≪EHT≫・・脳内の働きを高める

≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪脳の栄養素≫≪プリンストン大学とハワード大学≫≪視覚認識を高め≫≪動態記憶を高め≫

Photo【2015年最新のお知らせです!昨年にアメリカのプリンストン大学で20年間研究の末、脳の栄養素といえるものが発表に・・・】

コチラをクリック!クリック!⇒ 【脳の働きを高めるEHT】

Images_37


この植物由来の栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この脳ない活性栄養が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分かってきました

Photo■詳しくは右のカテゴリーに記事満載ゆえそちらから・・・

738e583947054f9ca59373c3b731536a

また「糖質」と聞くと、すぐに甘い糖のことをイメージする方が多いですが、それとは違うガンや糖尿病患者が減少しはじめいている米国では、ある糖鎖の栄養が、150万人以上の健康回復、維持向上の役に立っています【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学もその一つです

                  
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Default


プレスリリース”から下記のニュースが!英文の記事で訳文概要は、植物由来のアンブロトース(糖質栄養素)をテーブルスプーン=カレースプーンで一杯分摂ることで、「視覚識別」と「動態記憶?」が大幅に高まったという

Doctors


ハワード大学での研究調査で判明したというプレス・ニュース≪翻訳なのと学識・学術経験者による発表なので使用製品・提供会社名は訳文のまま書き込み≫


Logo34ハワード大学の科学者が、2009年4月16日にジャーナルPerceptualとMotor Skillsに糖鎖の栄養(Ambrotose)に関する研究調査を発表しました!アチヤ・N・スタンシル(Atiya N. Stancil)博士とレスリーH.ヒック(Leslie H. Hicks)


【お二人ともワシントンD.C.のハワード大学】は、62人の健全で健康なヤングアダルト(若者)の脳機能への(Ambrotose)の影響を調査した無作為二重盲検プラセボ対照試験を発表しました。

Ca0hefgp


その研究発表とは、アンブロトースという糖質栄養素の摂取が視覚の認識差別と動作記憶を大幅に向上させました。)

Data1

補足訳■:

①【visual =視覚的 discrimination =識別・認識・・・by英辞郎】


②【working=作用・機能・メカニズム memory=記憶力・記銘力・・・by英辞郎】

この研究で使用されている製品はクラフトFoods社(1)によって資金を供給され Mannatech社から寄付されました

Cover_nature3

前述の二重盲検プラセボ対照臨床試験ではAmbrotose複合体の摂取が注意力またはその機敏さ(2)に関連した脳波を強化することができることを証明して、集中を強化して、精神的な反応時間(3)を改善して、記憶(4)を改善します。


Books1

≪補足②の・・・「working memory」(ワ-キングメモリー )という訳はないのですが?書籍がありました「Working Memory and Learning」!このクリックなか見!検索・・[What is working memory] とありましたので、覗き見したところ working memory(ワーキングメモリー)という言葉は心理学者によってよく使われる語のこと!

Img_nou

「ワーキングメモリー」その能力は心理的な短期記憶、思考や判断などの際に必要な情報を一時的に保持・処理する記憶機能!我々の日常生活のすごす時間に於いて重要な情報などをメモ書きしたりすることを心理格納する(心に書き留める?といったこと?)


Cover_nature


■【覗き見した原文は末尾】!に、なお「ワーキングメモリー」は長い歴史をもつ概念だそうで、最近の脳科学の進歩によって、≪知能≫や≪老化≫、≪ADHD≫との関係などが明らかになってきたそうです・・・・・・

Photo_3

「ワーキングメモリー」を使う活動の1つの例としては、”暗算”ですね、あなたが計算機、若しくはペンと紙を使うことができない状況で数字の43と67を足し算しようと試みていることを想像してみtください!先ずすることは、最初に2つの数字を「ワ-キングメモリー」保管格納する必要があります・・・・・・いか「クリックなか見!検索!」では続きを読めます


Brainfunction

(1.)Stancil AN, Hicks LH. Glyconutrients and perception, cognition, and memory. Perceptual Mot Skills 2009;10:259-70.
(2.)Wang C, Szabo JS, Dykman RA. Effects of a carbohydrate supplement upon resting brain activity. Integr Physiol Behav Sci 2004;39:126-38.
(3.)Wang C, Pivik RT, Dykman RA. Effects of a glyconutritional supplement on brain potentials associated with language processing. Federation Proceedings: Experimental Biology Meeting, New Orleans, Louisiana, April 20-24. 2002;1-4 (abstr).
(4.)Best T, Kemps E, Bryan J. The impact of saccharide supplementation on cognition and mood in middle-aged adults. Presented at the 36th Annual International Neuropsychological Society Meeting, February 6-9, 2008, Waikoloa, Hawaii 2008.


