≪EHT≫・・・アルツハイマー病・認知症

≪情報や本舗≫≪プリンストン大学ジェフリー・ストック教授≫≪研究開発基金27万ドル⇒シグナム・バイオサイエンス社≫≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫≪ネリウム社≫

15

くすりは科学の背景を持つのは当たり前のお話ですが、科学も進化を重ねてくると自然界にあるもの⇒植物・鉱物・昆虫等々からの抽出物に科学が証明され始めてきました

ここでの書き込みに再三出て来る「EHT」(脳内活性サプリ)にも植物の実から抽出してバイオ技術で分析発見した成分をとり入れています・・・研究開発したのはプリンストン大学のジェフリー・ストック教授!製品化して世に出したのがネリウム・インターナショナル社

Dr20jeffry20stockthumbnail2


情報にも背景が必須と検索が趣味?ゆえ、ジェフリー・ストック教授はプリンストン大学で"生物分子学”&”生化学”の教授で、アルツハイマーとパーキンソン病の研究を20年以上も続けてきていて、この分野では著名な博士で知られ

ご存知「バック・トゥ・ザ・フューチャー」主演の”マイケル・J・フォックス”がパーキンソン病に罹病して以来、世のため、人のため、また自分のためとこの不治と言われえる病気のために財団を立ち上げ研究開発グループに基金の提供をしています

Images_53


その基金!一億円近くをジェフリー博士のグループに提供された件はすでに書き込み済みで、もう一つアルツハイマー病の研究開発にアルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)が提供されている情報が聞こえてきて、検索の血筋がいてもたまらず・・・見つけましたよ


アルツハイマー(AD)治療薬としてPP2A -(調節化合物)を評価するためアルツハイマー病創薬研究財団ADDFはジェフリー・ストック博士の在籍するプリンストン大学がパートナーと認めるシグナム・バイオサイエンス社【右のカテゴリーからご覧ください】に27万ドル(現レートで2900万円)の提供をうけていました  (2010年4月1日)

≪EHTに関わることを下記から抜粋します≫・・・
Photo

※ シグナムは、慢性的な神経変性疾患および炎症性疾患に対する脂質のシグナル伝達の変調器(STMS)を開発しています。


※私たちの医薬品リードの前進とコーヒーの微量成分である関連の小分子を加速する。様々な研究では、コーヒーの消費量は、アルツハイマー病の減少の発生率と相関していることが示されている、このコーヒーの成分が神経保護の医療を提供するかもしれないので、病気に対する短期的な一時しのぎとして機能する食品。"


17
____________________________________________ 

ここまでも、ここからも創薬の話でこの先は記事全文を書き込みますが

【記事の書き出し】アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)は、小分子、疾患修飾などの経口送達プロテインホスファターゼ2A(PP2A) -調節化合物を評価するためにシグナムバイオサイエンス社(プリンストン、ニュージャージー州)に$ 27万の助成金を提供していることを発表しました・・・アルツハイマー病の治療薬の研究に

Images_24

シグナムは、慢性的な神経変性疾患および炎症性疾患に対する脂質のシグナル伝達の変調器(STMS)を開発しています。シグナムのSTM技術、アルツハイマー病に有望な新しいアプローチは、教授ジェフリー株式のプリンストン大学研究、シグナル伝達の研究でシグナム共同設立者であり、リーダーからライセンス供与されています。 STMSはPP2A、侵害された場合、マスター調節タンパク質を活性化、神経細胞死と認知機能低下につながるシグナル伝達の不均衡を生成することができます。

ADDFの受賞は、パイロットスタディに基づい拡大し、STMの投与量とバイオマーカーのエンドポイントを確立するために齧歯類アルツハイマー病モデルでの作業に資金を供給する。研究では、クリニックにシグナムの新規戦略を進めるために必要な、重要なステップを提供します。

Images_8


"シグナムは、病気の修正に向けて有望な新しいパスを模索している、" ハワードFillit、MD、ADDFのエグゼクティブディレクターは言った。 "また、彼らはよく治療のための成長満たされていない医療ニーズに合う革新的なビジネスモデルを持っている。シグナムの研究が成果を生じたときは、アルツハイマー病のコミュニティに近いと長期的なメリットはかなりのものだろう。


Images_4"

