという胎児期アルコール症侯群のため心臓陣害を持ち、脳性小児麻痺を持って生まれた少女のお話です!

サラの義母はサラに糖鎖栄養を与えるとともに、糖鎖栄養素の入ったゲル【製品名は規約により表記できません】を全身にすリ込むことを始めました。 サラがものが飲み込めるようになると糖鎖栄養【糖質栄養素の粉】以外の糖質栄養を研究開発した微量ではあっても【13種類の完熟野菜&果物と糖質栄養素?】を加えました。


Photo_10

4歳の時に小児科の専門医の診断を受けたところ胎児期アルコール症候群についても脳性小児麻痺に関しても全くその疸跡はなく、心臓も正常に発育し手術の必要もなくなっていました。生まれた時のサラの写真を見るとひどい胎児期アルコール症候群独特の特徴が頗つきにあリましたが、いまでは全く正常です。

知能指数も80以下だったのが100以上に上がり、胎児期アルコール症侯に関して前例のない変化だと云う事です!

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ


<Photo_6
■こうした報告は、勿論科学的な証明を示しているわけではあリません!あるアメリカの医科学研究所バルバドスアロエの研究では権威者のある博士と研究チームが栄養臨床の結果の事例なのです!他にも多数、中枢神経系や膵臓や肺、肝臓や心臓細胞などの説明不可能な機能の回復事例を機関紙で公開していることも事実なのです!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Ca4zilyx_2

(* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (1) | TrackBack (1)

「糖鎖」「糖質栄養素」検索で                           【マクダニエル博士】再生医療記事!

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Moviecamera_3上映中!「細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・・」
上映ここをクリック!【7分間のビデオ】                                    

Images111資料・問い合わせのウェッブサイト!】     ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

2005年6月タイトル名「貴方のバランス「右脳」「左脳」は?」のレジ・マクダニエル博士の書き込みで、古代人は多くの天然食品を調理無しで食していた、そして自転車もバイクも車も汽車も船も無く、運動量からも細胞のアンテナ「糖鎖」が現代人の3倍から4倍も多く持っていたことが解明されてきているのですが!

Photo_11

このときの書き込みが唐突にも幹細胞の話に飛んでいるのは、この頃「再生医療」の記事が多く、未知に近い糖質栄養素を調べ、学びながら摂りはじめた「糖質栄養素=アンブロ」でしたが!ある情報が飛び込んできての書き込みだったのです。

この「糖質栄養の粉=パウダー」はアロエベラの研究においては161の特許を持っている「ビルマカナリー博士」と今では「ビッグ8=8つの糖鎖」と呼んでいる八つの糖鎖のうちの”マンノース”(アロエ・ベラ)の研究開発を1981年からしていた「レジ・マクダニエル博士」のお二人の共同開発だったのですが!マクダニエル博士もアメリカでは、それこそ”超”ー著名なお医者さんなのです。

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ


Photo_2

世界中の人々、特にアメリカ合衆国の国民全員が震撼した、あのアメリカ同時多発テロ事件【2001年9月11日】!その後に起きた炭素菌入りの郵便物配信事件!で米議会は11月にこれら生物兵器を懸念して「バイオテロとその対応」ということでの聴聞会が下院で開かれ、全米からわずか8人のドクターが招かれて専門的見解を述べたのですが!

Globalincentiveblog520x292

なんと「レジ・マクダニエル博士」が選ばれたのです。その上他のドクター全ては国防省・国立微生物研究所・国立予防衛生研究所・反テロ食品医薬品局・健康科学大学准教授・タフツ医学大学教授と民間からは「マクダニエル博士」=糖質栄養のリーダーカンパニーである開発会社のメディカル・ドクターだったと言うことに博士の医師としてだけの見識以外に国家が求めたことがあったのでしょうね!