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Brainfunction_2

Workingmemory

Continue reading "≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪脳の栄養素≫≪プリンストン大学とハワード大学≫≪視覚認識を高め≫≪動態記憶を高め≫"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪タウ(TAU)たんぱく質≫≪EHTの働き≫≪フォスファチジルセリンとの違い≫

Photo


諸外国、特にアメリカでの脳の活性サプリメントが話題になっていて、そのサプリも多く発売されているのが現状のようです・・・糖鎖のサプリをいち早く世に出した会社でも昨年末に

脳内活性をして、物覚え・物忘れの脳の再活性をしませんか?とコグニテイトという新製品を出したようです。そこで

一体全体、急な発売ゆえ、気になる主成分はと、調べてみると?フォスファチジルセリンと言って物忘れ記憶力低下など老化と共に、脳 を維持しているフォスファチジルセリンの減少によって起因するものと言及している

Images_34_2

脳のサプリメントをググってみるとかなりヒットする、そしてほとんどが、そのフォスファチジルルセリンが主成分で、なにから取るのかというと、大豆かららしい

栄養補助という観点から足りないものを補給することで 健全な身体を取り戻す。検索した中には、そのサイトの記載された内容には、驚くばかりである、


Images_48

というのもあのホーキング博士が推奨?だけでなく2000ドルで云々?あのタイガーウッズが? デンゼル・ワシントンが?


ネットワークビジネス関連のネットでの書き込みでも、かなりの誇大広告?どこから、どこまでが本当なのか!もっと知りたいという方は検索してみてください

Photo_2ここにきて、多くの医療関連の会社や健康に関わっている会社が、こぞって脳の活性化を計る薬であれ、サプリメントであれ、

      Images_49      Images_51

タンパク質TAUがなければ、私たちの脳は、充分にその機能を果たすことができません!脳タンパク質TAUが何をするのか?…ΕΗΤによって 直接強化され影響される脳タンパク質TAUを検索してください

脳タンパク質TAU=タウプロティンとは脳組織を結合する物資であり、加齢とともに脳組織の微小管が不安定になり、ぼろぼろになったり、剥げ落ちたりする事が始まります。タウプロティンが他の細胞に広がり大脳皮質に影響を与えることになります

Eht

「EHT」はPP2Aを与えることによってタウプロティンを正常に保つ役割をします!アルツハイマー病は脳にたまるタンパク質のゴミが原因で、そのゴミの一つがタウプロティンである


Images_33


現在タウの蓄積を抑える薬の開発が進められています。ネリウムの「EHT」はPP2Aをサプリメントとして与えることによって、タウプロティンを正常に保つことを目的にしています

脳のゴミの発生を抑えるといっても、過言ではないでしょう

また「EHT」が脳の認識能力の改善だけでなく筋肉疲労の減少や回復にも 有効であることが述べられていることから、アスリートたちにも好評です



≪EHT≫・・・アスリートのサプリ


Images_2

9233_n

Photo


お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪タウ(TAU)たんぱく質≫≪EHTの働き≫≪フォスファチジルセリンとの違い≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪EHT≫≪まるごと早分かり≫≪あなたはEHTマイスター≫

10460209_10206113290004484_91805666


【「EHT」レビュー】

ネリウム・インターナショナル社は最近、「EHT」と呼ばれる特許取得済みの分子にグローバルな権利を取得しました。その分子というのは、脳のためのアンチエイジングサプリメントとしての働きを持つことを約束しています

向知性薬(脳の認知能の向上薬=スマートドラッグ)や脳のサプリメントの世界は、ご存知のように無限の可能性を秘めています

Addiumreview


ここに研究対象の唯一の認知強化製品「アディウム(Addium)」【右の写真】があるそうです。臨床的に研究され、アルツハイマー病、記憶および学習の強化、及び加齢性記憶障害を有する患者を助けるに有効であることが証明されているとのウェッブ書き込みがありましたが

これらのものを、購入する前に、両方の見直しと比較をしてみるのが賢明なことことでは・・・


Photo■向知性薬■  人 口 の高齢化 に伴 い老年期痴呆 患者が増加 し、痴呆患者 に対す る優 れた薬剤の 開発が急務 とな ってきている。 こ の ような状況 の も とに、新 しい タイブの脳機能改善薬 と して向知性薬(noo廿opics)が 注 目されてい る。向知性薬 とは、心臓 ・血管系や他 の臓器 には作 用せず、安 全性が高 く、 学習 ・記憶 な どを司
る脳 の部位(終 脳)に 選択的 に作 用 し、 その欠損 を回復 させ る特殊 な効果 を もつ薬 物であ る、 と定義 さ
れている

11141252_703489163096711_4345473353

【「EHT」は何ですか?】

「EHT」は、かつてないアンチエイジングの脳のサプリメントです。「EHT分子」は、世界でもトップクラスの神経科学プログラムの一つとして、プリンストン大学研究所で、20年間の研究の結果、”ジェフリー・スコット博士によって作成された特許で保護されている分子です。

ネリウム・インターナショナル社は最近「EHT」広告へのグローバルアクセス権を世界中でおこなうことに認められました

「EHT」はどこで?だれが?何のため?