グレゴリー・ストック博士、シグナムのCEOは、言った:"我々はADDFの競争の激しい、ピアレビューされた助成金のいずれかの選択されたことを光栄に思っている私たちは事前に臨床的に評価しているSTMSのクラスは、トランスジェニックアルツハイマー病マウスモデルでの肯定的なパイロットの結果が得られている。この助成金は、両方とも私たちの医薬品リードの前進とコーヒーの微量成分である関連の小分子を加速する。様々な研究では、コーヒーの消費量は、アルツハイマー病の減少の発生率と相関していることが示されている、このコーヒーの成分が神経保護の医療を提供するかもしれないので、病気に対する短期的な一時しのぎとして機能する食品。"

【SOURCE=出処】アルツハイマー病創薬研究財団

Photo_2

Continue reading "≪情報や本舗≫≪プリンストン大学ジェフリー・ストック教授≫≪研究開発基金27万ドル⇒シグナム・バイオサイエンス社≫≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫≪ネリウム社≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪生活習慣病・がん、次の課題は認知症!≫≪アルツハイマー病≫≪脳内活性のEHT!≫

Caaqxgjv

生活習慣病、がん 次の課題は認知症と言われているいま、厚生労働省は認知症者の数を発表しました10年後の2025年には全国の認知症人口が700万人を超えるであろう(2015年)

,これは65歳以上の5人に1人が認知症となる計算だそうで、日本の人口は現在、およそ1億2,000万人!その25%が65歳以上・・・また80歳以上は1,000万人を超え、100歳以上の高齢者も6万人以上となるのは必定とのこと

Gn2012010304

元気でさえいてくれれば介護も楽できるし、一緒に楽しく笑える人生を全うできるはずですから!その対策として関わる業界も腰をあげつつ、ようやく進み始めたようです


今ある処方薬は、神経伝達物質の進行を抑制することで情報伝達をスムーズにするタイプと、開発途上ですが、記憶の情報伝達を整えて神経細胞を守り認知機能回復タするという2つのタイプで、どちらも早期から服用すれば進行をより緩やかにすることが出来ると言われています

【どちらも列記とした脳のための処方薬です】

    Images_1     Images_4

       ≪ADDFRALL≫   ≪MODAFINIL≫


どちらも画期的な処方薬とは言い切れないのが現状だそうで、アメリカではリン脂質の成分のホスファチジルセリンが老化による現象から認知症・アルツハイマー等の病気の要因の一つと・・・大豆などから抽出して補足と証してサプリメントで相当数が出回っている

頭脳は人間のすべての身体を管掌して頭脳が元気ならば免疫力が上がって各種疾病によくかからないで済むといわれ始めています

11173416_10205639080349539_39171403


また頭脳と肌は等しいから脳が元気になれば肌も元気になります。したがって真正なアンチエイジングのためには脳健康を取りそらえるのが必須です。


早期に見つければ寛解(かんかい)が可能な癌より寛解が難しい痴ほうをむしろもっと恐ろしがる時代が渡来しました。現在は50歳以上中将年世代なら誰も痴ほうに関して恐ろしがる時代のことです。


《87兆という数字は↑》


2015年には一年間で、全世界ですよ、87兆円という、物物しいお金が痴ほうの看護費で出費されたとの話も聞こえてきました。痴ほう予防産業と治療産業の規模がこれからいくら大きくなるか想像がつきますか?

Eht

そんな時代がやってきてしまいましたが、この事態に、救いとなるかもしれない、精神(頭脳、認知症予防)ネリウム「EHT」で解決!という朗報が届きました


Eht_2


「EHT」は脳のタウたんぱく質という特定タンパク質が崩壊される時防御と再生を同時に遂行するという

Photo_3
既存発売開始されていたすべての脳関連予防医学でも一番進歩された技術(バイオテクノロジー)で現存する最高の物質であると

論文に立証された「EHT」の効能!効果!とは

Photo_6

◆ 認知機能と全般的な脳の健康改善

◆ 脳本然の機能を丈夫にさせて強化

◆ 神経ネットワーク保護及び維持

◆ 記憶力と連想機能向上

◆ 学習及び情報維持機能支援

◆ 身体免疫体系強化などの効果で毎日の生活を最高  
   の水準で遂行するように補助してくれます。


9233_n

Photo


お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪生活習慣病・がん、次の課題は認知症!≫≪アルツハイマー病≫≪脳内活性のEHT!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ノーベル賞の利根川進 博士≫≪タウたんぱく質がアルツハイマー病初期の・・・≫