News

グーグル検索「レジ・マクダニエル」では、わずか9,190件ですが、同じくグーグル検索「Reg McDaniel」では 262,000件とヒットします!「再生医療」「幹細胞」「糖質栄養素」などのサイトが多く見つかります【グーグル配信の動画でこれらのことで50分からのインタビューが!見つかりました】


Fda

医薬品としてFDAに申請したこの新栄養素はLD-100であって薬品ではなく、食品であると!そこで糖質栄養の開発者たちは、特にマクダニエル博士を筆頭に医師らが在籍するフィシャー・インスティチュート研究所」=Fisher Instituteは世界中の多くの人々に「糖質栄養素」を摂ってもらい臨床治験を求めたのですね!【多くの事例が存在する!】
Photo_9

数年の間に、アルツハイマーやパーキンソン、脳梗塞の患者たちが顕著な回復を示す事例が飛び込み医師らは当惑させられました!他にも糖尿病の患者たちではインシュリンの生成が始まり、臓器移植した患者の場合は、移植に対応する薬を必要としな<なったリと言った事例にも驚きました


Intro_to_glycobiolgy001002

2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)の雑誌に注目に値する記事が掲載されました。全米人気ナンバー1のジョンズ・ホプキンス大学医学部では、初めて、ドナー幹細胞が血液脳関門を通って移植者の神経細砲になったと!神経細胞は人体の中でもっとも高度に発達した細胞【体内のすぺての脳や筋肉の機能をコントロールしている】で、これまでは脳細胞も含め神経細胞は再生できないと云うのが、通説だったわけですから、この事実は人間の脳を修復したり再生したリする可能性に関する革命的な発見なのです!

Jama

マクダニエル博士らの研究メンバーは、1994年から様々な事例【アルツハイマー病・パーキンソン病・ハンチントン病・脳性小児麻痺・大脳白質萎縮症・ダウン症・自閉症・胎児期アルコール症侯群など】が糖鎖栄養素やそのほかの微量栄養素を摂ることで、脳梗塞や外傷性障害や神経変性障害の人たちが、医師・科学者の判断で回復不能と言われていたにもかかわらず失われた中枢神経系の機能を回復したり取リ戻したリすることに関する理解できる科学的な説明をアメリカ医師会JAMAの記事が掲載されるまで出来無かったのですから!

Fda_2


* 【これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、癒すとか、防止することを目的としているものでもありません】


Esstemcell

これまでにも、研究スタッフは糖質栄養を一週間摂る事で、血液中のおよそ5.000~10.000の白血球で1マイクロリットルの血中に200-400個の幹細胞の数を測定したと言うことがウェッブサイト【グーグル米国サイト】にありました!このデータから推定すると糖鎖栄養素を我々の身体に摂り入れることで、幹細胞が一週間以内に1兆個以上の幹細胞が発見されるのではと推定したことも書かれてありました!

Photo_15


このことが時としてダウン症の子等に劇的な変化が起こる要因になっているのでは?と! 「糖鎖栄養素」が人間の骨髄幹細胞の生成を促すということを理解することにより、なぜこのような前代未聞の脳機能の回復が起きるのかを科学的に理解することが出来るのです。幹細胞は人間の体が必要とする細胞に進化する能カを持っているのです。

Photo_10

幹細胞は、体内であらゆる組胞の再生をする能カを持つ細胞で、神経細胞や肝臓細胞、脳細胞、指のつめ細胞、などになることが出来るトランプで言う「ジョーカー細胞」なのです

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【次号に報告されている事例を書き込み予定です】
Photo_3 ←≪神経幹細胞の実写真≫

| | Comments (0) | TrackBack (1)

脳梗塞、骨髄幹細胞で治療        国立の施設が臨床試験へ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


あなたの体の中の【細胞のアンテナ=糖鎖】が体に何が必要で【栄養・・】そして何が不要か【ウィルス・細菌・バクテリア・化学物質・・・】認識選別しているか?日常何が起きているのか?その情報をCGグラフィック動画で見ていただきたいのです

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
Photo_2

資料・製品・購入のウェッブサイト!】    ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo

NHK教育サイエンスZEROで驚きの再生力! と題して骨髄幹細胞を自分の骨髄幹細胞増殖培養して注射することにより脳梗塞や心筋梗塞で傷ついた組織を修復すると言う画期的な治療法が札幌市立札幌医科大学での臨床の場で応用されて結果を出された梗塞患者の追跡番組を紹介していましたが!
臨床試験とはいえ治療法として国立の施設が昨年11月に年内にも始めると朝日新聞に掲載されていたそうです

Photo【その全貌!】2007年11月放映の「NHKスペシャル」


Photo_3

脳梗塞、骨髄幹細胞で治療 国立の施設が臨床試験へ」と見出しで、始めるのは大阪府吹田市の国立循環器病センターで骨髄中の幹細胞を注射して脳の血管を再生させ、組織の再生を促すことで脳梗塞(こうそく)による後遺症の治療を目指す臨床試験!重い後遺症が残る重症患者を対象とし、治療効果の検証を目指す幹細胞治療は国内初となる。すでに国の承認を得ており、センター内の最終調整を進めている。【補足:国内初は一昨年から開始した札幌大学医学部脳神経外科が初だと思いますが?】