「EHT」はシグナム・バイオサイエンス社と呼ばれる会社によって製造されています。同社はプリンストン、ニュージャージー州に拠点を置いています。製品自体は、ネリウム・インターナショナルLLC(アディソン、テキサス州)のマーケティング部門を通じて販売されています

EHTサプリメントを販売する前に、ネリウム社は、主にアンチエイジングスキンクリーム(ネリウムAD&オプティメラ=Optimera )販売に焦点を当てていました。同社は、「EHT」のリリース後、この製品にも焦点を当てて販売していきます。

ネリウム社は「リレーション・マーケティング会社です。「衝撃のデビューでした!2011年8月に発売し、年間で「記録破りの販売」、「業界の栄誉」、そして「消費者の数百万人のファンを "獲得しているのです

Dr20jeffry20stockthumbnail2

「EHT分子」自体は、プリンストン大学の研究者ジェフリースコット博士によって発見された。公式Princeton.eduのウェブサイトによると、スコット博士は、分子生物学の教授であり「シグナル伝達とグローバル細胞制御」における第一人者である

【これが貴方の脳です】  【こちらはEHTで機能が高められた脳です】
11173416_10205639080349539_39171403


【「EHT」はどのように機能するのでしょうか?】

「EHT」は、1つの利便性に優れた最高の分子に、最も実績のある脳強化成分を組み合わせることによって動作することを約束しています。

11148856_10206604696129330_59322712

「EHT分子」は、主に「EHTエキス」で構成されています。公式【NeriumEHT.com】のウェブサイトによると、その抽出物は、「コーヒーから分離された生物活性分子の天然混合物」とあります

「EHT分子」はまた、他の実績のある脳強化成分で強化されています。

≪ここでは「EHT」製品で見つけるすべての成分は、以下のとおりです≫


Neriumehtingredients_2


-ビタミンB6、B12、D3、および葉酸
-クエン酸マグネシウム
-セレン
-フペルジンA
-リポ酸
-リン酸二カルシウム
- EHT
- シリカ、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸、クロスカルメロースナトリウム、微結晶セルロース、およびAカプセルコーティングメイド二酸化チタンから、ポリビニルアルコール、マクロゴール、バニリン、及びタルク。


1559307_10205986563636404_293555086


誰かが「EHT」について語るとき、彼らは上に挙げた成分のすべてを含む全体的なサプリメントの話をすることができます。それとも、EHT抽出自体の話をすることができます。そのEHT抽出物は、コーヒーから誘導されます。


いずれの場合も、「EHT」は、誰もが自然に使用できることを約束された向知性サプリメントですから、老化の認知影響を低減します

Photo_2【この画像の日本語解説】←クリック!

12006571_10206744746470501_84518316


あなたはまた、アルツハイマーのような変性疾患を発症する可能性を減らすためにそれを使用することができます。ここでは、製造業者が「EHT」の利点について述べているものです。

「老化のプロセスは、脳機能の通行料を取ることができます。時間が経つにつれて、重要な神経接続は、記憶喪失、遅い反応時間と減少覚醒を引き起こす可能性があり、それらを弱めます。

「EHT」エイジディファイングのサプリメントは、画期的な式で精神的衰退を防ぐことができます。更新:ネリウムは、パーセンテージとの完全な成分リストを発表しました。

【「EHT」を購入する方法】

「EHT」は2015年4月では、市場では使用できませんでした、しかし、発売前の段階に入った、2015年5月15日および2015年6月15日の間で利用できるようになり、現在に至っています・・・日本はオープン前なので、個人輸入の方法が!

Continue reading "≪情報や本舗≫≪EHT≫≪まるごと早分かり≫≪あなたはEHTマイスター≫"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・アルツハイマー病・認知症 | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・・最新情報 | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪EHT≫・・・ウェッブでの登録 | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium=ネリウム・・オンライン・ガイド | ≪Nerium=ハリウッド女優・スーパーモデル・トップゴルファー | ≪Nerium≫・・・ネリウム ニュース | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪シグナム≫・・・SIG-1012 | ≪シグナム≫・・・SIG-1273 | ≪ネリウム≫・・・お肌分析機器の結果 | ≪ネリウム≫・・・ネットによる登録方法 | ≪ネリウム≫・・・ブランドセンター | ≪EHT≫・・・≪MMSEテスト&体験談≫ | ≪EHT≫・・・体験談 | ≪EHT≫・・・摂取方法 | ≪EHT≫・・・画像で観る「EHT」 | ≪EHT≫・・・Q&A | ≪Nerium=ネリウム≫・・・登録 | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ベン・カーソン】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】