Oalzheimermemoryfacebook


お昼のニュースで,理化学研究所のセンター長でノーベル賞受賞の利根川進博士が、「EHT」に 追い風のようなラットでの実験によるアルツハイマーの解明に進展する発表をしました

≪理化学研究所の広報ニュース・・・3月17日≫

2002年にシグナム・バイオサイエンス社が研究して開発し製品化した「EHT」の説明でよく出て くる「タウたんぱく質」のある原因がアルツハイマーに関わるという発表をしていたのですが・・・ブログに書き込み済み

Can5icgi

_______________________________________

利根川博士は次のようにコメントしました     ≪難しい話はこちら!≫

「アルツハイマー病初期の患者の記憶は失われているのではなく、思い出すことができないだけかもし れません」と
_______________________________________

Images_12

「EHT」の働きに最初に出てくる能書きが⇒「Improves Memory Recall 』とある訳すと 記憶力の改善・Recall=回想力(思い出す)このRecalに最適な言葉をニュースでは使って いた

それは「想起力」・・・・ 記憶の形成、保存、想起⇒役割 形成された記憶を正しく思い出せ るようになる”ちから”


Dr20jeffry20stockthumbnail2

※   昨日のフェイスブックに私たちが取り組もうとしているネリウムインターナショナル社とパートナー契約を結んでいるシグナムバイオサイエンス社が理化学研究所でのアルツハイマー解明に進展する発表≪昨日送信済み≫しました

Logo


そのニュースをシグナム社が次のようなフェイスブックコメントをして「ワシントンポスト」紙のオンラインニュースを紹介しています・・・他にもネイチャー・COMなど

【そのコメント】・・・以下
____________________________________________________________________________________________________________________________________________

Memory loss that disrupts daily life may be a symptom of Alzheimer's or another dementia.
New research shows that these memories might be recoverable.

(日常生活を破壊する記憶喪失は、アルツハイマー病または他の認知症の症状かもしれません。
新しい研究は、これらのメモリが回収可能性があることを示しています)

00top2_m
.

【ワシントンポスト】
MIT  scientists find evidence that Alzheimer's 'lost memories' may one day be recoverable
(MITの科学者は、アルツハイマー「失われた思い出は「1日に回収可能であることを示す証拠を見つけます)
とのタイトルで始まっています・・・

日本では理化学研究所センター長「利根川進」氏なんですが,アメリカではMIT-マサチーセッツ工科大学ノーベル賞受賞の「利根川進」となるから”ふしぎ発見”?かな・・・お手柄の帰属


Images_7


記事の中には昨日の話同様の(内容が・・・以下にマサチューセッツ工科大学のノーベル賞を受賞した利根川進によって水曜日発表され、新しい論文は、この可能性の最初の強力な証拠を提供し、メモリ上に病気の被害の一部を逆転できる未来の治療の希望を発生させます。

Oalzheimermemoryfacebook_2


「重要な点は、これは概念の証拠である、「利根川は言った。「つまり、メモリがなくなっているように見える場合でも、それはまだそこにあります。それは、それを取得する方法の問題です。」


Photo
■今回の書き込みは「EHT」との関連性は一切ありませんが、脳に関わることでは無関係とは言えません


9233_n

Photo


お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪ノーベル賞の利根川進 博士≫≪タウたんぱく質がアルツハイマー病初期の・・・≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・アルツハイマー病・認知症 | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・・最新情報 | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium≫・・・ネリウム ニュース | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪シグナム≫・・・SIG-1012 | ≪シグナム≫・・・SIG-1273 | ≪ネリウム≫・・・ネットによる登録方法 | ≪ネリウム≫・・・ブランドセンター | ≪EHT≫・・・≪MMSEテスト&体験談≫ | ≪EHT≫・・・体験談 | ≪EHT≫・・・摂取方法 | ≪EHT≫・・・Q&A | ≪Nerium=ネリウム≫・・・登録 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】⇒【オチガビ】 | 【中村天風】 | 【北野たけし・ビートたけし】