Photo_5

同センターの成冨博章部長(脳内科)を統括責任者とする臨床試験は、心臓にできた血栓が血流で移動して脳の血管を詰まらせる、心原性脳梗塞の重症患者を対象とする。長嶋茂雄・元巨人監督も発症した病気だ。
20~75歳で、入院から7日の間に改善がほとんど見られない患者12人に対し、本人か家族の同意を得て実施する。


Photo_4

発症後7~10日の間に腰の骨から骨髄を採取。その日のうちに、骨髄単核球細胞と言われる幹細胞を分離して注射する。【札幌医科大学での骨髄幹細胞による再生医療は抽出してから培養していましたが、国立循環器病センターでは抽出してその日のうちにと言うことは培養なしでと言うことなのですね?】


1カ月後に、臨床試験を直接担当しない部署が安全性や効果を評価する。


Photo_2

骨髄採取を発症後7~10日としたのは、マウスの実験や人間の研究で、この時期に神経幹細胞が損傷部位に集まるとわかったため。
【補足:このことはサイエンスゼロで実際画像で見せていました,北の国立大学”北海道大学医学部”では骨髄幹細胞が梗塞箇所に向かう映像撮影に成功してそのメカニックも解明した!とこちらもサイエンスZEROで紹介していましたよ】

Img_797324_52870652_0_2

こうした幹細胞は血管がないと死んでしまう。骨髄単核球細胞には血管再生を促す働きがあるので、それによって神経幹細胞がうまく定着すれば、症状の改善が見込めるという。 同センター研究所の田口明彦・脳循環研究室長は「脳出血が一番こわい副作用だが、骨髄に元々ある細胞を使うだけに安全性は高い」と話す。くbう

札幌医科大学の2007年からの臨床試験一年=2008年1月6日,北海道新聞

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再生医療最前線【脳神経再生が現実に!】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
Photo_2

資料・製品・購入のウェッブサイト!】    ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Ips


再生医療!京都大学の山中教授の「万能細胞が日本では国のプロジェクトとして国家研究費を組み、新たに追加10億円の研究費と国家の肩入れが、世界中の何処より先駆けてとの意向なのでしょうか?ここに来て「再生医療」が現実味を帯びてきたのは、歯の再生!(親知らずの組織をとって培養、そのものを抜けたところに戻すことで再生していく】またNHKスペシャルでも放映されたように札幌医科大の脳梗塞治療臨床試験】で患者が社会復帰できるまでになる幹細胞による再生医療の現実性!


Photo_2【■【画像入りの全貌!】(2010年8月15日更新)


札医の脳神経外科=本望講師脳梗塞治療の実用化研究」PDF

Zero


12月15日にはNHK教育TV「サイエンスZEROでは札幌医科大学の脳神経外科研究室での「骨髄幹細胞」培養によって患者の幹細胞を増やした後、患者自身に点滴することで、 今までの治療では考えられないような回復を続けることに成功例を、そして北海道大学?学部では、脳内で脳梗塞を起こした細胞に向かって移動する骨髄幹細胞の様子を 撮影することに成功したとの報道!【いずれも北海道のこと何か北海道が再生医療の前線基地では!】

Photo⇒■【幹細胞】

札幌医科大の今回の臨床試験の発端は2005年9月10日のNHK教育TV[サイエンスZERO]で放映されていたのですから、2年後の放送では当時の研究からの可能性を計画通りに今回将に、献体試験からの臨床試験まで2年間で実際、梗塞患者が驚くほどの回復で社会復帰を1年も待たずして可能にしたことは観ていて感度しました!

Scrap

北海道大学の撮影の成功は札幌医大の科学的根拠・裏づけ・・・何故、損傷箇所に幹細胞が行き着くのかと言うことの解明が成された訳で、それは傷んだ脳の細胞からはSDF1というタンパク質が分泌され、 それがシグナルとなって体内の骨髄幹細胞が集まってくると考えられそうなんです【重要ななタンパク質のすべてに糖タンパク【糖鎖】が付いている訳ですからシグナルと言うのは「糖鎖」のことなんでしょうと勝手に解釈!標的に向かって、幹細胞は集合していったと言うことは、体がSOSを発しているところにちゃんとレスキュー隊が行くんですね、自然治癒力のメカニズムですね】

Data1


韓国の「ファン(黄)教授のES細胞とは違い【おまけに捏造だった訳ですから!】万能細胞も骨髄幹細胞も西洋医学の新しい幕開けが始まりそうですね

--------------------------------------------------------------------------------
”驚きの再生力!骨髄幹細胞”・・・・・・・・12月15日放映

札幌医科大学付属病院における脳梗塞の臨床試験について
骨髄幹細胞を培養し増加させ、点滴投与することで治療する試み
札幌医科大学 脳神経外科 宝金清博 教授 ・ 本望修 医師
タンパク質SDF1と骨髄幹細胞について
北海道大学病院 神経外科 黒田敏 医師

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NHKスペシャル「再生医療」脳梗塞治療への挑戦!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

        ■■■糖鎖の働きをメディアが!■■■

S004


読売新聞【ガン・アトピー・じん不全・・発病に関与=治療法に期待】

Photo_2資料・製品・購入のウェッブサイト!】 ↑クリック!

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2

NHKスペシャル「眠れる再生力を呼びさませ ~脳梗塞(こうそく)・心筋梗塞 ...治療への挑戦」とタイトルで放映された番組は凄い反響だったそうです≪NHKに投稿が800を超えてあり、再々放映を≫札幌医科大学医学部で1月に始まった骨髄幹細胞による再生医療のNHKによるこの臨床試験に挑んだ脳梗塞患者を8ヶ月に渡っての追跡取材!でNHKスペシャル番組サイトで【短編の動画予告が見れますよ!】残念!公開終了となっていました

Esstemcell

患者は発症から12時間経過していた当時は左に麻痺が来ていて脳のMRIでは左脳部分に梗塞箇所が一部白く写っていた!自身の骨髄から抽出した骨髄幹細胞を培養して患者の体内に静脈から点滴注入!【抽出した骨髄の幹細胞を10,000倍の一億6千万個に培養してから】なんと5時間後の検査で梗塞箇所の白いところが幾分小さくなっているのです注入前と注入後のMRI?写真で、ハッキリと判るほど白い部分が縮小していました!

Danmen2

翌朝患者に寝起きに、医師の本望担当医の「何か変化がありましたか?」の問いかけに、「指が動くように・・」「なりました!・・」と、動かすことに不自由だった左の手の指が動くのだと?術前は動いていなかった指が、本当に動いているのです!そして一ヶ月後に梗塞部分の白いところは、はっきりと分るほど小さくなっていて、指の動きはスムーズになり将に見た目、はっきりと回復していることが確認できました

20070628hja6s001_28

幹細胞の点滴注入は一回きりだそうですが、後は自己治癒力の力なんでしょうね!素、らしいことです。培養することで莫大に増えた幹細胞は血液に乗って運ばれることで再生医療が始まるそうです!いえ始まったのです!8人の臨床患者がいていずれも障害麻痺からの回復が見られるということでした。現在は臨床試験と言うことで50人?60人?までと・・・国の再生医療の一躍を担っているのでしょう文部科学省が平成15年から「再生医療の実現化プロジェクト」に着手しています

Photo_4

世界31カ国特許が認証されている、「糖質栄養素」の研究開発社の糖質栄養ですが!アメリカのウェッブサイトからの情報ですが

Photo_3


糖質栄養素を1週間!摂る事で幹細胞が白血球5000個から1万個の1マイクロリットル中に200個から400個の幹細胞の増大が見られたところから、身体全体では1兆個以上の増大があるのではと推定されている】



Photo_3  ←これが神経幹細胞


| | Comments (0) | TrackBack (0)

再生医療最前線              【脳神経再生が現実に!】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Saibou_denntatu_1←≪免疫細胞が会話をしている≫貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


Moviecamera_3【細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・日本テレビ】

観るここをクリック!≪この糖質栄養素↓≫


Grant

Photo_2

資料・製品・購入のウェッブサイト!】    ↑クリック!クリック!クリック!

    ≪日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo

眠れる再生力を呼びさませ~脳梗塞(こうそく)・心筋梗塞(こうそく)治療への挑戦~』と11月5日に「NHKスペシャル」で札幌医科大学での日本で初めての治療法の臨床試験【今年1月に開始された】の追跡取材放映がありました!2005年3月26日のNHK人気番組「サイエンスZERO」札幌医科大学の再生医療の最先端の脳再生と研究としての紹介でしたが?

Photo_5 ←【神経幹細胞】


発症して12時間後に病院に運ばれこの脳神経細胞再生治療を決断された患者のその療法とは、患者本人の骨の中にある骨髄の幹細胞と呼ばれる細胞を体内から取り出し培養、患者の血管に注入して、傷ついた脳の神経が再生するというのです!左半身に運動マヒを抱えた患者が番組放映の数週間前に無事に社会復帰されたと!
≪今なら番組予告動画≫が観られます

69a661c8d635be4f7ac0835e9e121802

昨年の2月にも『再生医療!新旧の情報!』とブログ内でもか書き込み、心臓損傷の子供の幹細胞を使っての再生医療の話が今回のNHKスペシャルでも、ドイツでの心筋梗塞患者が骨髄の細胞で治療を行い、傷ついた心筋細胞が復活し、スポーツが出来るまでに回復している模様が紹介されていた!

骨髄幹細胞を体内から取り出し培養、患者の血管に注入する際のその幹細胞の数は1億5千万個だそうです

Photo_4

そして幹細胞が完熟した時点で注入しないといけないとか以前の番組で聴いた記憶が?ブログでも「「糖質栄養素」を1週間摂ることで、幹細胞体内で幹細胞の生成が促進されるという発見は糖鎖栄養素を摂リ始めて1週間以内に始まると言及しました!このことが今までに糖質栄養を摂り入れる事で起きた、医学的には説明できなかった変化を説明できることになるやもしれないと・・・

Photo

この糖質栄養素を10数年前に特許を世界中の国に申請(現在31ヶ国で承認済み)して製品化したテキサスのコッペルにあるナスダックに上場の会社は,1994年に起業して以来、糖質栄養素=アンブロのリーダーカンパニーです!世に、真偽は兎も角、多くの食事療法での回復が見られる事象があることを考えると・・・・・!

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ


| | Comments (0) | TrackBack (2)

再生医療!新旧の情報!

Photo_2

【糖鎖は細胞の「言葉」】
 もっと分かりやすく言いますと、糖鎖とはいわば「言葉」のようなもので、人体の細胞同士がお互いにさまざまな形(構造)の糖鎖を使ってお話しているんですよ。その「糖鎖」を適正に構築、働かせるためにも「糖質栄養素」「糖鎖構築栄養素」「糖鎖構造栄養素」呼び方はどうあれ現在、生体には必要なのです!なぜなら下記新聞から情報を・・・

【画像をクリックで拡大します】

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

        ■■■糖鎖の働きをメディアが!■■■

S004


読売新聞【ガン・アトピー・じん不全・・発病に関与=治療法に期待】

Photo_2資料・製品・購入のウェッブサイト!】 ↑クリック!


日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


nature_cover6


再生医療のTV放映が、明日2月12日【日】18:30よりTBS系北海道放送にてあるそうです!3年前にお気に入りに入れておいた、損傷した心臓を幹細胞の移植によって劇的に回復という記事を探してきましたので情報公開します!AP通信が協力のコメントですから「ガセネタ記事」では有りません!といっても韓国の黄教授の例もありますが?また身近な札幌医科大学の再生医療は以前NHKで最前線ということで紹介もされていますし!(NHK教育「サイエンスZERO」で放映)
このブログの冒頭にある糖質栄養素この分野にても再生医療に関わることが・・・・・・?有るのですよ!

img_01_02_02


【損傷した心臓、幹細胞移植で劇的に回復】(上)
16歳の少年、ディミトリー・ボンビルくんは、自宅で日曜大工作業中に誤って電動釘打ち機(ネールガン)で心臓に傷を負ってしまった。外科手術を受けたが、深刻な心臓発作を起こすなど症状が思わしくなく、医師たちは両親に心臓移植が必要だと伝えた。だが、ひとつだけ別の治療法の選択肢も紹介した。それは、人間では前例のない幹細胞治療法によって損傷した心臓の組織の再生を試みる提案だった。両親は同意し、その技法が試みられた。その結果は、従来の幹細胞治療をめぐる議論を根底から覆しかねないものとなった・・・・続きを読む↓
(上)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030314304.html(下)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030317308.htmlこちらのお話は2003年で旧情報!この再生医療は自分自身の骨髄細胞を取り出してご自身の体に戻すという再生ですから「クロン細胞」の再生とはまったく違いますよね!明日の放送も放映前ですからどのような内容かはわかりませんが、新旧の情報ということでは、2006年で新情報!です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)